統一行動評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

統一行動評議会ウルドゥー語: متحدہ مجلس عمل‎、英語: Muttahida Majlis-e Amal、略称MMA)はパキスタンイスラーム主義政党連合

パルヴェーズ・ムシャラフ大統領軍事政権下で行われた2002年の下院総選挙英語版に際して、アメリカ主導の対テロ戦争への反感・反米感情を背景に僅か数議席から一挙に約60議席を獲得、パキスタン史上初めて議会政治でキャスティング・ボートを握り実質的影響力を及ぼすイスラーム主義勢力となるなど注目された[1]。しかし、その後は分裂し小勢力に戻った。

構成グループはパシュトゥーン人を基盤とするイスラム聖職者協会ファズルル・ラフマーン派Jamiat Ulema-e-Islam (F))が中核だが、他にパキスタン聖職者協会Jamiat Ulema-e-Pakistan)、預言者の道協会Jamiat Ahle Hadith)、シーア運動Tehrik-e-Jafariaイラン革命の影響が強い)などがあり、スンナ派シーア派の双方にまたがっている。地域的にはカイバル・パクトゥンクワ州バローチスターン州に地盤を持つ。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「中東・イスラーム諸国の民主化」データベース » パキスタン » パキスタン・政党

外部リンク[編集]