フュン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フュン島の位置
フュン島にあるイーエスコウ城(da:Egeskov Sloten:Egeskov Castle

フュン島デンマーク語:Fyn)は、デンマークの中央部にある。面積は2,984 km²でグリーンランドとその属島を除くとデンマークで3番目に広い。人口は447,000人(2006年)。

中心都市は島の中央部にあるデンマーク第3の都市オーデンセで、童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの出身地として有名。少年期の14年を過ごした家も残っており、アンデルセンの家という名のついた博物館もある[1]

フュン島は周辺の島を併せてフュン県を構成していたが、2007年の自治体再編により南デンマーク地域(Region Syddanmark)に属する。

フュン島と首都コペンハーゲンのあるシェラン島とは大ベルト海峡で隔てられている。1998年に完成した大ベルト橋は、海峡の中にあるスプロウエ島デンマーク語版を間に挟んだ西橋と東橋からなり、東橋は主スパン長1624mで、世界第2位の長さの吊り橋である。

フュン島とユトランド半島の間には小ベルト海峡があり、2本の橋で結ばれており、南のトーシンエ島との間にも橋がある。

島の東部の小さな村ヘスルエーヤに約370立方メートル、1000トン余の大石が存在し、「姥石」(うばいし)と呼ばれている。その大石は周囲の土壌とまったく関係ない花崗岩である。氷河に押し流された捨て子石とか迷子石とか言われるものの一種であることは確かである[2]。  

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木雅子「ぶらりデンマーク」/ 村井誠人編著 『デンマークを知るための68章』 明石書店 2009年 37ページ
  2. ^ 村井誠人「デンマークの地勢」/ 村井誠人編著 『デンマークを知るための68章』 明石書店 2009年 17ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「フュン島」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ