沈埋トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

沈埋トンネル(ちんまいトンネル)は、あらかじめ海底に溝を掘っておき、そこにケーソン(沈埋函)を沈めて土をかぶせる、沈埋工法で作られたトンネル。海底にトンネルを作る際開削・シールドトンネルよりも浅く、短距離にトンネルを作ることができる。

工法[編集]

  1. ケーソン製作 ケーソンを地上で構築する
  2. 基礎工事 ケーソンを設置する部分に平らな穴を掘っておく(海中)
  3. 曳航 両端をバルクヘッドという蓋で閉塞して浮上後、で目的の位置まで牽引する。
  4. 埋設・埋め戻し アンカーワイヤーで位置を調整をしながら、所定の位置に設置する。
  5. 内部構築 内部の仕切り壁などを構築する。
  6. 完成 側部と上部を埋戻して完成

おもな沈埋トンネル[編集]

道路トンネル
鉄道トンネル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]