キール運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キール運河
{{{alt}}}
キール運河の位置
建設開始 1887年
完成 1895年
閘門 0
状態 開業中
テンプレートを表示
キール運河の閘門

キール運河(キールうんが、ドイツ語Kiel‐Kanal)は、ユトランド半島を根元のドイツ北部シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で横断し、北海バルト海を繋ぐ運河。正式名称は北海バルト海運河Nord‐Ostsee‐Kanal)。

長さ98 km、幅102 m、水深11 mである。北海とバルト海の海面の間に高度差は少ないが、潮の満ち干に対応するための閘門(こうもん)が運河の両端にある。


外部リンク[編集]

キール運河

Northern-Europe-map-extended.png この「キール運河」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ