ゴラン・ヴィシュニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴラン・ヴィシュニック
Goran Višnjić
Goran Višnjić
2012年撮影
生年月日 1972年9月9日(42歳)
出生地 シベニク
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
配偶者 Ivana Vrdoljak (1999-)
主な作品
ER緊急救命室

ゴラン・ヴィシュニック(ヴィシュニッチ、Goran Visnjic, Goran Višnjić, 1972年9月9日 - )は、クロアチアシベニク出身の俳優である。

経歴[編集]

子供の頃から役者を志し、16歳で映画に初出演する。しかしユーゴスラビア紛争の勃発で、18歳のときはユーゴスラビア人民軍(Yugoslav People's Army)に1年間入隊し、戦線に立つ。その後シベニクに戻り、クロアチア軍に参加した。

除隊後にザグレブに移り演技を学び、『ハムレット』など多くの舞台に立って高い評価を得た。

その後ハリウッドに渡り、マイケル・ウィンターボトムの『ウェルカム・トゥ・サラエボ』やミミ・レダーの『ピースメーカー』などに出演。また、1998年にはマドンナのミュージックビデオ『the power of good-bye』にも彼氏役で出演している。1999年には人気シリーズ『ER緊急救命室』に抜擢された。『ER』ではジョージ・クルーニーと入替の形でレギュラー出演。(前述の『ピースメーカー』では、ジョージ・クルーニー演じる主人公が乗るトラックを査察する、クロアチアの兵士を演じていて、クルーニーと一瞬の共演を果たす。)ボスニア紛争で妻子を亡くしてアメリカに渡ってきたクロアチア人医師、ルカ・コバッチュを『ER』最終話まで演じ、ノア・ワイリー降板後はトップクレジットに出されるようになった。『ER』でもクロアチア語を時々話すため アビー役のモーラ・ティアニーからWhat? (何?)と聞かれるシーンがある。 2002年米雑誌『Star』で『ハリウッドセクシー100人』の2位に選ばれている。

007シリーズの6代目ジェームズ・ボンド選考の際には候補の一人として名が挙がっていた[1]

現在はカリフォルニア州在住だが、クロアチアの映画にも時々出演している。

私生活[編集]

1999年に彫刻家のイヴァナ・ヴィシュニック(映画監督のAntun Vrdoljakの娘)と結婚。2007年4月に男の子(2007年4月19日生まれ)を養子に迎えている[2]。2011年7月には代理母を通して息子が生まれている[3]。なお、クロアチア在住時にクロアチア人女性との間に娘がおり、2007年に娘として認知し月1800ドルの養育費を支払うことで同意したと報じられた[4]

また、動物愛護活動に熱心で、PETAの毛皮反対キャンペーンに参加したこともある。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 テロリスト・ゲーム2/危険な標的
Night Watch
テレビ映画
1997 ウェルカム・トゥ・サラエボ
Welcome to Sarajevo
リスト
ピースメーカー
The Peacemaker
1998 ラウンダーズ
Rounders
モーリス
プラクティカル・マジック
Practical Magic
ジミー・アンジェロフ
ザ パワー オブ グッバイ
the power of good-bye
2000 ノン・ストップ・ガール
Committed
ニール
2001 ディープ・エンド
The Deep End
アレック・スペラ
最後の陰謀
Posljednja volja
Bepo Stambuk 出演・共同製作
2002 マインド・ゲート 監禁少女のSOS
Doctor Sleep
マイケル
アイス・エイジ
Ice Age
ソト アニメ映画、声の出演
2004 スパルタカス
Spartacus
スパルタカス テレビ映画
2005 エレクトラ
Elektra
マーク・ミラー
2009 イレーナ・センドラー 2500人の命のために
The Courageous Heart of Irena Sendler
ステファン テレビ映画
2010 人生はビギナーズ
Beginners
アンディ
2011 ドラゴン・タトゥーの女
The Girl with the Dragon Tattoo
ドラガン・アルマンスキー
2013 悪の法則
The Counselor
マイケル

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1999-2008 ER緊急救命室
ER
ルカ・コバッチュ レギュラーで185エピソード
2010 The Deep サムソン ミニシリーズ
レバレッジ 〜詐欺師たちの流儀
Leverage
ダミアン・モロー 2エピソード
2011-2012 PAN AM/パンナム
Pan Am
ニコ 4エピソード
2012 Red Widow Christian Schiller 6エピソード

参照[編集]

  1. ^ “正式決定!新ジェームズ・ボンドはダニエル・クレイグ”. シネマトゥデイ. (2005年10月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007250 2012年12月25日閲覧。 
  2. ^ “ゴラン・ヴィシュニック、男の子を養子に”. シネマトゥデイ. (2007年5月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0010471 2012年12月25日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ “ゴラン・ヴィシュニック、DNA検査なしで子供を認知”. シネマトゥデイ. (2007年11月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0012048 2012年12月25日閲覧。 

外部リンク[編集]