マイケル・マレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・グレン・マレン
Mike Glenn Mullen
Michael Mullen, CJCS, official photo portrait, 2007.jpg
統合参謀本部議長就任時の公式写真、2007年
渾名 マイク(Mike)
生誕 1946年10月4日(67歳)
カリフォルニア州 ロサンゼルス
所属組織 Seal of the United States Department of the Navy.svgアメリカ海軍
軍歴 1968 - 2011
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

マイケル・グレン・“マイク”・マレン(Michael Glenn “Mike” Mullen、1946年10月4日 - )は、アメリカ海軍の元軍人。最終階級は大将。 海軍作戦副部長(2003年8月 - 2004年8月)、在欧合衆国海軍司令官兼ナポリ連合統合軍司令長官(2004年10月 - 2005年5月)の職を経て、2005年7月22日に第28代海軍作戦部長に就任、統合参謀本部メンバーの1人としてイラク戦争などの指揮にあたった。その後2007年10月1日からは、ピーター・ペース海兵隊大将の後任として第17代アメリカ統合参謀本部議長に就任、アメリカ軍の軍人(制服組)のトップを務めた[1]


経歴[編集]

海軍任官まで[編集]

グレゴリー・アンブロシア陸軍大尉にシルバースターを授与するマレン大将
新たに採用された制服(サービスドレス・カーキ)を着用したマレン大将。

1946年10月4日カリフォルニア州ロサンゼルスでジャック・マレン(Jack Mullen)とその妻ジェーンの間に、5人兄弟の長男として生まれる[2]。父のジャックは、ハリウッドボブ・ホープジミー・スチュワートなどを顧客に持つ広報担当者として、母のジェーンはジミー・デュランテのアシスタントとして働いていた人物である[2]

少年時代は、共にカトリック系の学校である聖カルロ・ボッロメーオ教会附属小学校[3]ノートルダム高校でそれぞれ学ぶ。1964年に高校を卒業した後は、スポーツ奨学金バスケットボール)を得て海軍兵学校に入学し[2]1968年6月に卒業する。この年の同窓生には、デニス・C・ブレア[4]ジム・ウェッブ[5]オリバー・ノース[6]らがいた[7]

少尉任官後[編集]

海軍兵学校卒業後は海軍少尉として任官、水上艦乗組士官(Surface Warfare Officer)となる。任官直後には、駆逐艦コレット (USS Collett, DD-730)に対潜戦担当士官(Anti-submarine offcer)として乗務し、ベトナム戦争下の西太平洋海域およびベトナム沿岸海域へと派遣され、戦闘指揮を執る[2][8]。この頃には、駆逐艦ブランディ (USS Blandy, DD-943) にも乗務し、カリブ海地中海で任務にあたった[9]

1973年には給油艦・ノックスビー (USS Noxubee, AOG-56)の司令官(艦長)に任じられ、初めて艦長として任務にあたる。1975年まで約2年にわたってノックスビーに乗務した後は陸上勤務に異動となり、海軍兵学校で学生中隊(company)付き士官、次いで士官候補生隊長(Commandant of Midshipmen[10])の補佐として勤務する。海軍兵学校での勤務の後は再び海上勤務に戻り、ミサイル巡洋艦フォックス (USS Fox, DLG-33) やスタレット (USS Sterett, DLG-31)に乗務し、西太平洋やインド洋紅海での任務にあたった[9]

フォックス及びスタレットでの勤務後は、上級士官・将官となるために必要な学位を得るためにカリフォルニア州モントレー海軍大学院に進学、1985年にオペレーションズ・リサーチ修士号を得て卒業した[2][9]。海軍大学院卒業後は海上勤務に復帰し、ミサイル駆逐艦ゴールズボロー (USS Goldsborough, DDG-20) に艦長として乗務する[2][9]。ゴールズボロー乗務中は、イラン・イラク戦争開戦に伴うペルシャ湾海域でのリスク上昇を受けて、友好国であるクウェート石油タンカーが安全に航行出来るように護衛・海上警備を行う任務を指揮した[9]。その後は陸上勤務に異動となり、水上艦乗組士官学校(Surface Warfare Officer School)でDivision Officer Courseの責任者(部長)を務める[9]

1989年9月には大佐に昇任[9]、併せて国防総省運用試験評価部長室に異動となる。また、この頃(1991年)にはハーバード・ビジネス・スクールのアドバンスド・マネージメント・プログラム(AMP)を修了している[8]。運用試験評価部長室での勤務後は再度海上勤務に異動となり、ミサイル巡洋艦ヨークタウン (USS Yorktown, CG-48) に艦長として乗務した。ヨークタウン艦長を離任した後は、海軍人事局(Bureau of Naval Personnel)に異動となり、人事畑を歩む。

この後、第2巡洋艦・駆逐艦艦隊および原子力空母ジョージ・ワシントンを中心とする空母戦闘群の司令官も務めている。ちなみに、マレン大将が最後に海上で司令官として指揮を執ったのは、アメリカ海軍第2艦隊司令官兼NATO大西洋打撃艦隊司令官に在任していた時である。


2006年には、日本のアメリカ海軍横須賀基地第7艦隊基地)に、弾道ミサイル迎撃用ミサイルであるSM-3を搭載したシャイロー (USS Shiloh, CG-67) の配備を決定した。

2007年、民主党中間選挙勝利に伴うイラク撤退圧力の強まりが原因で、ピーター・ペース統合参謀本部議長の9月いっぱいでの議長退任が決定したことを受けて、ペース議長の後任に推薦され、上院軍事委員会の指名公聴会にて就任が承認された。本来なら、年齢面などでの問題がない限り、統合参謀本部議長の後任には統合参謀本部副議長が昇格する事が一般的(実際ペース議長は、前任者であるリチャード・マイヤーズ元議長の下で、副議長を務めていた。)だが、今回の場合は、ペース議長と共に副議長であるエドマンド・ジャンバスティアーニ海軍大将も副議長退任が決まり、マレンが推薦された。ちなみに、ジャンバスティアーニ副議長の後任には、ジェームズ・カートライト統合戦力軍司令官(海兵隊大将)が就任した。

2011年9月30日、統合参謀本部議長を退任。

海軍作戦部長時代のマレン大将とドナルド・ウィンター海軍長官、海軍最上級兵曹長テリー・D・スコット。2006年2月

職歴[編集]

従軍[編集]

賞罰[編集]


日本との関わり・日本のメディアへの登場[編集]

日本のメディアには、前述のシャイロー配備の際に新聞やテレビ等にマレン大将の名前が頻繁に登場している。

また、最近では前述のピーター・ペース統合参謀本部議長の退任報道の際には、その後任として日本のメディアに再び名前が頻繁に登場した。また、日本の新聞各紙などではシャイロー配備の際は”マイケル・ミューレン”と表記していたが、ペース議長の退任の際は多くのメディアが”マイケル・マレン”と表記している。

参照[編集]

  1. ^ [1] 10 USC 152. Chairman: appointment; grade and rank
  2. ^ a b c d e f Huey-Burns, Caitlin (2011年3月28日). “10 Things You Didn't Know About Mike Mullen”. USニューズ&ワールド・レポート. http://www.usnews.com/news/articles/2011/03/28/10-things-you-didnt-know-about-mike-mullen 2011年10月1日閲覧。 
  3. ^ Dowd, Maureen (2010年2月3日). “Defending the Long Gay Line”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/02/03/opinion/03dowd.html 2010年5月12日閲覧。 
  4. ^ 卒業後は海軍少尉として任官。のちに大将に昇任し、太平洋軍司令官を務めたのち退役。退役後はバラク・オバマ政権下で国家情報長官(DNI)を務めた。
  5. ^ 現・連邦上院議員バージニア州選出・民主党所属)。卒業後は海兵隊少尉として任官、ベトナムに従軍し海軍十字章などの勲章を受ける。1972年に中尉で退役した後は弁護士・政治家の道を歩み、ロナルド・レーガン政権下で予備役担当国防次官補海軍長官を歴任。また、2006年にはバージニア州より上院議員選挙に立候補、現職だったジョージ・アレン議員を破り当選を果たしている。
  6. ^ 卒業後は海兵隊少尉として任官。イラン・コントラ事件で重要な役割を果たしたキーマンとして知られる。1990年に中佐で退役したのちは、政治評論家などとして活動している。
  7. ^ Bumiller, Elisabeth (2008年12月15日). “Challenges and Perhaps More Influence for Chairman of Joint Chiefs”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2008/12/16/us/politics/16mullen.html 2011年10月1日閲覧。 
  8. ^ a b 統合参謀本部ホームページに掲載されたマレン大将の経歴 (英語)
  9. ^ a b c d e f g Tucker, Spencer C.(2009) “U.S. Leadership in Wartime: Clashes, Controversy, and Compromise”, ABC-Clio Inc この書籍の内容については、Google ブックスで閲覧することができ、マレンに関する記述は926-928ページにあることが解る。(マレンについて記述したページを検索により呼び出したもの
  10. ^ 校長(Superintendent of the United States Naval Academy)に次ぐナンバー2の役職。

外部リンク[編集]

軍職
先代:
ヴァーン・クラーク
アメリカ海軍作戦部長
2005–2007
次代:
ゲイリー・ラフヘッド
先代:
ピーター・ペース
アメリカ統合参謀本部議長
2007–2011
次代:
マーティン・デンプシー