ラッシュ (バス用品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッシュ
Lush
種類 非公開有限責任会社
市場情報 非上場
本社所在地 イギリスの旗 ドーセット州 プール
設立 1994年
事業内容 入浴用化粧品製造・販売
代表者 マーク・コンスタンティン
モー・コンスタンティン
外部リンク Lush (英語)
テンプレートを表示

ラッシュ (Lush) は、イギリスドーセットに本社を置く化粧品、バス用品メーカーの多国籍企業である。自然素材を多用した色彩豊かな製品を取り扱い、2010年現在43ヶ国に650の店舗を持つ。

歴史および企業形態[編集]

ローザンヌ・パリュー広場前に店を構えるラッシュ

マーク・コンスタンティンと エリザベス・ワイアーは1976年にConstantine and Weir Companyという美容関係の会社を設立した[1]。この会社はザ・ボディショップなどの会社と契約し、美容・バス商品を開発・納入していた。彼らは開発した製品の権利をザ・ボディショップに売却し、1988年に通販専門の別会社Cosmetics to Goを立ち上げる。しかしこの事業はうまくいかず1994年に破綻宣告を受けている。しかしここでBritish Ensign Estatesが投資を行うとともに、財務担当者としてアンドリュー・ゲーリーを経営陣に送り込み、この会社の再起を図った。この際にかつての通販顧客から新たなブランド名を公募し、Lushというブランド名が誕生した[1]。ラッシュは1994年ドーセット州プールに本社・工場を設立し、1995年同市内に1号店を出店した。企業形態としては少人数による持分会社の形式をとり、パートナー企業及びフランチャイズを用いて各国に展開している。

製品[編集]

ラッシュは食品や植物を主体とする天然成分を特徴とするバス用品、洗顔料、ケアクリームなどを製造・販売している。石鹸・入浴剤など各製品は、菓子や食品のような形状と鮮かな色彩を持ち、また原材料としてバラハチミツキュウリなどの花木・食品を用いることから芳しき香りを店内に溢れさせるなど、視覚・嗅覚に訴求するディスプレイを採用している[2]。固形石鹸はハードチーズのように大きなホール状のまま陳列されており、顧客が求める分量を切り分けて包装・販売される。一部に予め100g分量の包装済みの状態で陳列販売されている店舗もある。

ラッシュジャパン[編集]

ラッシュジャパン
Lush Japan Co., Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 神奈川県愛甲郡愛川町
設立 1998年平成10年)10月1日
業種 小売業
事業内容 入浴用化粧品製造・販売・輸出
代表者 代表取締役 ゲーリー アンドリュー マーティン[3]
資本金 1000万円
売上高 150億円(2010年6月期)[4]
従業員数 1700名
外部リンク ラッシュジャパン
テンプレートを表示

日本において事業展開するラッシュジャパンは、ラッシュとのフランチャイズライセンス契約を結び、1998年10月に設立された[5]1999年東京の自由が丘に第一号店を出店した。神奈川県厚木市に本社を設立。これを移転し、現在は愛甲郡愛川町に本社・工場を置く。

ラッシュの手法に加えて、店内で製品を実演販売する日本発のサービスを定着させ、日経リサーチが小売・サービス業500社を対象に行なったブランド調査「第4回ストア&サービスブランド500」(2007年)ではBMWエルメスらに次ぐ11位の評価を受けるなど、商品とブランドに対する認知度の向上に成功している[6]。ラッシュ同様、環境・社会問題に関する各種活動団体への協力を行なう企業であり、年間1億円の売上金をこれに充てる[7]。店舗数・売上高ともに着実な成長を遂げて、2010年現在日本国内に145店を構える。

動物愛護運動との関係[編集]

動物実験を行った材料を用いないことを明記し、チャリティーポットと呼ばれるボディクリームの売上を各種団体への寄付に充てるなど、 ラッシュは反動物実験運動および動物愛護運動に資金協力している。環境や動物また人権をはじめとする活動団体の援助に力を入れており、シーシェパードへの援助も公表している[8][9]。一方、日本法人である株式会社ラッシュジャパンは、いかなる団体であっても暴力的行為には反対しており、シーシェパードへの資金提供は行っていないと表明している[10]

ラッシュジャパンは2014年5月30日から6月8日まで、フィニング(残酷なフカヒレ漁)反対キャンペーンを行うと発表した[11]。チャリティ商品の売り上げは、『特定非営利活動法人ワールドオーシャンズデイ』の他、「サメ版」シー・シェパードとも言われる『パンジアシード』の日本支部である『パンジアシードジャパン』に寄付されるとしているが、この団体は「あらゆるサメ漁への反対」を掲げていて、サメ水揚げ日本一の気仙沼のサメ漁についても、「フィニングの有無にかかわらず認められない」と毎日新聞の取材に回答している[12]。このため、「気仙沼のサメ漁はフィニングにはあたらず、このキャンペーンでもそれを否定することはしない」とするラッシュジャパン[13]との間に食い違いが生じており、寄付先が適切なのかということに加えて、サメ漁へのマイナスイメージが広がることによる経済的な打撃が懸念される水産関係者などによる反発を招いた。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b David Teather (2007-04-13). Lush couple with a shed load of ideas ガーディアン. 2011年3月31日閲覧
  2. ^ 「ラッシュジャパン、化粧品製造・販売――「天然素材で手作り」徹底(新進気鋭)」 日本経済新聞2005年9月5日朝刊、12ページ
  3. ^ WHAT'S LUSH - ラッシュについて - LUSH ONLINE
  4. ^ 「五感に響くラッシュ流、英入浴用化粧品、日本上陸11年、香り・泡の山が誘客。」 日経流通新聞2010年11月19日、1ページ
  5. ^ 会社概要 ラッシュジャパン. 2011年3月31日閲覧
  6. ^ 「ブランド魅力度調査、特別な感動顧客招く――TDL・TDS首位、4年連続。」 日経流通新聞2008年3月5日、3ページ
  7. ^ 「核廃絶、貴女がメーク 折り鶴募り売上金寄付 化粧品会社のラッシュが企画」 朝日新聞2010年3月6日夕刊、社会面、9ページ
  8. ^ Sea Shepherd and LUSH Seal Defense Campaign a Major Success シーシェパード. 2011年3月31日閲覧
  9. ^ At Lush there are lots of ethical issues that we care about as individuals and take action on collectively, making us a campaigning company. Lush. 2011年4月1日閲覧
  10. ^ シー・シェパードとLUSHに関する報道について”. ラッシュジャパン (2010年3月15日). 2011年4月23日閲覧。
  11. ^ 5月30日(金)~6月8日(日)「残酷なフカヒレ漁反対キャンペーン」を実施”. PR TIMES (2014年5月12日). 2014年5月28日閲覧。
  12. ^ サメ漁:気仙沼の漁師ら「反フカヒレキャンペーン」に憤り 毎日新聞 2014年5月28日
  13. ^ LUSHからのお知らせ LUSH ONLINE 2014年5月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]