ワスレグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤブカンゾウから転送)
移動: 案内検索
ワスレグサ
Yabukanzo 06c2437sv.jpg
ヤブカンゾウの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ワスレグサ属 Hemerocallis
: ワスレグサ H. fulva
学名
Hemerocallis fulva (L.) L.
和名
ワスレグサ(忘れ草)
ワスルルクサ(忘るる草)
カンゾウ(萱草)
英名
Orange Daylily
Tawny Daylily
Tiger Daylily
Ditch Daylily

ワスレグサは、ユリ科ワスレグサ属多年草を指す。

ワスレグサ(忘れ草)は、花が一日限りで終わると考えられたため、英語ではDaylily、独語でもTaglilieと呼ばれる。実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い。中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。 広義には、ユリ科ワスレグサ属(別名キスゲ属、ヘメロカリス属)のことを指し、その場合は、ニッコウキスゲなどゼンテイカもユウスゲもワスレグサに含まれる。また長崎の男女群島に自生するトウカンゾウなどもワスレグサと呼ばれる。

ムラサキ科ワスレナグサとは無関係である。

分類[編集]

以下、参考までにゼンテイカ群(日光キスゲ、武蔵野キスゲ、蝦夷カンゾウ、姫カンゾウ、飛島カンゾウ)、トウカンゾウ以外でカンゾウと呼ばれているもの。

ヤブカンゾウ[編集]

  • 和名 : ヤブカンゾウ(藪萱草)
  • 学名 : Hemerocallis fulva var. kwanso
  • 原産 : 中国
  • 自生地 : 日本では本州以南の野原や薮などに群生する。
  • 生態 : 3倍体のため結実せず、匍匐茎(ほふくけい、ランナー)を出して拡がる。
  • 草丈 : 約80cm
  •  : 狭長
  •  : 7〜8月に、茎頂にユリに似た八重咲きで橙赤色の花を開く。
  •  : 黄色、末端は塊状である
  • 別名 : ワスレグサ、カンゾウナ

ノカンゾウ[編集]

ノカンゾウの花
  • 和名 : ノカンゾウ(野萱草)
  • 学名 : Hemerocallis fulva var. longituba
  • 分布 : 中国朝鮮半島日本サハリン
  • 自生地 : 日本では本州以南の原野などに群生する。
  • 生態 : 多年草だが、冬季には地上部の葉が枯れる。
  • 草丈 : 約80cm
  •  : 狭長
  •  : 7〜8月に、茎頂にユリに似た橙赤色の花を開く。花弁は 6枚。
  •  : 黄色、末端は塊状である
  • 別名 : ベニカンゾウ

ハマカンゾウ[編集]

ハマカンゾウ Hemerocallis fulva var. littorea
静岡県松崎町付近
  • 和名 : ハマカンゾウ(浜萱草)
  • 学名 : Hemerocallis fulva var. littorea
  • 原産 :
  • 自生地 : 日本では、暖地の海岸などに群生する。
  • 生態 : ノカンゾウに似るが、自生地がほぼ海岸に限られることと、冬季にも地上部の葉が残ることで判別できる。
  • 草丈 :
  •  : 狭長
  •  : 他より遅咲きで、夏から初秋にかけ、ノカンゾウに似た花を開く。橙赤色で花弁は 6枚。
  •  :

その他[編集]

ニシノハマカンゾウ Hemerocallis fulva var. auranntiaca
花はノカンゾウに似る。日本では九州以南の海岸などに自生する。
アキノワスレグサ Hemerocallis fulva var. sempervirens
花はノカンゾウに似る。日本では九州南部および南西諸島に自生する。沖縄県での方言名はクヮンソウ、カンソウ、グワンソウ、ガンショウ、クワンシヤー、ガンソウ、ハンソウ、フファンサ、ファンツァ、フファンツア、ニーブイグサ、ニーブイカンソウ、パンソー、カンゾーバナ、ウプンサ、ビラティなどがある。これらは沖縄方言(うちなーぐち)でワスレグサ属である「萱草」が訛ったもの。注目すべきはニーブイグサ、ニーブイカンゾウと呼ぶ地域があることで、これは沖縄の方言で眠いの意である「ニーブイ」からきたもので、直訳すると眠り草と解釈できるため、近年食品製造企業や製薬企業から注目されている。
ホンカンゾウ Hemerocallis fulva var. fulva
日本では自生していない。
Hemerocallis fulva var. europaea

人間とのかかわり[編集]

サポニン分子構造。睡眠作用があるとして研究されている。

食用[編集]

若葉は、おひたしにして、酢味噌で食べる。花の蕾は食用され、乾燥させて保存食(乾物)とする。中華料理では、主に「金針花」(チンチェンファ jīnzhēnhua)、「黄花菜」(ホワンホアツァイ huánghuācài)と称する花のつぼみの乾燥品を用い、水で戻して、スープの具にすることが多い。

根は生薬としても使われる。

和歌[編集]

和歌では、夏の季語、および悲しいこと(忘れたいこと)があった心境を表す言葉として詠まれる。

忘れ草 垣も繁みに植えたれど 醜(しこ)の醜草(しこくさ) なお恋にけり

万葉集』巻十二

外部リンク[編集]