パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パキスタンの旗 パキスタンの政党
パキスタン・ムスリム連盟
ナワーズ・シャリーフ派
ウルドゥー語: پاکستان مسلم لیگ ن
英語: Pakistan Muslim League (Nawaz)
Flag of Muslim League.png
党旗
総裁 ナワーズ・シャリーフ
成立年月日 1988年11月16日
国民議会議席数
185 / 342   (54%)
(2013年6月5日)
元老院議席数
14 / 104   (13%)
(2013年5月24日)
政治的思想・立場 保守主義
経済的自由主義
パンジャーブ民族主義
右派ポピュリズム
公式サイト PMLN Official
シンボル
テンプレートを表示

パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派ウルドゥー語: پاکستان مسلم لیگ ن‎、英語: Pakistan Muslim League (Nawaz)、略称:PML-N)は、パキスタン保守政党パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ派パキスタン・ムスリム連盟シャリーフ派(または「シャリフ派」)などと表記される場合もある。記事立項時近くにもパキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派[1]とされた例もあり、定まった訳はないとも言える。

軍事独裁者ムハンマド・ジア=ウル=ハク大統領の下でパンジャーブ州首相だったナワーズ・シャリーフがハク大統領の飛行機事故死後の1988年11月16日パキスタン・ムスリム連盟英語版から自派を分裂させて結成。80年代末から90年代にかけてベーナズィール・ブットー率いるパキスタン人民党(PPP)と熾烈な政権争いを繰り広げた。1998年パキスタンが核実験を行った際の与党でもある。

しかし1999年パキスタン軍トップのパルヴェーズ・ムシャラフを解任しようとしたシャリーフ首相が軍のクーデター英語版で打倒され、後に亡命を強いられると、党は禁止こそされなかったが野党暮らしを強いられた。この間、シャリーフは亡命先のサウジアラビアから党を指導しようとしたが、ザファルッラー・カーン・ジャマーリー(のち首相)ら、党内の親ムシャラフ派がパキスタン・ムスリム連盟カーイデ・アーザム派(PML-Q)を結成し分裂、少数政党に転落するなど苦しい立場に置かれた。そのため政敵ベーナズィール・ブットーのパキスタン人民党と提携するようになった。

2007年からパキスタンで民主化運動が活発化し、ムシャラフ大統領に抵抗する一大運動に発展すると、ベーナズィール・ブットーの暗殺英語版を経て2008年のパキスタン下院総選挙英語版で第2党となり、パキスタン人民党のユースフ・ラザー・ギーラーニー率いる連立政権と組み、ムシャラフを大統領辞任に追い込んだ(後任の大統領はベーナズィール・ブットーの夫でパキスタン人民党のアースィフ・アリー・ザルダーリー)。

ナワーズ・シャリーフ(2008年)

しかしパキスタン人民党との確執から野党に転じ、2013年のパキスタン下院総選挙英語版ではザルダーリー大統領率いるパキスタン人民党政権の汚職体質や経済無策への批判票を一手に引き受け、またイスラーム過激派パキスタン・ターリバーン運動からも対話の窓口として指名される形で大勝した[2]

なお党の地盤はシャリーフの出身地でもあるパンジャーブ州に大きく依存しており、他州ではそれほど圧倒的な勢力を有しているわけではない[3]。特に南部シンド州では、パキスタン人民党などに大きく水をあけられている。また(この党に限らずパキスタンの「ムスリム連盟」を称する政党すべてに言えることだが)国父ムハンマド・アリー・ジンナーらによる全インド・ムスリム連盟の後継政党を名乗っているが、同党は1958年アイユーブ・ハーン英語版(のち元帥)によるクーデターで解散に追い込まれているため、直接の関連性はない[4]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 時事通信による
  2. ^ パキスタン総選挙、野党第1党に 米との関係焦点(日本経済新聞 2013/5/12)
  3. ^ 萬宮健策「パキスタンにおける政党の位置づけ」2.パキスタンにおける政治の特徴 を参照
  4. ^ 「中東・イスラーム諸国の民主化」データベース » パキスタン » パキスタン・政党

外部リンク[編集]