ディカーブ郡 (テネシー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テネシー州ディカーブ郡
Dekalb county tennessee courthouse.jpg
スミスビル市にあるディカーブ郡庁舎
ディカーブ郡の位置を示したテネシー州の地図
郡のテネシー州内の位置
テネシー州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 c. 1837年から1838年頃
郡庁所在地 スミスビル
最大の都市 スミスビル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

852 km2 (329 mi2)
789 km2 (305 mi2)
63 km2 (24 mi2), 7.42%
人口
 - (2010年)
 - 密度

18,723人
22人/km2 (57人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

ディカーブ郡: DeKalb County)は、アメリカ合衆国テネシー州の南部に位置するである。2010年国勢調査での人口は17,723人であり、2000年の17,423人から1.7%増加した[1]郡庁所在地スミスビル市(人口4,530人[2])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

歴史[編集]

ディカーブ郡は1837年から1838年頃、キャノン郡ウォーレン郡ホワイト郡のそれぞれ一部を合わせて設立された。歴史家のウィル・T・ヘイルは、郡内最初の開拓者は、1797年にメリーランド州から来てリバティに入った者だったと考えている[3]。これが事実ならば、最初の開拓者はアダム・デールである。デールはカンバーランド山地を越えてきた可能性があるが、ある史料では、オハイオ川を下り、カンバーランド川を上ってナッシュビルに行き、続いて陸路を約56マイル (90 km) 進んだとしている[4]。そこはほとんど原始の森林だった。中部テネシーの土地管理事務所は1783年に開設された。

ディカーブ郡には重要な硝石の鉱山があった。硝石は弾薬の主要成分であり、洞窟の土を濾すことで得られた。エイブラハム・オーバーオールは1805年にバージニア州ルーレイ郡から移ってきて現在のリバティがある地に入った者であり、彼に因んでオーバーオール洞窟が名付けられた。オーバーオールは多くの奴隷を所有し、オーバーオール洞窟がある場所に大型のプランテーションを所有していた。この洞窟に残っている硝石濾過用樽2機は米英戦争のときのものである可能性があるが、南北戦争の時にも採掘された。その他にダウェルタウンに近いアバント洞窟、ドライクリークバレーにあるインディアングレイブポイント洞窟、テンペランスホール近くにあるテンペランス・ソルトピーター洞窟などで硝石が採掘された[5]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は329平方マイル (852.1 km2)であり、このうち陸地305平方マイル (789.9 km2)、水域は24平方マイル (62.2 km2)で水域率は7.42%である[6]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口ピラミッド[7]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 17,423人
  • 世帯数: 6,984 世帯
  • 家族数: 4,986 家族
  • 人口密度: 22人/km2(57人/mi2
  • 住居数: 8,409軒
  • 住居密度: 11軒/km2(28軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.3%
  • 18-24歳: 8.5%
  • 25-44歳: 29.3%
  • 45-64歳: 24.6%
  • 65歳以上: 14.3%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.7
    • 18歳以上: 94.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 30.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 56.1%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 11.1%
  • 非家族世帯: 28.6%
  • 単身世帯: 25.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 10.7%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.45人
    • 家族: 2.90人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 30,359米ドル
    • 家族: 36,920米ドル
    • 性別
      • 男性: 29,483米ドル
      • 女性: 20,953米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,217米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 17.0%
    • 対家族数: 11.8%
    • 18歳未満: 20.0%
    • 65歳以上: 20.1%

都市と町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - DeKalb County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Smithville, Tennessee - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Hale, Will T. History of Dekalb County, TN. Nashville, P. Hunter, 1915. 254 pp. (reprinted McMinnville, B. Lomond Press, 1969).
  4. ^ Id.
  5. ^ Thomas C. Barr, Jr., "Caves of Tennessee", Bulletin 64 of the Tennessee Division of Geology, 1961, 568 pages.
  6. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  7. ^ Based on 2000 United States Census data

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度59分 西経85度50分 / 北緯35.98度 西経85.83度 / 35.98; -85.83