中部テネシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中部テネシー (Middle Tennessee ) は、アメリカ合衆国テネシー州中部にある40で構成され州法で定められたミドル・グランド・ディヴィジョンズ・オブ・テネシー英語版の地域の1つ[1]

慣例によると基本的に、一旦アラバマ州北部に入り、州の西側を通りテネシー州北側に流れるテネシー川の東を西端とし、時間帯中部標準時東部標準時の境を東端としている。この基準に当てはまらないのは、テネシー川東西両岸に亘るが西部テネシーに属するハーディン郡と、中部標準時であるにも関わらず東部テネシーに属しているブレッドソー郡カンバーランド郡マリオン郡である。

中部テネシーは緩やかに起伏する丘陵、肥沃な小川および渓谷を特長としている。この中心的都市であるナッシュビルは州都でもある。中部テネシーの他の大きな都市にはクラークスビルマーフリーズボロなどがある。地理的にはカンバーランド高原の東側部分が中部テネシーにも広がっているが、ナッシュビル盆地とハイランド・リム英語版の大部分により構成されている[1][2]

中部テネシーにも高等教育を施す機関がいくつかあり、主なものはナッシュビルにあるヴァンダービルト大学ベルモント大学リプスコム大学テネシー州立大学、クラークスビルにあるオースティン・ピー州立大学スワニーにあるUniversity of the Southレバノンにあるカンバーランド大学ノックスビルにあるテネシー大学に次ぐ2番目に最大の州立大学であるマーフリーズボロにあるミドルテネシー州立大学などである。

アメリカ合衆国の他のと違い、中部テネシーには社会経済の意味合い同様に法律もある[3]。中部テネシー、西部テネシー、東部テネシーは州の3つのグランド・ディヴィジョンからなる。テネシー州法によると、テネシー州最高裁判所の5人の裁判官のうち2人までしか同一のグランド・ディヴィジョンから出ることができない。最高裁判所は3つのグランド・ディヴィジョンの裁判所で交代で会議が行なわれる。中部テネシーの最高裁判所はナッシュビルにある。地理的公平性を保つため、他の委員会や理事会などで同様の措置がとられている[4]

中部テネシーは3つのグランド・ディヴィジョンの中でも最大で人口密度が低い。2000年の国勢調査によると総面積17,009.41平方マイル (44,054.2 km2)の40郡に2,069,976名が居住している。この人口は州全体の36.38%で、土地は州全体の41.27%である。人口密度は1平方マイル (2.6 km2)あたり121.696名である。

中部テネシーの郡一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Tennessee Code Annotated 4-1-203, Middle grand division. Available from [1]. "The middle division comprises the counties of Bedford, Cannon, Cheatham, Clay, Coffee, Davidson, DeKalb, Dickson, Fentress, Franklin, Giles, Grundy, Hickman, Houston, Humphreys, Jackson, Lawrence, Lewis, Lincoln, Macon, Marshall, Maury, Montgomery, Moore, Overton, Perry, Pickett, Putnam, Robertson, Rutherford, Sequatchie, Smith, Stewart, Sumner, Trousdale, Van Buren, Warren, Wayne, White, Williamson and Wilson."
  2. ^ Middle School Geography, Tennessee History for Kids, accessed August 3, 2010
  3. ^ Tennessee Department of State, A History of Tennessee, Tennessee Blue Book, 2005-2006.
  4. ^ Tennessee State Constitution

外部リンク[編集]