マア・ノヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マア・ノヌーMa'a Allan Nonu 1982年5月21日 - )は、ニュージーランド出身のラグビー選手。ポジションはセンターウィング

人物[編集]

1982年5月21日、ウェリントンで生まれる。
身長182cm、体重110kg。


キャリア[編集]

ロンゴタイ・カレッジ卒業、カレッジ在学時の1999年2000年にセカンダリースクール(日本の教育システムでいう中高一貫)代表に選出される。2001年、ウェリントン州代表の19歳以下チームに選出される。

2002年ニュージーランド州代表選手権(現ITM CUP)ウェリントン州代表に入り、ホークス・ベイ戦でデビュー。2003年、スーパー12(現スーパーラグビー)のハリケーンズに入り、クルセイダーズ戦でデビュー。同年、オールブラックスに初選出、6月14日、イングランド戦で代表デビュー。
同年10~11月に開催されたラグビーワールドカップオーストラリア大会のニュージーランド代表に選出、予選プール3試合に出場する。

2004年、セブンス代表に選出される。2005年、ウェリントン州代表のキャプテン就任、この年のノヌーは目覚しい活躍ぶりで、スーパー12では7トライ、ブランビーズ戦ではハットトリックを達成、州代表選手権でも7トライ、ノースランド戦でハットトリック。オールブラックスのコーチであるグラハム・ヘンリーは「ヤング・タナ」と賞賛した。

2006年、ノヌーはラグビーリーグ転向を示唆。2007年ラグビーワールドカップフランス大会にノヌーは代表に招集されなかったが、ジュニアオールブラックスに選出、リーグ転向は回避された。2008年、今度はイングランドのロンドン・ワスプスへの移籍話が浮上。これは同クラブ所属で元ハリケーンズのリキ・フルティとの親交が続いていたために出た噂だったが、同年、オールブラックスに復帰し、イングランド移籍の噂は立ち消えとなった。

2011年ブルースと2年契約、来シーズンにハリケーンズを去ることが発表された。同年、リコーブラックラムズへの入団が発表された。

2012年、リコーブラックラムズを退団し、スーパー15(スーパーラグビー)への復帰が発表された。

リンク[編集]