バート・ガスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バート・ガスタインドイツ語: Bad Gastein, ドイツ語発音: [gas't‿ain][1] 発音)はオーストリアザルツブルク州にある温泉街ホーエ・タウエルン国立公園の北部、グラウコーゲル (Graukogel) のに位置し、5,838 人が暮らしている。

「バート」(bad) は温泉という意味で、「ガスタイン」(Gastein) の由来はインド・ヨーロッパ語族の言葉を遡ると「灰色の川」や「飛沫を上げる川」という意味になる。

ガスタイナー・タールドイツ語: Gasteinertal)の上端にあり標高海抜 1,002 メートル。斜面に連なって建つ、歴史ある宿の街並みが特徴的である。

街の中心

歴史[編集]

ガスタイナー・タールは、最古のもので963年の証書の中で Gastuna という名前で言及され、当時はバイエルン公国の一部であった。1297年にはザルツブルク大司教が購入した。 元々は金鉱山として利用され、中央東アルプスを横断する古代の交易路の拠点であった。 温泉郷としては1230年頃、ミンネゼンガーナイトハルト・フォン・ロイエンタール英語: Neidhart von Reuental)による中高ドイツ語の詩 Die Graserin in der Gastein の中で詠われている。 ガスタイナー・タールには神聖ローマ帝国フリードリヒ三世ルネサンス期の内科医パラケルススも訪れている。

19世紀にはバート・ガスタインは流行りの保養地になった。バート・ガスタインを訪れた人物には、シシー (Sisi ) の愛称でも知られるオーストリア皇后エリーザベトやドイツ皇帝のヴィルヘルム一世、ヴィルヘルムの宰相オットー・フォン・ビスマルクインドの独立運動家スバス・チャンドラ・ボース[2]ブルガリアツァールであるフェルディナンド一世イラクの王ファイサル一世サウジアラビアの王イブン・サウードイランの最後の皇帝であるモハンマド・レザー・パフラヴィーなど数々の君主や指導者、他にオペルの創業者アダム・オペル英語: Adam Opel)の息子である実業家ヴィルヘルム・フォン・オペル英語: Wilhelm von Opel)、作曲家のロベルト・シュトルツや作家のサマセット・モームがいる。

1865年にビスマルクはガスタイン協定英語: Gastein Convention)に調印し、オーストリアとの間で、第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争後のシュレースヴィヒとホルシュタインの統治権に関する条約が結ばれた。

作曲家のフランツ・シューベルトは1824年に「ガスタイン交響曲」のスケッチを書いたとされる。「ガスタイン交響曲」の楽譜は残されていないが、「グラン・デュオ (Op. 140, D 812)」や「八重奏曲 (D 803)」のことであるとも言われ、現在では「ザ・グレート」のことであると推定される。

タウエルン鉄道 (Tauernbahn) が開業した1905年の頃から、大衆観光も盛んになった。

名所[編集]

  • Nikolauskirche (1380)
  • Gletschermühlen
  • Felsentherme
  • Gasteiner Heilstollen
  • Gasteiner Heimatmuseum im Haus Austria
  • Silverbullet (Bar)
  • Eden's Pub - the only real English pub in the valley

宿泊施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 351. ISBN 978-3-411-04066-7. 
  2. ^ Bose 2011, p. 127: Quote: "He spent a month and a half—from November 22, 1937, to January 8, 1938—with Emilie at his favourite resort of Badgastein."

参考文献[編集]

外部リンク[編集]