ヒュー・コーンウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒュー・コーンウェル
Hugh Cornwell
2006年撮影
2006年撮影
基本情報
出生名 Hugh Alan Cornwell
出生 1949年8月28日(64歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル パンク・ロック
ニュー・ウェーヴ
ポストパンク
オルタナティヴ・ロック
職業 ミュージシャンシンガーソングライター俳優文筆家
担当楽器 ボーカルギターベース
活動期間 1974年 -
共同作業者 ストラングラーズ、CCW
公式サイト www.hughcornwell.com
著名使用楽器
フェンダー・テレキャスター
2011年

ヒュー・アラン・コーンウェルHugh Alan Cornwell, 1949年8月28日 - )はストラングラーズのオリジナルメンバーでギタリストボーカリスト。ストラングラーズ結成の中心人物。イギリスロンドン出身。

来歴[編集]

ロンドンの地主階級の家庭で生まれ育つ。1960年代後半にブリストル大学生化学学士号を取得。大学卒業後、スウェーデンルンド大学で研究の日々を送る。研究のかたわら Johnny Sox というバンドを結成して活動していた。1974年に Johnny Sox のメンバーらとともにイギリスに帰国後、バンドにジェット・ブラックが合流し、コーンウェルとブラックだけだったある日のライブステージ上でジャン=ジャック・バーネルが加入。同年暮れにバンドのメンバーでスウェーデンから休暇で帰ってきたハンス・ウォーミングとも合流し、バンドは The Guildford Stranglers と名前を改め、最終的にストラングラーズという名前に落ち着いた。翌年にハンス・ウォーミングが脱退、デイブ・グリーンフィールドキーボーディストとして加入。バンドは1977年にデビューを果たす。

ストラングラーズはやがてロンドンのパンク・ロック/ニュー・ウェーヴ・シーンを代表するバンドとなった。

コーンウェルが30代に差し掛かる頃イギリスのパンク・ムーヴメントは終焉を迎えており、コーンウェルはこの頃からソロアーティストとしてのキャリアを意識するようになる。1979年11月にドラマーのロバート・ウィリアムズとの共作アルバムNosferatu をリリースする。

ストラングラーズは多くのヒット曲を生み出したが、バンドとしての限界を感じた彼は1990年にストラングラーズ10枚目のアルバム『10』をレコーディング後バンドを脱退する。脱退後に結成したCCWというプロジェクトで1992年にアルバムを発表。以降はソロアーティストとしての活動に軸足を置いている。

1993年にリリースしたソロアルバムWired には、日本人ギタリストの布袋寅泰が参加した(スタジオでのセッションをきっかけにオファー)。

音楽以外での活動[編集]

俳優としての活動に関心を持ち多数の映画やドラマ、ミュージック・ビデオショートフィルムに出演している。またクリケットファンでもあり、クリケット番組にたびたび出演。クリケット選手とともに試合をしたり、番組でアコースティック・セットを披露するなどクリケットへの愛着ぶりを示している。文筆家としての腕も立ち、これまで4冊の書籍を出版している。

ディスコグラフィ[編集]

2010年のライヴにて

ソロアルバム[編集]

  • Wolf (1988年)
  • Wired (1993年、US版タイトル:First Bus to Babylon 1999年)
  • Guilty (1997年、US版タイトル:Black Hair, Black Eyes, Black Suit 1999年)
  • Mayday (1999年:ダウンロード限定、2002年9月:CD、ライブアルバム)
  • Solo (1999年)
  • Hi Fi (2000年)
  • Footprints in the Desert (2002年)
  • In the Dock (2003年、アコースティックライブアルバム)
  • Beyond Elysian Fields (2004年)
  • Beyond Acoustic Fields (2008年、Beyond Elysian Fields のアコースティック版アルバム、ツアー限定販売)
  • People, Places, Pieces (2006年、3枚組ライブアルバム)
  • Hooverdam (2008年)
  • New Songs for King Kong (2010年、ライブアルバム)
  • You're Covered (2011年、250枚限定カバーアルバム)
  • Totem and Taboo (2013年:ダウンロード限定)

コラボレーションアルバム[編集]

著書[編集]

  • Inside Information (1980年)
  • The Stranglers – Song by Song (2001年)
  • A Multitude of Sins (2004年)
  • Window on the World (2011年)