フランス国鉄TGV Atlantique

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス国鉄TGV Atlantique
TGV Atlantique 第342編成(2006年8月、モンパルナス駅)
TGV Atlantique 第342編成(2006年8月、モンパルナス駅)
編成 12両編成
M(動力車)+ 10T(客車) + M(動力車)
営業最高速度 300 km/h
編成定員 485人(一等車116人、二等車369人)
編成長 237,590mm
全長 客車18,700 mm
全幅 2,904 mm
全高 客車3,420 mm
編成質量 444t(積車484t)
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 50Hz
直流1,500V
架空電車線方式
編成出力 交流25,000V区間 8,800kW
直流1,500V区間 3,600kW
主電動機 交流同期電動機
主電動機出力 交流25,000V区間 1,100kW
駆動装置 トリポード可撓継手
制御装置 VVVFインバータ制御
GTOサイリスタ素子
制動方式 電磁自動空気ブレーキ発電ブレーキ
保安装置 LGV区間 TVM
在来線区間 KVB
製造メーカー アルストム

フランス国鉄TGV Atlantique (: SNCF TGV AtlantiqueTGV-A) はフランス国鉄 (SNCF) の動力集中方式高速鉄道車両1988年から1992年にかけてアルストムで製造された。LGV大西洋線の開業に際して開発され、TGV Sud-Estに続くTGVの第二世代にあたる。1989年に世界初の時速300Km/hでの営業運転を開始した。

構造・機器[編集]

Atlantique編成(24000形)は両端2両の動力車と中間10両の連接客車で組成され、編成長は237.59m、空車時の編成重量は444tである。交流25,000V50Hz直流1,500Vの2電源に対応する。

動力車はTGV Sud-Estの意匠を受け継いでいるが、上部前照灯のある前頭部分がなだらかなカーブを描く形に改められている。

主電動機はSud-Est編成では直流電動機を使用していたが、Atlantique編成では交流同期電動機を採用した。電動機1基当たりの定格出力もSud-Est編成の537.5kWから1,100kWに増強された。この結果、編成中の主電動機は動力車のみ計8基搭載となり、交流25,000V区間の定格編成出力は8,800kWである。主電動機の制御方式はGTOサイリスタ素子によるVVVFインバータである。

中間の客車の台車は軸箱支持機構がSud-Est編成の筒型ゴム式からコイルバネを使用した軸梁式に変更され、枕ばねもコイルバネから空気バネに変更された。これらは以後登場するTGV編成にも踏襲されている。

ブレーキシステムはSud-Est編成と同一の発電ブレーキ併用電磁自動空気ブレーキであり、台車には踏面ブレーキディスクブレーキが装備されている。

パンタグラフは、摺り板をダンパで支えることにより架線の微細な上下動を吸収し、高速走行時の架線に対する追随性と集電性能を向上させた改良型の、GPU型一本マスト・シングルアームパンタグラフに、交流用・直流用ともに改められ、Sud-Est編成の交流用パンタグラフに採用されたダブルアクションAMDE型は採用されていない。

Sud-Est編成が運用されるLGV南東線の最急勾配35に対しLGV大西洋線の最急勾配は15を標準としていることと、Sud-Est編成より出力が増強されたことから、客車はSud-Est編成より2両多い10両とされ、一等車 (Première classe) 3両、二等車 (Seconde classe) 6両、二等座席とバーの合造車1両で構成される。車体幅はSud-Est編成の2,814mmから2,904mmに拡大されている。編成定員は更新前のSud-Est編成が368人であるのに対し、Atlantique編成は485人となっている。

車体塗装はSud-Est編成がオレンジを地色としたのに対して、Atlantique編成ではシルバーメタリック地に窓周りに白い縁取りの青帯を配し、一等車・二等車・バー合造二等車のグレード毎に異なる3色のアクセントラインを配する。この塗装が以後のTGVの標準色とされ、Sud-Est編成についても更新修繕時に塗装変更された。なお、Atlantique編成のうち1本は落成後に白地(下回りはグレー)塗装に変更されたが、程なく白はシルバーメタリック地に改められている。「日本の新幹線に酷似している」という指摘が一部であったという。

配置[編集]

2009年5月時点では、編成番号301 - 405の105本すべてがLGV大西洋線モンパルナス - マッシーTGV間のパリメトロ13号線シャティヨン=モンルージュ駅近くに立地するアトランティック車両基地 (Technicentre Atlantique) に配置されている。LGV大西洋線系統の列車のほか、LGV大西洋線からLGV南東線・LGV東連絡線方面へ直通する列車にも運用されている。

第325編成は、1990年5月18日に開業前のLGV大西洋線クールタラン分岐点 - トゥール間支線において当時の鉄輪式における世界最高速度515.3km/hヴァンドーム付近の下り勾配で記録している。この試験走行に際し動力車は車輪径が一回り大きいものに交換され、パンタグラフはカバーで覆い、中間客車は3両に減車され、編成重量も250tまで減らした上で空気抵抗やブレーキなどさまざまな改良が施され、500km/hの速度域に対応した特別編成とされた。当該編成の動力車前頭部分には青いストライプと記録達成の日時、速度がペイントされ、一般運用に就いている。

参考文献[編集]

  • 佐藤芳彦『図解TGV VS. 新幹線』講談社、2008年
  • 佐藤芳彦「世界の高速鉄道 フランスTGV その2」『鉄道ファン』2007年9月号(通巻557号)、交友社、pp133 - 134

関連項目[編集]