ブロニスワフ・マリノフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロニスワフ・マリノフスキ
Bronisław Malinowski
人物情報
生誕 1884年4月7日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
Flag of the Grand Duchy of Cracow.svg クラクフ大公国クラクフ
死没 1942年5月16日(満58歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン
国籍 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国イギリスの旗 イギリス
出身校 ヤギェウォ大学
ライプツィヒ大学
学問
研究分野 人類学
研究機関 イェール大学
特筆すべき概念 東南アジア及びアフリカの生活様式の研究
テンプレートを表示

ブロニスワフ・カスペル・マリノフスキ(ブロニスロウ・キャスパー・マリノフスキー、英語: Bronisław Kasper Malinowski, 1884年4月7日 - 1942年5月16日)は、ポーランド出身のイギリス人類学者

生涯[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国領だったクラクフ大公国の首都クラクフ(現在のポーランド)に生まれる。父は貴族でありスラヴ語の教授だったが、ブロニスワフが幼い頃に死亡し、母との2人暮らしをおくる。ヤギェウォ大学で数学と物理学を専攻し、1908年に学位を取得した。その後ライプツィヒ大学で2年ほど学び、そこでヴィルヘルム・ヴント民族心理学に影響を受ける。関心領域を人類学に移したマリノフスキは、ジェームズ・フレイザーなどの研究を知り、当時人類学でもっとも有名だったイギリスへの渡航を決意。1910年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で人類学を研究した。

トロブリアンド諸島での現地調査(1918年)

1913年アボリジニについての文献研究を『オーストラリア・アボリジニの家族』として発表。翌1914年には、作曲家のカロル・シマノフスキと並んで幼少のころからの親友の一人であったポーランドの作家スタニスワフ・イグナツィ・ヴィトキェヴィチとともにオーストラリアを旅行するが、同年に第一次世界大戦が勃発、イギリスはドイツに宣戦布告した。オーストリア国籍だったマリノフスキはイギリス領内で敵国人扱いされ、出国が不可能となった(他方でロシア国籍だったヴィトキェーヴィッチはすぐに出国を決意し、ロシア軍に入隊する)。しかしパプアニューギニアに行くことは可能であったため、マリノフスキは最初はマイルー島、次にニューギニア島東沖にあるトロブリアンド諸島フィールドワークに取り掛かる。こうしてマリノフスキは、長期にわたって現地の人々と行動を共にし、その生活の詳細な観察を行うこととなり、人類学研究に初めて参与観察と呼ばれる研究手法が導入されることとなった[1]

1919年にメルボルンへ帰り、化学者の娘だったエルシー・ロザリン・メーソンと結婚する。1924年からはロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで人類学の講座を取得し、1927年には主任教授に就任する。当時のロンドンの自宅には毎日のように学生や知人が訪問し、妻は睡眠をするために他の家へ出かけたこともあるという[2]。その後、第二次世界大戦が勃発すると、マリノフスキはアメリカ合衆国に定住し、イェール大学の客員教授となる。

1934年にマリノフスキはラドクリフ=ブラウンら若い人類学者たちとアフリカ総合研究プロジェクトを立ち上げ、アフリカの南部と東部にフィールドワークを兼ねた調査旅行に向かう。ちなみにケニアの初代大統領で人類学者としても有名なジョモ・ケニヤッタは、1935年からロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでマリノフスキの指導の下で人類学を研究しており、彼の著作『ケニア山をのぞんで』(1938年)の序文はマリノフスキが書いた。また、1941年から42年までメキシコオアハカ州の調査旅行に出かけてもいる。1942年にイェール大学のあるコネチカット州南部の街ニューヘイブンで死去した。

没後、夫人により編集刊行された『マリノフスキー日記』[3]によって、フィールドにおけるラポール関係の神話(被調査者と調査者との信頼関係による成果)が虚説であることが明らかにされた。

思想[編集]

マリノフスキが文化を捉える態度は、これまでの進化主義的な人類学と区別して機能主義人類学と呼ばれる。それは現存する文化を、相互に関係して働いている諸要素の集合体として捉え、それら諸要素が文化形成に及ぼす機能を分析する手法のことを指している。

トロブリアンド諸島での調査の成果は、彼の主著である『西太平洋の遠洋航海者』(Argonauts of the Western Pacific)として1922年に発表される。この本の中でマリノフスキはクラと呼ばれる島と島の間で行われる財貨(腕輪や首飾り)の交易を分析し、クラが経済的な財の交換だけでなく、島と島を結ぶ社会秩序の形成と持続の機能も果たす儀礼的な制度であることを明らかにした。

マリノフスキは晩年にかけて、メキシコオアハカ州サポテカ族の市場から文化的諸関係を研究しようと構想していたが、彼の死去により途絶し、J・デ・ラ・フエンテとの共著のみがのこされた。

脚注[編集]

  1. ^ ロジャー・パルバースのエッセー「八月の二人のポーランド人」
  2. ^ 泉靖一 『西太平洋の遠洋航海者』解説 27頁
  3. ^ A Diary in the Strict Sense of the Term, New York: Harcourt, Brace & World,Inc.1967、邦訳『マリノフスキー日記』(谷口佳子訳、平凡社)は、第1部1914-15年、第2部1917-18年を訳した。

主要な著作[編集]

関連項目[編集]