ボヴァリー夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ボヴァリー夫人』
Madame Bovary
初版の扉ページ
初版の扉ページ
作者 ギュスターヴ・フローベール
フランス
言語 フランス語
ジャンル 長編小説
発表形態 雑誌連載
初出 パリ評論1856年10月-12月
刊行 1857年、レヴィ書房
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ボヴァリー夫人』(ボヴァリーふじん、:Madame Bovary)は、ギュスターヴ・フローベール小説田舎の平凡な結婚生活に倦んだ若い女主人公エマ・ボヴァリーが、不倫借金の末に追い詰められ自殺するまでを描いた作品で、作者の代表作である。1856年10月から12月にかけて文芸誌『パリ評論』に掲載、1857年に風紀紊乱の罪で起訴されるも無罪判決を勝ち取り、同年レヴィ書房より出版されるやベストセラーとなった。

フローベールはこの作品に4年半の歳月をかけ、その執筆期間に徹底した文体の彫琢と推敲を行なっている。ロマン主義的な憧れが凡庸な現実の前に敗れ去れる様を、精緻な客観描写、自由間接話法を多用した細かな心理描写、多視点的な構成によって描き出したこの作品は写実主義文学の礎となった。

あらすじ[編集]

第一部[編集]

ある日、ルーアンの年少学校に内気そうな田舎の少年が転入してくる。シャルル・ボヴァリーという名の彼は、退職した軍医補の息子であった。まじめな勉強ぶりで中程度の成績を保って落第せず、そのうち親の希望で医学校に進み、トストの開業医となった。仕事に就いたシャルルは両親の勧めるまま、持参金のたっぷりある45歳の未亡人エロイーズと結婚する。しかし結婚後、やきもち焼きのこの女性は自分の資産について嘘をついていたことが判明、舅と姑に糾弾され、まもなく心労がもとで喀血し急逝してしまう。独身者となったシャルルはしばらく気落ちしていたものの、以前骨折を直してやった親切な農夫のもとに親しく通うようになり、その一人娘エマに惹かれて彼女に求婚する。承諾が得られると客を大勢招いた田舎風の結婚式を執り行って、それから新たな結婚生活が始まった。

エマは修道院出の夢見がちな女性で、小説や物語を読みロマンティックな空想に浸るのが好きだった。実家の田舎暮らしに飽き飽きして結婚したエマだったが、やがてこの結婚生活にも、自分が考えていたような恋の情熱も湧き立つような幸福も見出せないことに幻滅し始める。その思いは、ある日夫妻で侯爵家に招かれたことでいっそう強くなっていく。侯爵たちの豪華な生活と比べ、自分の平凡な家庭、とりえのない凡庸な夫が心底嫌になり、都会の社交生活に加われない自分を不幸な人間だと考えるようになる。

第二部[編集]

妻の変調を場所のせいだと考えたシャルルは、決心してトストを捨てヨンヴィル・ラベーという村に移り住むことに決める。ラベーでは俗物的な薬剤師オメー、その家の下宿人で書記官の青年レオンといった人物と交流し、田舎の新しい生活、出産といった出来事でエマの気はやや紛れる。エマはレオンに惹かれていき、レオンもまた彼女に憧れるが、どちらからも言い出せないまま進展せず、レオンは都会生活のほうに惹かれてパリへ向かってしまう。エマは幻滅し再び耐え難い退屈を感じ始める。そんな中、雇い人に瀉血を施してやるために資産家のロドルフが訪ねてくる。エマに目をつけたロドルフは、村で開かれた農業公進会の際に周りの目を盗んでエマに迫る。エマはロドルフの世慣れた態度に引かれ、誘われた乗馬についていった際に、森の中で体を許してしまう。

それから夫の目を盗んでの逢引きが始まる。エマは毎日のように熱心に恋文を送り、恋愛を味わう幸福に浸る。一方夫のシャルルはオメーにそそのかされて足の外科手術に手を出して失敗し、患者である宿屋の下男の足を切断させることになってしまう。夫の才能の無さにいっそうの幻滅を感じるエマだったが、このとき義足を用立てた商人ルウルーに次第に気を許し、彼の勧めるままにぜいたく品をつけで買うのが習い性になる。

エマは人目を盗んでの逢引きに飽き足らず、ロドルフに駆け落ちをするように迫る。しかし自分の生活を捨てる気のないロドルフはエマに別れの手紙を書き姿を消す。ショックを受けたエマはヒステリックになり、やがて反動で信心深くなって信仰に救いを求めるようになっていく。そうした中、エマは夫に誘われて気晴らしのためにルーアンへ観劇に出かけ、エマはそこで住まいをルーアンに移していたレオンと3年ぶりに再会する。

第三部[編集]

再会したエマとレオンは互いの情熱を復活させ、エマはピアノの稽古にいくという口実を設けて毎週レオンに会いに行くようになった。その一方でつけで買ったぜいたく品のために、ルウルーへの借金がどんどん膨らんでいく。エマは夫に知られないように地所を売るなどしていたが品物を買う癖が抜けず、ついに裁判所から差し押さえの通知が来る。エマは返済のために奔走し、レオンやかつての恋人ロドルフのもとに助けを求めるが金は得られず、絶望の末に薬剤師の家に忍び込んで砒素を飲んでしまう。エマは応急処置もむなしく衰弱していく。やがて死の床で司祭から聖油を受けると、宗教的な荘重さによって慰謝されたかに見えたが、最後の瞬間にまるで彼女の人生をあざけるように乞食の歌う卑猥な歌が聞こえてくる。エマは狂ったように笑い、息絶える。

シャルルは家具類をあらかた差し押さえられた上になお多額の借金が残った。彼はいまだに妻の不貞に気が付いておらず、なぜこんなことになったのか理解できないまま、思い描いていた幸福な人生が突如として不幸に断ち切られたことに呆然となる。その後は妻を神聖視して自身も彼女のような生活態度を取ろうとしたために、借金のためにどんどん貧しくなり、娘に満足な服も買ってやることができない。そうしてある日、とうとうエマの机から不貞の証拠となる手紙を見つけてしまう。一方で、薬剤師のオメーは商売が成功し、新聞に気の利いた記事を書いて送り、子供も順調に育って幸福な生活を送っていた。ただ一つの不満は、自分にレジオン・ド・ヌール勲章が贈られないことだ。オメーは庭に勲章の星印をかたどった芝生を作らせ、受章の知らせを毎日待って、最後には念願の勲章を貰い受ける。最後、シャルルは庭先でエマの遺髪を握りしめたまま頓死し、娘のベルタは遠い親戚に引き取られた後、工場へ働きに出される。

成立と反響[編集]

ボヴァリー夫人をメスで切り刻むフロベール。サント・ブーヴの評を踏まえた戯画。

この作品は35歳となっていたフローベールの事実上のデビュー作である。習作時代にはロマン主義文学に熱狂していたフローベールだったが、1849年に完成させた『聖アントワーヌの誘惑(第一稿)』を友人の前で朗読した際、物語や文体の仰々しさを酷評され、もっと身近な話題を取り扱うことを考えてこの作品に取り組んだ。従ってエマの取り付かれている様々なロマン派的な空想や憧れには作者自身の経験がそのまま反映されていると見ることもできる(新潮文庫版『ボヴァリー夫人』解説等)。このエマの人物造形は、のちに理想と現実の相違に悩む様を指す「ボヴァリズム」という言葉も生んだ(哲学者ジュール・ド・ゴーティエが1910年に初めて用いた)。反面、現実世界の成功者として登場する薬剤師オメーの露悪的な描写には、フローベールが終生持っていたブルジョワ的俗物さに対する嫌悪が表れている。

裁判によって知られたこともあって出版当時話題になりベストセラーとなったが、当時の雑誌・新聞の書評は厳しいものが多かった。そのような中でボードレールは『ラルティスト』に好意的な評を書き、エマに作者自身が投影されていることをいち早く見抜いて作者を喜ばせた。『ル・モニトゥール』ではサント・ブーヴが、幾分厳しい評価をした後でフロベールの文章を外科医のメスに例えている(トロワイヤ『フロベール伝』157頁-158頁ほか)。

作品の舞台の一つルーアンは作者自身の生まれ故郷であり、エマが移り住む架空の村ヨアンヴィル・ラベーもルーアン近郊の村リーがモデルとされている。小説の発表以来モデルの詮索が後を絶たず、エマやその他の登場人物についても様々な推測が成されてきた。上記の友人の一人であり掲載誌『パリ評論』編集人のマクシム・デュ・カンは、フローベールの没後間もなく刊行された『文学的回想』にて、医師であったフローベールの父の弟子であるドラマールとその妻(ただし著書では間違って「ドローネー」となっている)が小説のモデルであると証言している。リー村に開業したウージェーヌ・ドラマールは、年上の妻に先立たれた後再婚したが、その妻は他の男との情事に走ったうえに借金を重ねて服毒自殺、夫も後を追って自殺している。デュ・カンによれば『聖アントワーヌの誘惑』朗読の際に彼自身が「この事件を題材にしてはどうか」と提言したといい、また直後に二人で行なったエジプト旅行でナイル川の瀑布を見学している際、フローベールが主人公の名を思いつき「エウレカ!(見つけた!)」と叫んだという。しかしフローベールの書簡類と照らし合わせると矛盾した点も多く、現在では信憑性に疑問が付されている(松澤和宏『ボヴァリー夫人を読む』7頁-25頁)。

翻案[編集]

1933年ジャン・ルノワールによる映画化をはじめ、ヴィンセント・ミネリ(1949年)、クロード・シャブロル(1991年)、アレクサンドル・ソクーロフ(1989年・2009年)による映画化作品があり、テレビ映画での翻案も多い。日本では『コミック版世界の文学シリーズ』の一つとしていがらしゆみこが漫画化を手がけている(中公文庫、1997年)。

日本語訳[編集]

日本では1916年大正5年)に中村星湖によって初めて完訳され、早稲田大学出版部より『ボワ゛リイ夫人』として刊行されるが発禁となった。1920年に解除され、のち新潮社で再刊されている。以後主に「世界文学全集」で出され、伊吹武彦(全集.1巻ほか)、生島遼一(新潮社)、中村光夫(講談社)、菅野昭正(集英社)、山田爵(中央公論社)、杉捷夫(筑摩書房)、村上菊一郎白井浩司が訳しているが、現在は以下が入手しやすい。

参考文献[編集]

  • 松澤和宏 『ボヴァリー夫人を読む 恋愛・金銭・デモクラシー』 岩波書店<岩波セミナーブックス>、2004年
  • 工藤庸子 『恋愛小説のレトリック ボヴァリー夫人を読む』 東京大学出版会、1998年
  • マリオ・バルガス=リョサ 『果てしなき饗宴 フロベールとボヴァリー夫人』 工藤庸子訳、筑摩叢書、1988年
  • 工藤庸子編訳 『ボヴァリー夫人の手紙』 筑摩書房、1986年
  • 諏訪裕 『ボヴァリー夫人 主題と変奏』 近代文芸社、1996年
  • 姫野カオルコ文・木村タカヒロ絵 『ボヴァリー夫人』 角川書店、2003年  

外部リンク[編集]

ボヴァリー夫人