フェーマルン・ベルト橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
計画中のフェーマルン・ベルト橋の地図

フェーマルン・ベルト橋デンマーク語:Femern Bælt-forbindelsen、ドイツ語:Fehmarnbelt-Querung)はバルト海フェーマルン・ベルト海峡を跨いで、ドイツフェーマルン島デンマークロラン島を結ぶ予定の計画中の鉄道道路併用橋)。[1]。総事業費は約56億ユーロ[2]

概要[編集]

完成すると、ハンブルクコペンハーゲン間を約3時間で往来可能となる。当初は、2018年完成予定だったが、計画は遅延中。2011年現在、橋梁の代替工法として海底トンネル案も検討されている[3]。 

特徴[編集]

橋は全長約19kmの斜張橋として建設予定である。スパン(支柱間)は3つで、それぞれ724mとされる。4本の塔の高さは約280m。バルト海を航行する大きな船舶を考慮し、海面からの桁の高さは65mとなる予定。4車線の道路の下に複線の鉄道が通る形である。

脚注[編集]

  1. ^ Multi billion euro Denmark/Germany bridge link trend-news
  2. ^ [1]
  3. ^ 日経コンストラクション2011.2.14号p26

関連項目[編集]

外部リンク[編集]