パキスタン正義運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パキスタンの旗 パキスタンの政党
パキスタン正義運動
ウルドゥー語: پاکستان تحريک انصاف
英語: Pakistan Tehreek-e-Insaf
党首 イムラン・カーン
成立年月日 1996年4月25日
国民議会議席数
35 / 342   (10%)
(2013年6月5日)
元老院議席数
0 / 104   (0%)
(2013年5月24日)
政治的思想・立場 中道
共同体主義
汚職現状打破
福祉国家論
民族主義
公式サイト PTI Official Site
シンボル クリケット・バット
テンプレートを表示

パキスタン正義運動(パキスタンせいぎうんどう、ウルドゥー語: پاکستان تحريک انصاف‎(Pakistan Tehreek-e-Insaf、略称PTI); Pakistan Movement for Justice)は、パキスタン中道政党パキスタン正義のための運動と書かれる場合もある。

1996年4月25日ラホールにおいて、クリケット選手として国民的英雄であり篤志家でもあるイムラン・カーンによって創設された。反汚職現状打破、共同体主義イスラーム的かつ現代的な福祉国家の建設などを掲げ、中道で穏健なスタンスながら反体制政党の色彩が濃い。ほかに封建主義の根絶、完全な司法権の独立、脱中央集権パキスタン軍への文民統制などを掲げるが、パキスタンの核兵器については維持を主張、また対テロ戦争についてはアメリカ軍のパキスタン領内での活動を拒否し、カシミール問題についても強硬な姿勢をみせるなど、パキスタン民族主義的かつポピュリスト的な面もある。

長らく小政党にとどまっていたが、2013年のパキスタン下院総選挙英語版では30議席以上を獲得する大躍進を遂げた。しかしナワーズ・シャリーフと並んで首相候補に挙げられていたが、それには及ばなかった[1]

イムラン・カーンを前面に押し出すパキスタン正義運動のポスター

パキスタンの他の政党が特定の一族に牛耳られていることが多いなかで「特定の一族の政党ではない」ことを強調するなど正論を吐くことが多いため、敵も多い。2013年下院総選挙の直後には選挙の開票をめぐる混乱が続くなか、ザラ・シャヒド・フセイン英語版副党首が何者かに暗殺される事件も起きている[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「クリケットの元スター選手、イムラン・カーン氏が率いるパキスタン正義運動(PTI)は、『パキスタンの政治をひっくり返し、汚職を一掃する津波を起こす』との掛け声で注目を集めたが、結果的には31議席とふるわなかった。」[1]
  2. ^ 野党女性幹部、銃撃され死亡=選挙での不正訴え-パキスタン(時事 2013/05/19)

外部リンク[編集]