トニー・ウッドコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トニー・ウッドコックTony Dale Woodcock 1981年1月27日 - )は、ニュージーランド出身のラグビー選手。ポジションはプロップ

人物[編集]

1981年1月27日、ヘレンズビルで生まれる。
身長184cm、体重118kg。

キャリア[編集]

カイパラ・カレッジ卒業、在学時の1997年にラグビー16歳以下ニュージーランド代表に選出、1999年に19歳以下代表に選出される。2000年、2年連続で19歳以下に、さらに21歳以下の代表に選出(~2002年まで3年連続で選出される)、同年、ニュージーランド州代表選手権(現ITM CUP)のノースハーバー州代表に入り、ワイカト戦でデビュー。

2002年、スーパー12(現スーパーラグビー)のブルースに入り、ハリケーンズ戦でデビュー。同年、オールブラックスに初選出、11月23日のウェールズ戦で代表デビュー(21歳300日)。

ノースハーバー州代表では2001年から2003年まで全試合出場(2002、2003シーズンは全試合80分フル出場)、2004年は代表招集のため2試合のみ欠場する。2006年にはカンタベリーとのランファリーシールドマッチのため代表から特別許可をもらい、州代表の試合に出場、21-17でノースハーバー勝利に貢献、初のシールドホルダーとなる。

2005年、オールブラックスは年間12テストマッチを行い、ウッドコックは11試合に出場。

ドミニオン・ポスト紙(The Dominion Post)は、"the world's premier loosehead"(世界有数のルーズヘッド)と、さらにニュージーランド・ヘラルド紙(The New Zealand Herald)は、"best range of skills of any prop on the planet"(地球一のプロップ技術)と賞賛している。

リンク[編集]