フェーマルン・ベルト海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェーマルン・ベルト海峡
ロラン島
フェーマルン・ベルト海峡
フェーマルン島

座標: 北緯54度34分 東経11度17分 / 北緯54.567度 東経11.283度 / 54.567; 11.283 フェーマルン・ベルト海峡(デンマーク語:Femern Bælt)はデンマークロラン島ドイツフェーマルン島との間にある海峡

概要[編集]

キール湾メクレンブルク湾を結ぶものであり、キール運河大ベルト海峡を通じて、北海バルト海を結ぶ主要航路の一つとなっている。海峡幅は約9kmで水深は約20-30m。横断航路にはフェリーが運航されている。

横断橋、横断トンネル構想[編集]

2000年代に横断橋(フェーマルン・ベルト橋)の構想が具体化。2018年の完成を目指して計画が立てられたが、その後、沈埋トンネルによる海底トンネル案も浮上。2011年中にどちらかを選択し、2014年までに発注する予定。橋の場合は6年の工期で事業費52億ユーロ、トンネルの場合は工期6年半で事業費51億ユーロが見込まれている[1]。 

出典[編集]

  1. ^ 日経コンストラクション2011.2.14号p26
Northern-Europe-map-extended.png この「フェーマルン・ベルト海峡」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ