ファビアン・ガルティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファビアン・ガルティエ
Fabien Galthié 99.jpg
個人情報
誕生日 1969年3月20日(45歳)
出身地 カオールフランス
身長 1,80 m
体重 84kg
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション スクラムハーフ
ユースクラブ
USコロミエ
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
1995
1995-2001
2001-2003
ウェスタン・プロヴァンス
USコロミエ
スタッド・フランセ・パリ
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
1991-2003 フランス 64 (33)
コーチ歴
クラブ / チーム
2004-2008
2010-
スタッド・フランセ・パリ
モンペリエ・エローRC

ファビアン・ガルティエ(Fabien Galthié、1969年3月20日-)はフランスカオール出身の元ラグビー選手。ポジションはスクラムハーフ。1m80cm、80kg。初セレクションの日から2003年のまでフランス代表のキャプテン。現在、フランス一部リーグ、Top14のスタッド・フランセ・パリ[1]の監督。

経歴[編集]

南西部の町、コロミエでトレーニングを受け、USコロミエでのタイトルは1999年のハイネケンカップ準優勝と2000年のTop14準優勝のみ。USコロミエとスタッド・フランセ・パリが戦った後者では、膝の負傷のため観客席から涙ながらに観戦。

2001年、スタッド・フランセ・パリに移籍。2003年、ガルティエにとってクラブにおける最後の試合でフランスのチャンピオンに輝く。

ラグビーフランス代表におけるキャリアは、1991 ラグビー・ワールドカップには出場したが1995 ラグビー・ワールドカップでは代表を外れた。しかし、Guy Accoceberry の負傷により招集され、準決勝で南アフリカに敗れた。

1999年に再びワールドカップ開催中に招集され、準々決勝に出場。準決勝でオールブラックスをやぶって決勝に進出。オーストラリアに敗北。

1999年に代表監督がベルナール・ラポルトに変わり、2002年、ガルティエはキャプテンとしてシックス・ネイションズでグランドスラム(全勝優勝)を達成。IRBが選ぶ、この年の最優秀選手となる。

イングランドに敗れた2003 ラグビー・ワールドカップ準決勝を最後に現役を引退。

フランスのラグビー専門紙ミディ・オランピックのオスカー(国内リーグ最優秀選手)に2001年、2003年と二回選ばれた。

引退後、短期間 Havas Sports で働いたのち、2004年にスタッド・フランセ・パリの監督に就任。同年、Top14準優勝とハイネケンカップ準優勝を飾る。

キャリア[編集]

現役時代[編集]

監督[編集]


タイトル[編集]

現役時代[編集]

クラブ[編集]

フランス代表[編集]

  • 1991年から2003年まで、64セレクション(うち24セレクションがキャプテン)。
  • ワールドカップに4回出場。フランスで最多記録。世界中でもこの記録を持つのは他に6人しかいない。(2007 ラグビー・ワールドカップ開催前の時点で。)
    • 1991年、準々決勝。
    • 1995年、3位。
    • 1999年、準優勝。
    • 2003年、4位。
  • ハイネケンカップグランドスラム、1997、1998、2002年。
  • 1997年、ラテンカップ優勝。
  • ニュージーランド遠征(1999、2001、2003年)、南アフリカ遠征(2001年)、アルゼンチン遠征(2003年)に参加。

監督[編集]

クラブ[編集]