アイダー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイダー川
アイダー川 2004年7月12日撮影
延長 188 km
平均流量 6.5 /s
水源 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州
河口・合流先 北海
流域 ドイツの旗 ドイツ
テンプレートを表示

アイダー川: Eider: Ejderen: Egdor or Egdore)は、ドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で最長のである。水源はBordesholmの近郊で、バルト海沿岸キールの南西郊外で西に流れを変え、北海に注ぐ。アイダー川の中流部を利用してキール運河が設けられている[1]

アイダー川は、Bordesholm、キールレンツブルクフリードリヒシュタットテニングの町を流れ、テニング近郊で北海に注ぐ。河口に形成された三角江には干潟汽水域があり、河口には防潮水門が設けられている。

中世初期には、アイダー川がゲルマン系のジュート人アングル人の境界になっていたものと考えられている。彼らはサクソン人と共にこの地域から北海を越えてブリテン島に渡った。1076年ブレーメンのアダムによる記録では、中世盛期にはアイダー川がサクソン人デーン人の境界になっていた。また、何世紀もの間、デンマーク神聖ローマ帝国の境界にもなっていた[2]。現在は、ドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の北部と南部、シュレースヴィヒホルシュタインの境界になっている。

出典[編集]

  1. ^ The History of the City of Kiel, 1243 - 1945”. British Kiel Yacht Club. 2006年3月16日閲覧。
  2. ^ Lawson, M.K. (1993). Cnut, The Danes in England in the Early Eleventh Century. New York: Longman. ISBN 0-582-05969-0. 

座標: 北緯54度08分18秒 東経10度07分38秒 / 北緯54.13833度 東経10.12722度 / 54.13833; 10.12722