ブロニスワフ・マリノフスキ (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
男子 陸上競技
1976 モントリオール 3000m障害
1980 モスクワ 3000m障害

ブロニスワフ・マリノフスキ (Bronisław Malinowski、1951年6月4日 - 1981年9月27日)は、ポーランドの元陸上競技選手。1980年モスクワオリンピック3000m障害の金メダリストである。

経歴[編集]

ポーランド人の父とスコットランド人の母の間に生まれた[1]

1970年、19歳で出場したヨーロッパジュニア選手権で優勝、初めて出場した1972年のミュンヘンオリンピックで4位に入賞し、2年後のヨーロッパ選手権では金メダルを獲得した[1]。この大会で銀メダルを獲得した、スウェーデンアンデルス・ヤーデルードとはその後何度も対戦した。ベストタイムでは常にヤーデルードが上回っていたが勝負では相性がよく、ともにさほど強烈なキックはなかったが先行逃げ切り型のヤーデルードを最後に抜き去るというパターンで勝つことが多かった。

モントリオールオリンピックではマリノフスキとヤーデルード、タビオ・カンタネンが3強と目され、それに続くグループが急速に記録を伸ばしてきた日本の小山隆治らだったが、まだ差があると見られていた。レースは速いラップを刻み3強に東独のバウムガルトルが割って入る展開になり最終障害で先行するヤーデルードをバウムガルトルが抜きに行ったところで転倒、ヤーデルードが世界記録で辛くも優勝、わずかに遅れ気味だったマリノフスキは転倒したバウムガルトルを避け銀メダルとなった。

オリンピック後ヤーデルードは引退するが、1978年にはケニアヘンリー・ロノが世界新記録を出しマリノフスキの前に立ちはだかる。それでも、マリノフスキは強豪のロノとの激戦を制し勝利を収めている。同年のヨーロッパ選手権でも優勝した[1]

1980年モスクワオリンピックにマリノフスキは3大会連続出場を果たした。レースでは、タンザニアのフィルバート・バイが2000mを5分20秒4のハイペースで飛ばし、マリノフスキとは30mの大差がついた。2400m手前からマリノフスキはスパートし、残り1周で20m差に迫り、最後の水濠で逆転し、金メダルを獲得した[1]

1981年9月27日、グルジョンツで自動車事故のため亡くなった[2]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 3000m障害 4位 8分28秒0
1974 ヨーロッパ陸上選手権 ローマ(イタリア) 3000m障害 1位 8分15秒04
1975 ユニバーシアード ローマ(イタリア) 3000m障害 1位 8分22秒32
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 3000m障害 2位 8分09秒11
1978 ヨーロッパ陸上選手権 プラハ(チェコスロバキア) 3000m障害 1位 8分15秒08
1980 オリンピック モスクワ(ソビエト連邦) 3000m障害 1位 8分09秒70

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 三千障害物でもポーランド旋風 マリノウスキ 劇的逆転 読売新聞 1980年8月1日夕刊2ページ
  2. ^ Bronislaw MALINOWSKI - Poland - Olympic Steeplechase champion in Moscow”. sporting-heroes.net. 2013年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]