LGVペルピニャン-フィゲラス線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LGV Perpignan - Figueras
LGVペルピニャン-フィゲラス線の路線図
路線総延長 44 km
軌間 1,435 mm
電圧 25 kV, 50 Hz(交流
最大勾配 12 パーミル
最高速度 350 km/h
ムガ(Muga)橋梁
建設中のフィゲラス=ビラファント駅(Estació-Figueres-Vilafant)

LGVペルピニャン-フィゲラス線: LGV Perpignan-Figueres)はフランススペインを結ぶ高速鉄道路線である。当路線は国境を挟みフランス、ルシヨン地方ピレネー=オリアンタル県ペルピニャンとスペイン、カタルーニャ州フィゲラス間44.4kmを結ぶ路線でペルトゥス峠(Perthus)に位置する全長8.3kmのペルトゥストンネル内で国境を越える。[1]2010年12月19日の冬期ダイヤよりパリよりペルピニャン経由でフィゲラスまでのTGVの運行が開始された。

歴史[編集]

建設契約は2004年2月17日にフランスの建設会社エファージュフランス語版とスペインのゼネコンドラガドス(Dragados)の共同企業体(JV)である TP Ferro consortiumに与えられた[1]。JVは当路線の建設を約11億ユーロで請負、53年間にわたる運営を行う予定である[2]欧州連合、フランス政府、スペイン政府からの分担による交付金は5億4千万ユーロであった。試運転は2008年11月から開始され、西仏国際間の公式の開業は2009年2月17日であったがフィゲラス側の駅の開業を待って2010年12月まで営業運転は開始されず、12月19日のダイヤ改正をもって営業運行を開始した。[3][4][5][6]

路線データ[編集]

軌間は他のLGV路線と同様の標準軌で、電化方式は交流25kv50Hzでフランスとスペイン両国の高速鉄道網を直結する役割を担っている[7] [7]。当路線は高速列車TGVAVEと貨物列車の両方の混合走行が計画されているため、最大勾配は1.2%である。スペインでは広軌(イベリアゲージ)が広く採用されていることから、当路線を介することによって旅客、貨物共に軌間変更の必要が無くなり速達化が図られる[8] 。西仏間では他にフランスの大西洋岸とスペインのバスク地方やウエスカ方面からの連絡も検討されている。

フィゲラス=ビラファント駅[編集]

当路線はフィゲラスの西側を経由し新駅がビラファント地区に設けられた[3]。計画では既存の路線を迂回させローカル列車を新駅にも乗り入れさせることが出来、既存の町の中心部に近い駅に連絡することが可能である[9]

営業運転[編集]

2010年12月19日以降、フィゲラスは暫定的な終着駅としてパリよりLGV地中海線経由でTGVが乗り入れている[10]バルセロナ方面への連絡はレンフェの在来線によって行われている[11]。パリ、フィゲラス間の所要時間は5時間30分程度、バルセロナまでは7時間30分程度となっている。

将来計画[編集]

バルセロナ、フィゲラス間は、軌間可変後イベリアゲージのままの連絡される[12]マドリード-バルセロナ高速線がバルセロナからフィゲラスへ延長される予定で2012年[11] にはジローナ、バルセロナ間、パリ、バルセロナ間[12] の運行が開始される予定である。列車の高速化によって、マドリードからペルピニャン、リヨンからバルセロナ等が4時間以下になる計画がある他[13] 、フランスの在来線を利用しペルピニャン、モンペリエの運行も計画される。新たに製造される車両製造費は3億ユーロとされる.[14]2010年5月7日ニームモンペリエ間のパイパスルートの入札が開始されると発表された。ニーム、モンペリエ間のバイパスルートはスペインの高速鉄道網とLGV地中海線を接続する最初の段階で、この路線は貨物列車と高速列車の両方が利用する。開業は2016年以降を予定している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Perpignan Figueras High-speed Rail Line”. Structurae. 2009年1月30日閲覧。
  2. ^ “Perpignan - Figueres concession extended”. Railway Gazette. (2009年11月24日). http://www.railwaygazette.com/nc/news/single-view/view/perpignan-figueres-concession-extended.html 2010年12月1日閲覧。 
  3. ^ a b “La ligne TGV Perpignan-Figueres livrée dans 10 jours, pour rien” (French). La Clau. (2008年2月4日). http://www.la-clau.net/noticia/la-ligne-tgv-perpignan-figueres-livree-dans-10-jours-pour-rien-1781 2009年2月8日閲覧。 
  4. ^ “Interrogations sur les tarifs du TGV Perpignan-Figueres” (French). La Clau. (2008年10月10日). http://www.la-clau.net/noticia/interrogations-sur-les-tarifs-du-tgv-perpignan-figueres-1094 2009年1月30日閲覧。 
  5. ^ “Tunnel with no trains”. Railway Gazette International. (2009年4月15日). http://www.railwaygazette.com/news/single-view/view//tunnel-with-no-trains.html 2009年5月20日閲覧。 
  6. ^ “Le TGV relie désormais la France et l'Espagne” (french). RTL.fr. (2010年12月19日). http://www.rtl.fr/actualites/vie-pratique/article/le-tgv-relie-desormais-la-france-et-l-espagne-7644241537 
  7. ^ a b Perpignan-Figueres Cross-Border Railway, France”. 2009年1月30日閲覧。
  8. ^ La ligne TVG de Perpignan” (French). 2009年1月30日閲覧。
  9. ^ Plans for Figurers Vilafant Station (PDF)” (Spanish). El Periódico de Catalunya. 2009年1月30日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ La gare TGV temporaire de Figueres sera prête en 2010” (French). La Clau (2009年2月26日). 2009年5月9日閲覧。
  11. ^ a b Le TGV Perpignan-Girona, promis pour fin 2012” (French). laclau (2010年3月26日). 2010年7月14日閲覧。
  12. ^ a b “TGV Tickets to Figueres on sale”. Railway Gazette International. (2010年11月24日). http://www.railwaygazette.com/nc/news/single-view/view/tgv-tickets-to-figueres-on-sale.html 
  13. ^ A Lyon en AVE a partir de 2012” (Spanish). El País (2009年4月24日). 2009年5月9日閲覧。
  14. ^ Railway Herald issue 205: p. 25. (2009年12月14日). [1] 

関連項目[編集]