ポケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヒ(マグロ)と玉葱のシンプルなポケ

ポケハワイ語 poke)は、ハワイ料理の一品。実際には英語風にポキと発音されることが多い。

概要[編集]

ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉で、現在では魚介類の切身に、醤油食用油海藻香味野菜などを混ぜ込んで調味した料理を指す。ハワイ人には生魚を食べる習慣があり、獲れたての魚を捌き、塩で味付けして海藻などと共に食べるということが昔から行われていたようである。19世紀の後半に日本からの移民が増えるに従ってこの文化がさらに発達し、新たな食材や調味料が加わってバリエーションも増え、ハワイ料理を代表する一品として広く親しまれるようになった。類似の料理として、トマトタマネギで和えたロミロミ・サーモンがある。

調理法の一例[編集]

  1. 新鮮な魚介類を一口大に切り、ごま油をまぶす。ワサビ油やククイ(キャンドルナッツ)油を用いる場合もある。
  2. 細かく切った海藻、タマネギ、青ねぎなどを混ぜ、よく馴染ませる。
  3. ハワイアン・ソルトや醤油、ワサビ、生姜唐辛子ニンニクなどで味付けする。細かく砕いたマカダミアやククイの実、ゴマなどを加えることもある。

種類[編集]

魚介類による分類[編集]

タコ・ポケ

など。

などは、生ではなく調理済みのものが用いられる。また魚の表面に軽く火を通し、たたき状にして用いる場合もある。

その他の分類[編集]

など。

関連項目[編集]