カラクーム運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カラクーム運河(Qaraqum Canal, Karakumsky Kanal)は、トルクメニスタンにある世界最大の灌漑および水道用の運河である。

1954年に建設が開始され、1959年に運用開始、1986年に現在運用されている部分が完成した[1]。この運河は 1,375 km 以上に渡り航行可能であり、年間 13 km³ の水をアムダリヤ川から取水してトルクメニスタンのカラクム砂漠を横断している (アムダリヤ川の水量の25%[2])。アシガバードの主要な給水源となっている。

ソビエト連邦は、この運河によって棉花モノカルチャー大農場の建設を推進し、「砂漠を緑豊かな農地に変えた『社会主義の勝利』である」として喧伝した。しかし、運河は原始的な工法(手掘りで、河床の防水対策がなされていない)で構築されており、流れ込んだ水の半分が灌漑目的地に至る前に失われる構造となっていたことから、地下水位の上昇により大規模な塩害を引き起こした。スターリンの死後、運河の建設計画はほとんど破棄状態になり[2]、またいったん開発された農地も、この塩害により現在では広範囲にわたって放棄されてしまっている。

さらに、アラル海の縮小という地球規模の環境破壊の主要因ともなってしまっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 地田, 2009.
  2. ^ a b Kharin, 2002

参考文献[編集]

  • 地田徹朗, "戦後スターリン期トルクメニスタンにおける運河建設計画とアラル海問題", スラヴ研究, 56:1-36 (2009).
  • Nikolaĭ Gavrilovich Kharin, "Vegetation Degradation in Central Asia Under the Impact of Human Activities". Pp. 56-58. Springer, 2002. ISBN 1-4020-0397-8. On Google Books

外部リンク[編集]