ジョニー・グリフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・グリフィン
}
基本情報
出生 1928年4月24日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
死没 2008年7月25日(満80歳没)
担当楽器 テナーサックスアルトサックス

ジョニー・グリフィンJohnny Griffin, 1928年4月24日 - 2008年7月25日)は、アメリカイリノイ州シカゴ生まれのモダンジャズサックス奏者。

略歴[編集]

1945年頃からライオネル・ハンプトンの楽団などで活動し、以降セロニアス・モンクアート・ブレイキーや他にも多くのミュージシャンらと共演した。

またリーダー作も数多くあり、ブルーノートの『ブローイング・セッション』が有名である。1963年以降は海外に移住して活動を続けていた。

高校で音楽を学び、最初クラリネットを演奏していたが、オーボエに転換し、その後、アルトサックスを演奏するようになる。 高校を卒業して、ライオネル・ハンプトン楽団に入団し、アルトサックスを演奏していたが,ライオネル・ハンプトンの勧めにより、テナーサックスを吹くようになった。2年間従軍した後、シカゴに戻る。その頃、グリフィンはシカゴNO.1テナー声が名高かった。 1957年、アート・ブレイキージャズメッセンジャーズに入団し、セロニアス・モンクとも共演。リーダーとしての最初のアルバムは1956年、ブルーノートでのイントロデューシング・ジョニーグリフィンウィントン・ケリーとマックス・ローチと共演している。1957年には同じテナープレイヤーのジョン・コルトレーンハンク・モブレイと共演したア・ブローイング・セッションブルーノートからリリース。 この時期にグリフィンは西海岸で一番早いテナー奏者として知られていた.

ブルーノートに三枚のアルバムを残したもののレーベルのハウスエンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダーとの折り合いが悪く、リバーサイド・レコードへ移籍することとなる。

その後、活動の場をヨーロッパへと移し、1963年にはフランスへ、1978年にはオランダへと移住した。60、70年代はアメリカのジャズミュージシャンがヨーロッパに遠征する際にはこぞってサックスプレイヤーにはグリフィンを、と指名した。

2008年フランスにて心臓発作により死去。80歳であった。