水斜面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Montech水斜面

水斜面は、運河勾配面のひとつ。ある高さの河川運河からもうひとつの高さの運河か河川へを運ぶ。

運用[編集]

19世紀終了にドイツの技師、ユリウス・グレーフェ(Julius Greve)が発明し、1970年にフランスの技師、ジャン・オベール(Jean Aubert)によって実用化された勾配水路の移動水門を用いる。上昇するには、水門を開け船をコンクリート水路に入れる。水門を水路の底で閉め、隙間を詰め船が浮いている水を水路の中で閉じる。可動式の水門が持ち上げられて水を押し上げ、水路の上側の水面に達する。上側の水面と平衡したら船は自由になる[1]。下降する場合は、上昇の逆である。

水斜面の用いられている場所[編集]

フランスの南に2つの水斜面がある。Montech水斜面(Pente d'eau de Montech)はガロンヌ運河(Canal de Garonne)にある。フォンセランヌ水斜面(Pente d'eau de Fonsérannes)は、ミディ運河ベジエ近くにある。しかし、これは、商業交通のために造られあまりにも巨大であるため何年も使われていない。

参考[編集]

読み物[編集]

  • Tew, David (1984). Canal Inclines and Lifts. Sutton Books. ISBN 0-8629-9031-9. 
  • Uhlemann, Hans-Joachim (2002). Canal lifts and inclines of the world (English Translation ed.). Internat. ISBN 0-9543-1811-0. 

文献[編集]

  1. ^ Hans-Joachim Uhlemann. Canal Lifts and Inclines of the World. 

座標: 北緯43度19分49秒 東経3度12分04秒 / 北緯43.33028度 東経3.20111度 / 43.33028; 3.20111