アルフレッド・ラドクリフ=ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・ラドクリフ=ブラウン

アルフレッド・レジナルド・ラドクリフ=ブラウン(Alfred Reginald Radcliffe-Brown, 1881年1月17日 - 1955年10月24日)は、イギリス社会人類学文化人類学者。

イギリス・バーミンガム生まれ。1920年からケープタウン大学で社会人類学の教授を務めた。その後、1925年からシドニー大学、1931年からシカゴ大学で研究した。

フィールドワークの手法を導入したマリノフスキーとともに文化人類学の確立に貢献した。 調査手法に関して貢献したマリノフスキーに対してラドクリフ=ブラウンはデュルケームの社会理論をもとにした構造機能主義理論を提唱し、分析概念としての社会関係と社会構造の概念を明確化した。

著書[編集]

  • 1922年 The Andaman Islanders.
  • 1931年 The social organization of Australian tribes.
  • 1950年 (Ed) African systems of kinship and marriage.
  • 1952年 Structure and function in primative society. 青柳まちこ訳『未開社会における構造と機能』新泉社, 1975年
  • 1958年 Method in social anthropology.

その他の邦訳[編集]

  • 千葉正士編『法人類学入門』弘文堂, 1974年
  • 「中国郷村生活の社会学的調査に対する建議」, 瀬川昌久・西澤治彦編訳『中国文化人類学リーディングス』風響社, 2006年