ペプチド結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2つのアミノ酸の脱水縮合によって形成するペプチド結合

ペプチド結合(ペプチドけつごう、: peptide bond)とは、アミド結合のうちアミノ酸同士が脱水縮合して形成される結合である。

このようにして生成する物質はペプチドであり、その縮合しているアミノ酸の数が2つ、3つ、4つ、5つ……となるごとにジペプチド、トリペプチド、テトラペプチド、ペンタペプチド……という。多数のアミノ酸が縮合した高分子物質はタンパク質であり、このため、タンパク質をポリペプチドとも呼ぶ。

アミド結合は強固な結合であり、加水分解強酸性強アルカリ性の条件でしか起こらない。しかし生体内にはペプチド結合のみを選択的に加水分解する酵素ペプチダーゼ、プロテアーゼが存在し、これらの中には中性に近い生物の体温程度の温度でかなり迅速にペプチド結合を加水分解することができるものもある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]