フィラデルフィア (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Philadelphia (CL-41).jpg
艦歴
発注
起工 1935年5月28日
進水 1936年11月17日
就役 1937年9月23日
退役 1947年2月3日
その後 1951年にブラジルに売却
除籍 1951年1月9日
性能諸元
排水量 9,700 トン
全長 608 ft 4 in
全幅 61 ft 9 in
吃水 19 ft 5 in
機関 水管罐8基 100,000馬力
蒸気タービン4基, 4軸推進
最大速 32.5ノット
乗員 士官、兵員868名
兵装 6インチ砲15門
5インチ砲8門
40mm砲20門
20mm砲10門
搭載機 4機

フィラデルフィア (USS Philadelphia, CL-41) は、アメリカ海軍軽巡洋艦ブルックリン級軽巡洋艦の1隻。艦名はペンシルベニア州フィラデルフィアに因む。その名を持つ艦としては5隻目。

艦歴[編集]

フィラデルフィアは1935年5月28日にペンシルベニア州フィラデルフィアフィラデルフィア海軍工廠で起工した。1936年11月17日にジョージ・H・アール夫人(ペンシルベニア州のファーストレディ)によって命名、進水し、1937年9月23日に艦長ジュールズ・ジェームズ大佐の指揮下就役した。

艤装が完了するとフィラデルフィアはメイン州沿岸で公試を行い、その後1938年1月3日にフィラデルフィア海軍工廠を出航し西インド諸島での整調に向かった。



フィラデルフィアはフィラデルフィア海軍工廠でオーバーホールを受け、西インド諸島で回復訓練を行った後1945年6月4日にバージニア州ノーフォークに帰還した。7月7日にベルギーアントウェルペンに向けて出航し、トルーマン大統領とその一行が乗艦したオーガスタ (USS Augusta, CA-31) の護衛任務に就く。一行の中にはジェームズ・バーンズ国務長官およびウィリアム・リーヒ元帥も含まれた。アントウェルペンには7月15日に到着し、大統領はオーガスタを下艦しポツダム会談に出席するため飛行機に乗った。会談の終了前にフィラデルフィアはプリマスに移動し、大統領の帰還に備えて待機した。

1945年8月2日、フィラデルフィアはジョージ6世乗艦の栄誉を受ける。ジョージ6世はオーガスタに乗艦するトルーマン大統領を訪問したのであった、フィラデルフィアは同日出航し、8月7日にノーフォークに到着した。

9月6日、サウサンプトンに向けてナラガンセット湾を出航し、9月25日に元ドイツ客船オイローパの護衛として帰還した。ナラガンセット湾およびチェサピーク湾での活動後、1945年10月26日にフィラデルフィアに到着する。11月14日にはフランスル・アーヴルに向けて出航し、同地で陸軍の帰還兵を乗せ11月29日にニューヨークに到着した。フィラデルフィアはその後も「魔法の絨毯」任務を継続し、ニューヨークを12月5日に出航、25日に帰還した。1946年1月9日に不活性化のためフィラデルフィア海軍工廠に到着した。

フィラデルフィアは1947年2月3日にフィラデルフィア海軍工廠で退役し、1951年1月9日に除籍された。その後相互防衛援助計画の下ブラジル政府に売却された。ブラジル海軍ではバローゾ (Barroso, C-11) の艦名で就役し、1973年に廃棄された。

フィラデルフィアは第二次世界大戦の戦功で5個の従軍星章を受章した。

外部リンク[編集]