ポリグリシル化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリグリシル化(ポリグリシルか、Polyglycylation)は翻訳後修飾の一種である。軸糸など特定の器官を構成する微小管チューブリンやヒストンシャペロンであるNAP1のC末端に数個のグリシンを付加する反応である。初めゾウリムシで発見され[1]、後に哺乳類神経細胞などでも見つかった[2]

これまでこの修飾を行う酵素は不明であったが、2008年に生理学研究所の研究グループにより同定された。[3]

出典[編集]

  1. ^ Redeker, V., Levilliers, N., Schmitter, J.M., Le Caer, J.P., Rossier, J., Adoutte, A., and Bré, M.H. (1994). “Polyglycylation of tubulin: a posttranslational modification in axonemal microtubules”. Science 266 (5191): 1688–91. doi:10.1126/science.7992051. PMID 7992051. http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/266/5191/1688. 
  2. ^ Banerjee Asok (2002). “Coordination of posttranslational modifications of bovine brain alpha-tubulin. Polyglycylation of delta2 tubulin”. J. Biol. Chem. 277 (48): 46140–4. doi:10.1074/jbc.M208065200. PMID 12356754. http://www.jbc.org/cgi/content/full/277/48/46140. 
  3. ^ Ikegami K, Horigome D, Mukai M, Livnat I, MacGregor GR, Setou M. (2008). “TTLL10 is a protein polyglycylase that can modify nucleosome assembly protein 1.”. FEBS Lett. 582 (5191): 1129-34. PMID 18331838.