アート・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アート・テイラー
基本情報
出生 1929年4月6日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没 1995年2月6日(満65歳没)
ジャンル ハード・バップ
担当楽器 ドラム、パーカッション

アート・テイラーArt Taylor)ことアーサー・テイラー・ジュニア(Arthur S. Taylor, Jr., 1929年4月6日1995年2月6日[1])は、アメリカ合衆国ハード・バップジャズドラマーおよびパーカッション奏者。ニューヨーク生まれ[1]。ハード・バップやジャズの完成に貢献した[1]

ハーレムにおいてソニー・ロリンズジャッキー・マクリーンと活動を共にし、1948年ハワード・マクギー楽団とともに初舞台を踏んだ。 引き続いてコールマン・ホーキンス(1950年-51年)バディ・デフランコ(1952年)バド・パウエル[1] (1953年、1955-57年)アート・ファーマー(1954年-55年)ジョージ・ウォーリントン(1954年-56年)ジョン・コルトレーン[1]と共演している。その後は自身の楽団「テイラーズ・ウェイラーズ(Taylor's Wailers)」を率いてセロニアス・モンクマイルス・デイヴィスと共演した。1957年には、ケニー・ドーハム・カルテットの初代メンバーとなっている。1958年ドナルド・バードボビー・ジャスパーと演奏旅行を行なった。

1963年に渡欧して、その後20年間を主にフランスに(1970年からはベルギーに)逗留し、地元のグループや、訪欧中のデクスター・ゴードンジョニー・グリフィンと共演した。1982年に、ミュージシャン仲間とのインタビューや対話から、著書『音符と音(英語: Notes and Tones: Musician -To Musician Interviews)』を書き上げた。1990年代に米国に帰国するとフリーランスのミュージシャンとして活動を続け、1993年に「ウェイラーズ」を再結成した。

テイラーは30年以上にわたって録音活動に携わり、自身のリーダー・アルバムを、ヴァーヴブルー・ノートプレスティッジといったレーベルから発表している。

1995年2月6日逝去、65歳[1]。死因は不明[1]。少し前にジミー・スミスと新アルバムを完成させたばかりだった[1]

同世代のモダンジャズドラマーのフィリー・ジョー・ジョーンズとスタイルが酷似している。と 書かれているが間違いである。 アート・テイラーのスタイルは主にアート・ブレイキーに影響を受けたスタイル、フレーズを 使用している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 朝日新聞大阪版 1995年2月8日 27面。

外部リンク[編集]