ヒューストン郡 (テネシー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テネシー州ヒューストン郡
ヒューストン郡の位置を示したテネシー州の地図
郡のテネシー州内の位置
テネシー州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1871年[1]
郡庁所在地 エリン
最大の都市 エリン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

535.92 km2 (206.92 mi2)
518.54 km2 (200.21 mi2)
17.38 km2 (6.71 mi2), 3.24%
人口
 - (2010年)
 - 密度

8,426人
15.6人/km2 (40.4人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.houstoncochamber.com

ヒューストン郡: Houston County)は、アメリカ合衆国テネシー州の北西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は8,426人であり、2000年の8,088人から4.2%増加した[2]郡庁所在地エリン市(人口1,324人[3])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は206.92平方マイル (535.9 km2)であり、このうち陸地200.21平方マイル (518.5 km2)、水域は6.71平方マイル (17.4 km2)で水域率は3.24%である[4]

主要高規格道路[編集]

  • Tennessee 13.svg テネシー州道13号線
  • Tennessee 46.svg テネシー州道46号線
  • Tennessee 49.svg テネシー州道39号線
  • Secondary Tennessee 147.svg テネシー州道147号線
  • Tennessee 149.svg テネシー州道149号線
  • Secondary Tennessee 231.svg テネシー州道231号線
  • Secondary Tennessee 232.svg テネシー州道232号線

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口ピラミッド[5]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 8,088人
  • 世帯数: 3,216 世帯
  • 家族数: 2,299 家族
  • 人口密度: 16人/km2(40人/mi2
  • 住居数: 3,901軒
  • 住居密度: 8軒/km2(20軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.4%
  • 18-24歳: 7.3%
  • 25-44歳: 26.1%
  • 45-64歳: 25.6%
  • 65歳以上: 16.7%
  • 年齢の中央値: 40歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.8
    • 18歳以上: 95.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 57.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 10.4%
  • 非家族世帯: 28.5%
  • 単身世帯: 25.3%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.1%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.46人
    • 家族: 2.92人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 29,968米ドル
    • 家族: 35,395米ドル
    • 性別
      • 男性: 29,528米ドル
      • 女性: 19,983米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,614米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 18.1%
    • 対家族数: 14.3%
    • 18歳未満: 23.2%
    • 65歳以上: 20.8%

郡政府[編集]

ヒューストン郡郡政委員会は奇数月の第3月曜日に郡庁舎で会合を開催している。

政治[編集]

ヒューストン郡は州内でも最も民主党寄りの郡である。伝統的に民主党だが、社会問題にかんしては保守的な傾向があり、共和党に傾くことがある。アメリカ合衆国下院議員テネシー州第8選挙区に属し、ブルードッグ民主党のジョン・S・タナーが代表になっていた。現在は第7選挙区に属し、共和党のマーシャ・ブラックバーンを送り出している。

州と大統領選挙では一貫して民主党を支持してきた。大統領選挙ではこれまで民主党候補がヒューストン郡を制せなかったのは2回のみである。1928年、ハーバート・フーバーが初めてヒューストン郡を制した共和党候補となった。また1968年にはアメリカ独立党ジョージ・ウォレスが制した。

2008年では、州内の他の民主党寄りの郡が共和党のジョン・マケインを支持したのに対し、ヒューストン郡はバラク・オバマを支持した。オバマの勝利は僅か2%の差によるものであり、郡設立以来勝利した民主党候補としては最も小さな票差だったので、共和党に支持が移りつつあると言われている[6]2012年では、ミット・ロムニーが共和党候補として80年ぶりにヒューストン郡を制した[7]。共和党のアメリカ合衆国上院議員ボブ・コーカー[8]と同下院議員マーシャ・ブラックバーンもヒューストン郡を制した[9]。ただしこれらすべては州全体あるいは選挙区全体よりも僅差だった。

都市と町[編集]

教育[編集]

公立高校[編集]

  • ヒューストン郡高校[10] - 生徒数465人
  • ヒューストン郡成人高校[11] - 生徒数2人

メディア[編集]

郡内にはFM局1局のラジオ局が放送を流している。新聞は週刊紙の「スチュワート・ヒューストン・タイムズ」が発行されている。[12]

脚注[編集]

  1. ^ [1] Tennessee State Library and Archives, Genealogical "Fact sheets" about counties. "Houston County: Houston County was formed in 1871 from Dickson, Humphreys and Montgomery Counties. Acts of Tennessee 1870-71, Chapter 46." Retrieved December 7, 2010
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Houston County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ American FactFinder - Erin, Tennessee - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  5. ^ Based on 2000 United States Census data
  6. ^ David Leip's Presidential Election Atlas (Election maps for Tennessee)
  7. ^ CNN results for Tennessee
  8. ^ CNN Results for Senate
  9. ^ CNN results for Tennessee's 7th district
  10. ^ Houston County High School
  11. ^ Houston County Adult High School
  12. ^ Stewart-Houston Times

参考文献[編集]

  • History of Houston County, Tennessee 1871 - 1996 - History and Families. Nashville: Turner Publishing Company (1995). ISBN 1-56311-194-2

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度17分 西経87度43分 / 北緯36.28度 西経87.71度 / 36.28; -87.71