ピースメーカー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピースメーカー
The Peacemaker
監督 ミミ・レダー
脚本 マイケル・シファー
製作 ブランコ・ラスティグ
ウォルター・F・パークス
製作総指揮 マイケル・グリロ
ローリー・マクドナルド
出演者 ジョージ・クルーニー
ニコール・キッドマン
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ディートリッヒ・ローマン
編集 デヴィッド・ローゼンブルーム
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年9月26日
日本の旗 1998年1月15日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $110,463,140[1]
テンプレートを表示

ピースメーカー』(The Peacemaker)は、1997年製作のアメリカ映画ジョージ・クルーニー主演。ロシアにおいて解体されるはずの核兵器テロリストにより奪われ、それを取り返す米軍人と原子力科学者の活躍を描いた作品。

ストーリー[編集]

STARTに基づきロシアから解体される予定の核弾頭10発が盗み出され、そのうちの1発が爆発した。核爆発を確認したアメリカは、ケリー博士(ニコール・キッドマン)ら専門家を招集、統合参謀本部第2部ロシア担当情報参謀のデヴォー中佐(ジョージ・クルーニー)はウィーンで輸送に使ったトラックの足取りを掴む。目的地はコンピュータに記載された謎の記号「44E」。

その頃、ボスニアでは外交官のデューサン(マーセル・ユーレス)が国連に派遣されることが決定された。一方、監視衛星でトラックを捉えたデヴォーは核弾頭8発の回収に成功する。残りの1発はデューサンの手に渡り、外交官の荷物として無診査でニューヨークに持ち込まれた。犯行後に公表されるはずのIFOR宛てのビデオを観たケリーは、デューサンの言葉や背景から記号「44E」が緯度44度線上のサラエボではなく国連ビルのある東44丁目(マンハッタン)のことであると断定し、大統領から与えられた権限により、ニューヨークを厳戒態勢に指定、大都市ニューヨークを舞台に「核爆弾を背負ったバックパッカーを探す」と呼ばれる大捕り物を行うことに。

放射線探知機を便りにその行方を追うデヴォーとケリーは、ついにデューサンを発見する。ユーゴ紛争で故郷を破壊した「ピースメーカー」への怒りと悲しみに満ちた復讐を誓うデューサン、そしてデヴォーとケリーはニューヨークを破壊する核弾頭を持込に成功したデューサンを探し出し追い詰めるが、逮捕寸前に自殺されてしまう。

しかしながら、核爆弾の時限式起爆装置は作動されており、なんとか核兵器としての機能は発揮できないようにしたが結果的に爆発させ汚い爆弾として放射性物質を拡散させてしまうことになる[2]。しかしながら、ストーリーにおいては被爆の後遺症等の問題は描写されることなく、二人の健康な姿を映し出してハッピーエンドになっている[3]

なお題名の「ピースメーカー」は「Peace Keeper」という言葉でもう一人の主人公であるデューサン・ガブリックにとっては、「平和を気取る偽善者」と言う意味合い(IFOR宛てのビデオメッセージ)で皮肉なレトリックとして米国自身や西側諸国を描いている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 TBS
トム・デヴォー(米陸軍中佐) ジョージ・クルーニー 小山力也
ジュリア・ケリー(原子力科学者) ニコール・キッドマン 佐々木優子 田中敦子
デューサン・ガブリック マーセル・ユーレス 山野史人 小林尚臣
アレクサンドル・コドルフ(ロシア軍将軍) アレクサンダー・バルエフ 麦人 石塚運昇
ブラド・ミリック レネ・メドヴェセク 納谷六朗 楠大典
ディミトリ(SVR幹部) アーミン・ミューラー=スタール 上田敏也 佐々木梅治
その他の声の出演:手塚秀彰たかお鷹松本保典佐藤祐四沢田敏子唐沢潤伊藤和晃堀部隆一田原アルノ千田光男檀臣幸大滝寛柳沢栄治伊井篤史佐藤ゆうこ藤原美央子永井誠下山吉光
日本語版制作スタッフ:制作:東北新社 、演出:蕨南勝之、翻訳:木原たけし、効果:リレーション、調整:荒井孝、宣伝:坂本あかり、編集協力:IMAGICA、秋葉武弘

アクションシーンと演出について[編集]

ジョージ・クルーニーの運転でニコール・キッドマンが同乗した当時最新モデルのW140メルセデスベンツSクラス(シルバー)での派手なカーアクションが見せ場のひとつであり、メルセデスSクラスのパワーと頑丈さを印象付ける作品となっている。このベンツは、デヴォー中佐(ジョージ・クルーニー)の友人ディミトリのロシア大使館員の車の設定で、防弾ガラス仕様。銃を乱射しながら追撃してくるBMW520(ブラック)3台とウィーンの市街地を舞台にカーチェイスを繰り広げる。

また弾頭奪還のためトルコからロシア領に侵入する過程でデヴォーがコドルフを引っ掛ける中で、1991年湾岸戦争のCNNで報道されたミサイルによる精密攻撃の動画を連想させるやり取りも観られる。

なおロシア領に侵入し8発の弾頭を奪還したヘリ3機(1機は被撃墜)はスクリーン上ではHH-65となっているが、実際には米陸軍の装備品ではなく沿岸警備隊の装備であり、通常ならばUH-60が運用されるはずである。

「スター起用の戦争アクション」ということで、監督や監修は見栄えやアクションシーンを良くするため、細かな設定(上記の装備品の違いや、国際都市であるウィーンで派手な準軍事行動を起こし放置する,まだ生きている負傷者に止めを刺し、それが問題とならない,衛星画像が「車のナンバーが読める」ほど低仰角の設定になっている,また車のナンバーを読めるほどの解像力が軍事衛星にあるのかなど)の点では現実とは異なる矛盾が多々見受けられる。また最初のロシアの特殊部隊の隊員の暗視ゴーグルが赤い光を発しており、自らの位置を他者に知らせることになり暗視装置を使うことが意味を成していないなどの不可思議な問題も指摘されている。

注釈[編集]

  1. ^ a b The Peacemaker” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月30日閲覧。
  2. ^ 但し容器が爆風に耐えられるものであったならば放射性物質の拡散は起こらないがその点についての説明はない。
  3. ^ トータル・フィアーズ』でも同様の描写がなされている。

外部リンク[編集]