ブルー・ミッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルー・ミッチェル
(Blue Mitchell)
基本情報
出生名 リチャード・アレン・ミッチェル
(Richard Allen Mitchell)
出生 1930年3月13日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ
死没 1979年5月21日(49歳)
カリフォルニア州ロサンジェルス
ジャンル ジャズ
ハード・バップソウル・ジャズジャズ・ロック
職業 音楽家
担当楽器 トランペット
レーベル リバーサイドブルーノートRCAメインストリーム
共同作業者 ポール・ウィリアムズ
アール・ボスティック
チャック・ウィリス
ホレス・シルヴァー
キャノンボール・アダレー 等々

{{{Influences}}}

ブルー・ミッチェルBlue Mitchell)ことリチャード・アレン・ミッチェル(Richard Allen Mitchell, 1930年3月13日1979年5月21日)は、アメリカ合衆国ジャズトランペット奏者。伸びのあるクリアーな音色ハード・バップ期には人気を集めた。バンドリーダーサイドマンとして、リバーサイドブルー・ノートメインストリームといったレーベルに多くの録音を遺した[1]

略歴[編集]

フロリダ州マイアミの出身。ハイスクールトランペットを始める。「ブルー」というあだ名も当時に遡る[1]。ハイスクールを卒業すると、ポール・ウィリアムズアール・ボスティックチャック・ウィリスらのリズム・アンド・ブルースのバンドで演奏した。マイアミに戻ってからキャノンボール・アダレーに見出され、1958年にアダレーと共演してニューヨークリバーサイド・レコードへの録音に参加した。その後はジュニア・クック(テナー・サクソフォン)やジーン・テイラー(ダブルベース)、ロイ・ブルックス(ドラム)とともに、ホレス・シルヴァー・クィンテットに入団する。1964年にピアニストに新人チック・コリアを、また当時病気中のブルックスに代わってドラマーに若手のアル・フォスターを迎え、クックやテイラーを引き連れて自らのクィンテットを結成してブルーノート・レコードに多数の録音を行なったが、1969年に解散した。その後は1971年までレイ・チャールズの演奏旅行に同行した。

1971年から1973年までジョン・メイオールと共演し、アルバム『ジャズ・ブルース・フュージョン』にも参加した。1970年代半ばからは、ソウルミュージックロックファンクといったジャンルでセッションマンとして録音や演奏に携わり、ルイ・ベルソンビル・ホルマンビル・ベリーのビッグ・バンドや、トニー・ベネットレナ・ホーンらのソリストと共演した。ルー・ドナルドソングラント・グリーンフィリー・ジョー・ジョーンズジャッキー・マクリーンハンク・モブレージョニー・グリフィンアル・コーンデクスター・ゴードンジミー・スミスらのリーダー・アルバムにも参加している。活動の幅を広げる一方で、歿年までテナーサックスのハロルド・ランド・クィンテットと従来のハード・バップ・スタイルの演奏を続けたが、1979年5月にのためにロサンジェルスにて歿。49歳の若さであった。


来日経験があり日野皓正と交流があった。

他の共演者はウィントン・ケリーサム・ジョーンズベニー・ゴルソンアート・ブレイキーポール・チェンバースチック・コリアレオ・ライトジョー・ヘンダーソンハービー・ハンコックハロルド・メイバーンジュリアン・プリースターペッパー・アダムスシダー・ウォルトンマッコイ・タイナー等が挙げられる。

ディスコグラフィ[編集]

  • Big6 (1958) - Riverside
  • Blues on My Mind (1958) - Riverside
  • Out of the Blue (1959) - Riverside
  • Blue Soul (1959) - Riverside
  • Blue's Moods (1960) - Riverside
  • Smooth As the Wind (1960) - Riverside
  • A Sure Thing (1962) - Riverside
  • The Cup Bearers (1962) - Riverside
  • Blue Mitchell (1963) - Mainstream
  • Step Lightly (1963) - Blue Note, Released Later
  • The Thing to Do (1964) - Blue Note
  • Down with It! (1965) - Blue Note
  • Bring It Home to Me (1966) - Blue Note
  • Boss Horn (1966) - Blue Note
  • Heads Up (1967) - Blue Note
  • Collision in Black (1968) - Blue Note
  • Bantu Village (1969) - Blue Note
  • Soul Village (1971) - Mainstream
  • Vital Blue (1972) - Mainstream
  • Blue's Blues (1972) - Mainstream
  • The Last Tango = Blues (1973) - Mainstream
  • Graffiti Blues (1973) - Mainstream
  • Many Shades of Blue (1974) - Mainstream
  • Stratosonic Nuances (1975) - RCA
  • Strato Sonic (1975) - RCA
  • Live [Just Jazz] (1976)
  • Funktion Junction (1976) - RCA
  • True Blue (1976) - Xanadu
  • Funktion (1976) - RCA
  • Last Dance (1977) - JAM
  • African Violet (1977) - ABC
  • Mapanzi (1977) - Concord Jazz
  • Summer Soft (1977) - Impulse!

註釈[編集]

  1. ^ a b Allmusic Biography

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、170-171頁。ISBN 491555709X
  • 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、220,238,263,269,283,291,305,316。ISBN 4915557014

関連項目[編集]