アースィフ・アリー・ザルダーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アースィフ・アリー・ザルダーリー
آصف علی زرداری
Asif Ali Zardari
Asif Ali Zardari - 2009.jpg

任期 2008年7月22日2013年9月8日

出生 1955年7月22日(58歳)
パキスタンの旗 パキスタンシンド州 カラチ[1]
政党 パキスタン人民党
配偶者 ベーナズィール・ブットー

アースィフ・アリー・ザルダーリーウルドゥー語シンド語:آصف علی زرداری、:Asif Ali Zardari, 1955年7月22日 - )は、パキスタン政治家。前大統領パキスタン人民党の共同総裁。パキスタン初の女性首相で暗殺されたベーナズィール・ブットーの夫。ビラーワル・ブットー・ザルダーリーの父。日本の報道では、アシフ・アリ・ザルダリとも表記される。

シンド州の有力政治家ハーキム・アリー・ザルダーリーの息子。同じく有力政治家ブットー家との結婚は一族同士の見合い結婚であったとされる。[2]ザルダーリー家はシーア派の有力一族で、ザルダーリーはカラチに生まれ、パキスタンでも最も裕福な家庭の1つで育った。

妻ベーナズィールの内閣で大臣を務めたが、在職中は関連予算の常に10パーセントを着服していると噂され、メディアにおいて通称「ミスター10パーセント」と悪名を冠されるほどであった。その後、この在職時の汚職疑惑によって8年間獄中にいた[3][4][5]。パキスタンで5番目の大富豪である。2009年4月15日に来日している。

2010年の憲法改正(Eighteenth Amendment to the Constitution of Pakistan)でパキスタンが半大統領制から議院内閣制に移行したことにより、パキスタン大統領の行政府のトップとしての地位をユースフ・ラザー・ギーラーニー首相に移譲し、名誉職的な国家元首となった。

2011年5月にザルダーリーが軍によるクーデターを懸念していると記されたメモが当時アメリカ統合参謀本部議長であったマイケル・マレンの手に渡り、これが発覚したことで軍との関係が悪化したとされる。12月上旬に病気治療のためドバイに渡り、12月6日から14日まで入院し、その後も帰国ができない状況が続いていた[6]が、数日後に帰国した[7]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
ムハンマド・ミヤーン・スームロー英語版
(暫定)
パキスタンの旗 パキスタン・イスラム共和国大統領
第11代:2008 - 2013
次代:
マムヌーン・フセイン
党職
先代:
ベーナズィール・ブットー
パキスタン人民党党首
第4代:2007 -
次代:
(現職)