ベーナズィール・ブットー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベーナズィール・ブットー
Benazir Bhutto
Benazir Bhutto.jpg

任期 1993年10月19日1996年11月5日

パキスタンの旗 パキスタン
第20代財務大臣
任期 1994年1月26日1996年10月10日

パキスタンの旗 パキスタン
第17代財務大臣
任期 1988年12月4日1990年12月6日

パキスタンの旗 パキスタン
第19代国防大臣
任期 1988年12月4日1990年8月6日

任期 1988年12月2日1990年8月6日

出生 1953年6月21日
パキスタンの旗 パキスタンカラチ
死去 2007年12月27日(満54歳没)
パキスタンの旗 パキスタンラーワルピンディー
政党 パキスタン人民党
配偶者 アースィフ・アリー・ザルダーリー

ベーナズィール・ブットー[1]Benazir Bhuttoシンド語:بینظیر ڀھٽو、ウルドゥー語: بینظیر بھٹو)は、パキスタン政治家、元首相1953年6月21日 - 2007年12月27日)。イスラム諸国家における初の女性首相であり、後に暗殺された。

人物[編集]

植民地独立後のイスラム諸国家における初の女性首相である。父であるズルフィカール・アリー・ブットー元首相が設立したパキスタン人民党(PPP)の総裁(党首)となり、1988年1993年の2度、首相に選出されているが、いずれも汚職などを理由に解任されている。2007年12月27日に、政界復帰を目指して、国会議員選挙運動中に暗殺された。

夫であるアースィフ・アリー・ザルダーリーとの間に、一男二女(長男・長女・次女)がいる。現在、アースィフ・ザルダーリー(大統領)と長男のビラーワル・ブットー・ザルダーリーが、後継の人民党共同総裁となっている。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ベーナズィールは、ズルフィカール・アリー・ブットー(元首相、軍事クーデター後に処刑された)の娘としてカラチに生まれた。父方の祖父シャー・ナワーズ・ブットー英語版シンド人でパキスタン独立運動の中心人物の1人であった。

1969年4月、ベーナズィールはハーバード大学のラドクリフ・カレッジおよびオックスフォード大学レディー・マーガレット・ホール校で学んだ。1971年にインドが東パキスタン (現バングラデシュ) へ軍隊を派遣し、父ズルフィカールが問題解決のため外務大臣として国連へ赴いた際、彼女はカレッジを一時的に離れ、ニューヨークで父の助手を務めた。学生生活から離れ父親の活動を手伝ったことは、後の彼女の政治活動への参加に大きな経験となった。アメリカ合衆国での生活の間、彼女は様々な社会問題に活発に参加した。

1973年に彼女は政治学の学位を得てカレッジを卒業した。カレッジ在学中に彼女はファイ・ベータ・カッパ (全米優等学生友愛会) の会員に選出された。彼女は同年秋にオクスフォードに進学し、PPE(政治学・哲学・経済学)で修士号を得た。オクスフォード在学中に、彼女はオクスフォード・ユニオンの議長に就任した初のアジア女性となった。これは、彼女の対立候補が不正な調査を行ったことが原因で再選挙が実施された結果であった。

このように、彼女は大学において、父親の首相在任時の中程、国内および海外問題に関わる政治運動と、終始、論争に明けくれる日々を過ごした。

政界への進出[編集]

オクスフォード卒業後にパキスタンへ帰国したが、父親の監禁と処刑の過程で、彼女は自宅軟禁を受けた。1984年にイギリスへの渡航が許可され、彼女は亡命したまま、父の政党であったパキスタン人民党 (PPP) の党首に就任した。しかし、ムハンマド・ズィヤー・ウル・ハック将軍が死亡するまでは、彼女がパキスタンにおける政治的な存在感を示すことはできなかった。

1988年11月16日、10数年振りに施行された公開選挙において、ベーナズィールのPPPはパキスタン国民議会の単独与党の座を勝ち取った。彼女は12月2日に宣誓し、現代のイスラム諸国家で最年少 (当時35歳) かつ初の女性の政府代表、パキスタン第11代首相となった。同年、ベーナズィールはビープル誌で「世界でもっとも美しい50人」にも選出された。

汚職による解任[編集]

首相選出20か月後の1990年8月6日に、汚職を告発され、軍の支持を受けてクーデターで大統領に就任したグラーム・イスハーク・ハーン英語版により首相の座を解任され、同年10月に行われた選挙で、PPPは敗北した。その後3年間、ベーナズィールはナワーズ・シャリーフ政権に対する野党のリーダーを務めた。

その後の選挙で再び勝利し、1993年10月19日に、ベーナズィールは首相に返り咲いた。しかし、1996年11月5日、再び汚職を告発されるなど様々なスキャンダルが原因で、ファルーク・レガーリー英語版大統領によってまたも首相を解任されて、彼女の政権は瓦解した。これらのスキャンダルのうちの幾つかは、彼女の首相在任中にスイス企業に図られた便宜が含まれておりそれらは未解決のままである。

彼女の夫アースィフ・アリー・ザルダーリーはスキャンダルへの関与により逮捕され、2004年11月まで刑務所に収監された。2006年、国際刑事警察機構は、パキスタン政府の要請に応じてベーナズィールと夫の両名の逮捕を求める国際手配書を発行した[2]

2002年統一選挙[編集]

1999年ムシャラフ大統領による無血クーデター英語版後、2002年に民政移管のために統一選挙が行われ、ベーナズィール率いるパキスタン人民党 (PPP) は最大の票を得て国民議会で62議席を獲得した。パキスタン・ムスリム連盟シャリーフ派 (PML-N) も15議席を獲得した。政府はこの事態を受けて、直ちに切り崩し工作を行い議会における両党の勢力を弱めたが、彼らに対する世論の支持を鎮静することはできなかった。政府は次に法律と国家権力によってベーナズィールとナワーズ・シャリーフの拘束にかかった。この過程で、政府は統一行動評議会 (MMA) から暗黙の支持を享受することが出来た。それは勿論、パキスタン政界におけるベーナズィールとシャリーフの勢力が弱まることは自党の利に直結するからである。同様に、ムッタヒダ国民運動 (MQM) も、議会からのベーナズィールの排除と、シンド州政府のPPP弱体化工作から恩恵を受けた。

暗殺までの状況[編集]

2002年、当時のパキスタン大統領パルヴェーズ・ムシャラフが、首相が2期以上在任することを禁じる新たな改正をパキスタンの憲法に施した。これによって、ベーナズィールの再任の可能性は憲法上は消滅した。この改正は、大統領の政敵である首相経験者ベーナズィールとシャリーフを狙った攻撃であると受け止められている。

ベーナズィールは、2004年秋の時点では、ドバイに滞在し3人の子供ら家族とともに生活しながら、世界中を回って講演活動を行い、PPPの支持者と連絡を取り合っていた。2007年11月の統一選挙でパキスタンに帰国し首相への返り咲きを狙うことを公言していた。

暗殺[編集]

ベーナズィールは政界復帰を目指し2007年10月に帰国し、カラチで帰国遊説中に自爆テロに遭遇したが、その際は難を逃れた。

その後、2007年12月27日、イスラマバード郊外のラーワルピンディーで選挙集会に参加中、イスラム原理主義者と思われるテロリストの銃撃と自爆テロにより暗殺(54歳)された。自爆テロにより、集会現場に居合わせた支持者や警官にも20名程度の死者が出た。後にアルカーイダサイイド・アル=マスーリが犯行に関与した旨の声明を出したが、詳細は不明である。

ベーナズィールの亡骸は翌日に一族の墓に葬られ、彼女が総裁を務めていたパキスタン人民党は彼女の長男でオックスフォード大学生ビラーワル・ブットー(当時19歳)を新総裁に、夫アースィフ・ザルダーリー(当時51歳)を総裁代行に選出した。

対アフガニスタン政策[編集]

ターリバーンアフガニスタンで勢力を伸長したのはブットー政権時代で、彼女の肩入れによるものであった[3]。ベーナズィールとターリバーンはこの事実が社会問題化すると、相手に対する非難を応酬した。ターリバーンの政治信条によれば、女性であるベーナズィールには政権を握る権利はないからである。しかし、ベーナズィールはターリバーンがアフガニスタンに安定をもたらし、中央アジアとの貿易路を開くことになると考えていたのである[4]。そのためブットー政権はターリバーンに軍事的かつ財政的援助を与え、ごく少数ではあるがパキスタン国軍をアフガニスタンに派遣することすらした[5]。結局、ターリバーンは1996年9月カーブルに入城を果たした。

評価[編集]

西欧では暗殺されたことも含めて軍事政権と「イスラム原理主義」と戦った民主化の女性闘士との評価もあるが、多くの専門家は異論を唱えている。

太田述正は、自身のブログで、ブットーは封建的で腐敗した汚職政治家と断じている[6]。また、その中で引用されている英国オブザーバー紙のイギリスの著名歴史学者ダリンプルの記事[7]でも、太田述正と同様の見方をしており、更に英語はよどみなく話せても母語のはずのウルドゥ語シンド語を正確に話せない「欧米向け政治家」と断じている。

2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユサフザイは、イスラム世界における初の女性元首であるベーナズィールに刺激を受けたと語っている[8]

参考資料[編集]

  1. ^ 報道などでは「ベナジル・ブット」(時事通信社産経新聞朝日新聞読売新聞)が一般的である。
  2. ^ Pakistan seeks arrest of Bhutto, BBC News, Januray 26, 2006
  3. ^ S. Coll, "Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001", Penguin Press HC, USA 2004年
  4. ^ S. Coll, "Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001", Penguin Press HC, USA 2004年
  5. ^ S. Coll, "Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001", Penguin Press HC, USA 2004年
  6. ^ http://blog.ohtan.net/archives/51110571.html 防衛省OB太田述正アングロサクソン文明と軍事研究ブログ「ブット暗殺(その5)」
  7. ^ http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2007/dec/30/pakistan.world Pakistan's flawed and feudal princess
  8. ^ HUSAIN HAQQANI (2014年10月12日). “マララさんのノーベル平和賞で期待される変革”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB11713596470002413933104580209192882632922 2014年10月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ムハマンド・カーン・ジュネージャー
パキスタンの旗 パキスタン首相
第16代:1988–1990
次代:
グラーム・ムスタファー・ジャートイー
先代:
Syed Babar Ali
パキスタンの旗 パキスタン財務大臣
第20代:1994–1996
次代:
Naveed Qamar
先代:
マブーブル・ハック
パキスタンの旗 パキスタン財務大臣
第17代:1988–1990
次代:
サルタージ・アジズ
先代:
マフムード・ハルーン
パキスタンの旗 パキスタン国防大臣
第19代:1988–1990
次代:
ゴウス・アリ・シャー
先代:
モイーン・クレイシー
パキスタンの旗 パキスタン首相
第11代:1993–1996
次代:
ミラージ・ハーリド
党職
先代:
ヌスラット・ブットー
パキスタン人民党党首

1982–2007
次代:
ビラーワル・ブットー・ザルダーリー
次代:
アースィフ・アリー・ザルダーリー