ヤン・シュヴァンクマイエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・シュヴァンクマイエル
ヤン・シュヴァンクマイエル
第44回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(2009年)
本名 Jan Švankmajer
生年月日 1934年9月4日(79歳)
出生地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアプラハ
国籍 チェコの旗 チェコ
職業 芸術家、映像作家、映画監督
配偶者 エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー 芸術家(1940年 - 2005年)
家族 ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエル 息子、芸術家
主な作品
『対話の可能性』(短編)、『アリス』(長編)、『ファウスト』(長編)、『悦楽共犯者』(長編)

ヤン・シュヴァンクマイエルJan Švankmajer、男性、 1934年9月4日 - )は、チェコスロバキアプラハ生まれのシュルレアリスト芸術家アニメーション作家映像作家映画監督。初期の表記にはシュワンクマイエルなども。

アニメーション作家・映画監督としての業績で著名だが、シュルレアリストとしてドローイングやテラコッタ、オブジェなどの分野でも精力的に活動している。また、妻のエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーも、アニメーションをはじめとした各種の表現活動で共同作業を行っていた。

来歴[編集]

ヤン・シュヴァンクマイエルは、1934年にプラハで、陳列窓の装飾家である父と裁縫婦の母に生まれた。1954年にプラハの工芸高等学校を卒業し(高校在学中にシュルレアリスムに触れた)、チェコ国立芸術アカデミー演劇学部人形劇科に入学した。ここでいくつかの演劇作品に関わった。1958年から1960年まで兵役についたあと、シュルレアリストとして知られるエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーと結婚。その後仮面劇や人形劇の仕事を続け、またこのころからオブジェの制作を始めた。

その後はラテルナ・マギカに移り、1964年にクラートキー・フィルム・プラハで最初の映画作品『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』を発表。以後、多くの短編映画作品や『アリス』、『ファウスト』などの長編作品を製作している。

作風[編集]

作品では「食べる」という行為を頻繁に扱うが、作中に登場する食べ物は不味そうに見えたり、執拗なまでに不快感を催すような描写がされたりする(人物がものを食べるとき、口を画面いっぱいに広がるぐらいにズームして強調する、など)。こうした描写の理由のひとつとして、本人が「子供の頃から食べるということが好きではなかったからだ」と発言している(「シュヴァンクマイエルのキメラ的世界 幻想と悪夢のアッサンブラージュ」)。

「食」に関わるもの以外では、性的(エロティック)なメタファーが多く用いられるほか、両開きのタンス・引き出し付きの木の机・動く肉片や衣装など、複数の映像作品に繰り返し登場するモチーフが目立つ。人間の運命や行動が何ものかに「不正操作」されている、という自身のイメージを投射した作品も数多い。

シュヴァンクマイエルは「戦闘的シュルレアリスト」を標榜しており、社会主義全体主義・商業中心主義などに抵抗を試みる作品・発言が多い。政治的な主張が含まれている作品も多く、それらは検閲を回避するために非常に歪曲的な表現となっているが、本人は「チェコ生まれの人間なら理解できるはずだ」と発言している(BBCのインタビューより)。ソ連崩壊後は『スターリン主義の死』などのように明確な表現の作品もある。

実写、アニメ共にストップモーション・アニメーションを多用し、コンピュータグラフィックスなどは一切利用しないアナログ主義である。

フィルモグラフィ[編集]

長編[編集]

  • アリス Něco z Alenky (直訳:アリスの何か)(1988年、英題:Alice
ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』を大胆に脚色した作品。
ファウスト伝説を、現代のある男に起こる悪夢のような経験として再構成した作品。
自慰機械の製作に没頭する人間たちをシュールに描いた怪作。
チェコの民話、食人木「オテサーネク」を取り上げた作品。
エドガー・アラン・ポーの『早すぎた埋葬』、およびマルキ・ド・サドの人物像・作品世界をモチーフとしている。本作の完成後の2005年10月20日に、妻・エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーは永眠し、彼女が制作に参加した最後の作品となった。制作過程の様子はDVDのメイキングに収録されている。
シュヴァンクマイエル自身が見た夢をモチーフとし、夢と現実を行き来する男が主人公の物語。2010年の第67回ヴェネツィア国際映画祭にコンペ外で出品された。
  • 昆虫(原題) Hmyz2015年公開予定、英題:Insects
カレル・チャペックヨゼフ・チャペックによる戯曲『虫の生活から』をモチーフにしたものだという。

短編[編集]

原題は本来「博物誌」と訳されるべきだが、この邦題で定着している。
  • 庭園 Zahrada1968年、英題:The Garden
イヴァン・クラウスの短編小説「生け垣」が原案。
  • 部屋 Byt (1968年、英題:The Flat
  • ヴァイスマンとのピクニック Picknick mit Weissmann (1968年、英題:Picnic with Weissmann
  • 家での静かな一週間 Tichý týden v domě1969年、英題:he House
  • ドン・ファン Don Šajn1970年、英題:Don Juan
ドン・ファン伝説をモチーフとした作品。
  • コストニツェ Kostnice (直訳:納骨堂)(1970年、英題:The Ossuary
人骨を大量に用いた内部装飾で有名なセドレツ納骨堂を描いた約10分間の白黒フィルム。ナレーションによる解説がある版とナレーションをジャズのBGMに置き換えた版がある。
  • ジャバウォッキー Žvahlav aneb šatičky slaměného Huberta1971年、英題:Jabberwocky
原案及び冒頭で朗読される詩はルイス・キャロル『鏡の国のアリス』中の「ジャバウォッキー」より。
  • レオナルドの日記 Leonardův deník1972年、英題:Leonardo's Diary
レオナルド・ダ・ヴィンチ素描などを自由な発想で切り紙アニメーション風に動かした作品。この作品により、前衛的作品を嫌う当時の社会主義政権下当局から映画の製作を以降7年間禁止される。
  • オトラントの城 Otrantský zámek1973年 - 1979年、英題:The Castle of Otranto
タイトル及び劇中の切り紙アニメーション部分はホレス・ウォルポールの『オトラント城奇譚』を元にしている。
  • アッシャー家の崩壊 Zánik domu Usherů1980年、英題:The Fall of the House of Usher
エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」の朗読に映像を付けた作品。朗読者は後の『ファウスト』の主演俳優、ペトル・ツェペック。
エドガー・アラン・ポー落とし穴と振り子」、およびヴィリエ・ド・リラダン『希望』を原作とする。
BBCのドキュメンタリー映像からは、本物の豚の内臓や血液を使用していることが確認できる。

ドキュメンタリー[編集]

  • ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋
1984年。イギリス・チャンネル4制作。繋ぎの映像はブラザーズ・クエイが担当。
  • プラハからのものがたり The Late Show: Tales from Prague
1990年6月、BBC2で放送されたドキュメンタリー。本人の住まいで行われたインタヴューや展覧会の特集番組。『スターリン主義の死』の撮影過程も見ることが出来る。。
  • シュヴァンクマイエルのキメラ的世界 幻想と悪夢のアッサンブラージュ
2001年、フランスのテレビ局が制作したドキュメンタリー。作品に関するインタヴューや、チェコで行われた展覧会の様子を収録。エヴァ夫人もクローズアップされており、夫妻での芸術活動の様子が見られる。

関連人物[編集]

参考文献[編集]

  • ヤン・シュヴァンクマイエル『シュヴァンクマイエルの世界』 赤塚若樹編訳、国書刊行会、1999年。
  • ヤン・シュヴァンクマイエル『オテサーネク 妄想の子供』工作舎、2001年。ISBN 978-4-87502-356-2
  • 『オールアバウトシュヴァンクマイエル』 エスクァイアマガジンジャパン、2006年。

外部リンク[編集]