ネヴァーマインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネヴァーマインド
ニルヴァーナスタジオ・アルバム
リリース 1991年9月24日
録音 1990年1991年
ノースハリウッド
ジャンル オルタナティヴ・ロック/グランジ
時間 4238
レーベル DGC
プロデュース ブッチ・ヴィグ
チャート最高順位
  • 24位(1991年11月盤/日本・オリコン)
  • 94位(2005年9月盤/日本・オリコン)
    149位(2007年11月盤/日本・オリコン)
ニルヴァーナ 年表
ブリーチ
(1989年)
ネヴァーマインド
(1991年)
ホルモウニング
(1992年)
テンプレートを表示

ネヴァーマインド』(Nevermind)は、アメリカ合衆国のロックバンド、ニルヴァーナのセカンド・アルバム。アルバムはビルボードにおいてナンバー1となり、驚異的な売り上げを示した。シアトルのローカルバンドに過ぎなかったニルヴァーナを全米トップの人気バンドへと押し上げ、グランジ/オルタナティヴ・ロックムーブメントを全米に広げた。カートの自殺によるバンド解散後もアルバムは売れ続け、2013年現在までに全世界で4,000万枚を超えている[1]

経緯[編集]

アルバム『ネヴァーマインド』は、1990年から1991年にかけて録音された。プロデューサーブッチ・ヴィグ、ミキサーはアンディ・ウォレスがそれぞれ担当。より広い層にアピールするようボーカル/ギターを強調し、またラジオオンエアの際によりクリアに聴こえるように中音域に音を集めたミックスとなった。また、ヒット曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」から始まる楽曲もメジャー市場を意識したものからアンダーグラウンド寄りのものまでバランスよく収録されている。因みにこのようにそれまでのアンダーグラウンド重視からポップな曲作りが行われるようになったのはゲフィン・レコードとの契約時の「トップ30にパンクを入れる」という発言などからカートがこのアルバムをヒットさせることを意識していたことが理由として挙げられる。[2]

ジャケットで泳いているのはスペンサー・エルデンという男児で、2012年現在はロサンゼルスに住んでいる[3]

影響と評価[編集]

アルバムはヘヴィメタルファンからロック/ポップのファンまで幅広いリスナーを獲得するに至った。

このアルバムはベストセラーとなり、ニルヴァーナは一躍トップバンドの仲間入りを果たしたが、メジャー市場を意識した作りは後のニルヴァーナの活動に影を落としてしまうこととなる。特にボーカルのカート・コバーンは完成当初は、サウンドプロダクションも含め非常に気に入っていたものの[4]、この成功を快くは思っておらず、1993年のインタビューでは「今では全く聴いていない」と語るなど、度々本アルバムを嫌悪・否定するような発言を繰り返している。このカートの態度は、後にアンダーグラウンドへと回帰した『イン・ユーテロ』を生むこととなった。

チャートアクション[編集]

ビルボード200において1位を獲得、また数々の批評家達からその年のベスト・アルバムに選出された。

RIAAにより、ゴールド、プラチナアルバムとして認定。しかしながら、保守的なグラミー賞には候補にも上らなかった。

2003年、「ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500」に於いて17位。これは、90年代以降のアルバムの中で最高位となる。

収録曲[編集]

  1. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット "Smells Like Teen Spirit" (Cobain/Grohl/Novoselic) – 5:02
  2. イン・ブルーム "In Bloom" (Cobain) – 4:15
  3. カム・アズ・ユー・アー "Come as You Are" (Cobain) – 3:39
  4. ブリード "Breed" (Cobain) – 3:04
  5. リチウム "Lithium" (Cobain) – 4:17
  6. ポリー "Polly" (Cobain) – 2:56
    「レイプ犯から見た風景を歌った反レイプソング[5]」である。
  7. テリトリアル・ピッシングス "Territorial Pissings" (Cobain) – 2:23
  8. ドレイン・ユー "Drain You" (Cobain) – 3:44
  9. ラウンジ・アクト "Lounge Act" (Cobain) – 2:37
  10. ステイ・アウェイ "Stay Away" (Cobain) – 3:33
  11. オン・ア・プレイン "On a Plain" (Cobain) – 3:17
  12. サムシング・イン・ザ・ウェイ "Something in the Way" (Cobain) – 3:51
    1990年に作成された曲。この曲は、「カートが、住む家がなく『underneath a bridge(橋の下)』で寝泊りしていた時期に作成された」という噂が存在するが、ジャーナリストのCharles R. Crossは著書の中で、そのようは事実はなかったであろうと否定している[6]
  13. エンドレス・ネームレス(ヒドゥン・トラック) "Endless, Nameless" - 6:44

20thアニヴァーサリー・エディション[7]

デラックス・エディション

DISC1:2011年最新リマスターによるオリジナル・アルバム+Bサイズ(ネヴァーマインドからのシングルB面収録曲)

  1. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット "Smells Like Teen Spirit"
  2. イン・ブルーム "In Bloom"
  3. カム・アズ・ユー・アー "Come as You Are"
  4. ブリード "Breed"
  5. リチウム "Lithium"
  6. ポーリー "Polly"
  7. テリトリアル・ピッシングス "Territorial Pissing"
  8. ドレイン・ユー "Drain You"
  9. ラウンジ・アクト "Lounge Act"
  10. ステイ・アウェイ "Stay Away"
  11. オン・ア・プレイン "On a Plain"
  12. サムシング・イン・ザ・ウェイ "Something in the Way" [with "Endless, Nameless"]
    <THE B SIDES>
  13. イーヴン・イン・ヒズ・ユース "Even in His Youth"
  14. アニューリズム "Aneurysm"
  15. カームジョン "Curmudgeon"
  16. D-7(ライヴ・アット・ザ・BBC) "D-7"
  17. ビーン・ア・サン(ライヴ) "Been a Son" (Live)
  18. スクール(ライヴ) "School" (Live)
  19. ドレイン・ユー(ライヴ) "Drain You" (Live)
  20. スリヴァー(ライヴ)"Drain You" (Live)
  21. ポーリー(ライヴ)"Polly" (Live)

DISC2:ザ・スマート・スタジオ・セッション(プッチ・ヴィグのスタジオでのデモ)+ザ・ブームボックス・リハーサル(ラジカセ録音によるリハーサル)+BBCセッション

  1. イン・ブルーム(未発表) "In Bloom" (Previously unreleased)
  2. イモディアム(ブリード)(未発表) "Immodium (Breed)" (Previously unreleased)
  3. リチウム(未発表) "Lithium" (Previously unreleased)
  4. ポーリー(未発表ミックス) "Polly" (Previously unreleased mix)
  5. ペイ・トゥ・プレイ "Pay to Play"
  6. ヒア・シー・カムス・ナウ "Here She Comes Now"
  7. ダイヴ(未発表) "Dive" (Previously unreleased)
  8. サッピー(未発表)"Sappy" (Previously unreleased)
    <THE BOOMBOX REHEARSALS>
  9. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット "Smells Like Teen Spirit"
  10. ヴァース・コーラス・ヴァース(未発表)"Verse Chorus Verse" (Previously unreleased)
  11. テリトリアル・ピッシングス(未発表)"Territorial Pissings" (Previously unreleased)  
  12. ラウンジ・アクト(未発表)"Lounge Act" (Previously unreleased)
  13. カム・アズ・ユー・アー "Come as You Are"
  14. オールド・エイジ(未発表) "Old Age" (Previously unreleased)
  15. サムシング・イン・ザ・ウェイ(未発表)"Something in the Way" (Previously unreleased)
  16. オン・ア・プレイン(未発表) "On a Plain" (Previously unreleased)
    <BBC SESSION>
  17. ドレイン・ユー(未発表)"Drain You" (Live) (Previously unreleased)
  18. サムシング・イン・ザ・ウェイ(未発表) "Something in the Way" (Live) (Previously unreleased)

スーパー・デラックス・エディション

DISC3:ザ・デヴォンシャー・ミックス(ブッチ・ヴィグ・プロデュース+ミックスによるアルバム)

  1. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット "Smells Like Teen Spirit"
  2. イン・ブルーム "In Bloom"
  3. カム・アズ・ユー・アー "Come as You Are"
  4. ブリード "Breed"
  5. リチウム "Lithium"
  6. テリトリアル・ピッシングス "Territorial Pissings"
  7. ドレイン・ユー "Drain You"
  8. ラウンジ・アクト "Lounge Act"
  9. ステイ・アウェイ "Stay Away"
  10. オン・ア・プレイン "On a Plain"
  11. サムシング・イン・ザ・ウェイ "Something in the Way"

DISC4:ライヴ・アット・ザ・パラマウント・シアター(91年の未発表コンサートのオーディオ)

  1. ジーザス・ダズント・ウォント・ミー・フォー・ア・サンビーム "Jesus Doesn't Want Me for a Sunbeam"
  2. アニューリズム "Aneurysm"
  3. ドレイン・ユー "Drain You"
  4. スクール "School"
  5. フロイド・ザ・バーバー "Floyd the Barber"
  6. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット "Smells Like Teen Spirit"
  7. アバウト・ア・ガール "About a Girl"
  8. ポーリー "Polly"
  9. ブリード "Breed"
  10. スリヴァー "Sliver"
  11. ラヴ・バズ "Love Buzz"
  12. リチウム "Lithium"
  13. ビーン・ア・サン "Been a Son"
  14. ネガティヴ・クリープ "Negative Creep"
  15. オン・ア・プレイン "On a Plain"
  16. ブルー "Blew"
  17. レイプ・ミー "Rape Me"
  18. テリトリアル・ピッシングス "Territorial Pissings"
  19. エンドレス、ネームレス "Endless, Nameless"

DVD:ライヴ・アット・ザ・パラマウント・シアター+ミュージック・ビデオ4曲

  1. ジーザス・ダズント・ウォント・ミー・フォー・ア・サンビーム "Jesus Doesn't Want Me for a Sunbeam"
  2. アニューリズム "Aneurysm"
  3. ドレイン・ユー "Drain You"
  4. スクール "School"
  5. フロイド・ザ・バーバー "Floyd the Barber"
  6. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット "Smells Like Teen Spirit"
  7. アバウト・ア・ガール "About a Girl"
  8. ポーリー "Polly"
  9. ブリード "Breed"
  10. スリヴァー "Sliver"
  11. ラヴ・バズ "Love Buzz"
  12. リチウム "Lithium"
  13. ビーン・ア・サン "Been a Son"
  14. ネガティヴ・クリープ "Negative Creep"
  15. オン・ア・プレイン "On a Plain"
  16. ブルー "Blew"
  17. レイプ・ミー "Rape Me"
  18. テリトリアル・ピッシングス "Territorial Pissings"
  19. エンドレス、ネームレス "Endless, Nameless"

<EXTRAS>

  1. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット(ミュージック・ビデオ) "Smells Like Teen Spirit"
  2. カム・アズ・ユー・アー(ミュージック・ビデオ) "Come as You Are"
  3. リチウム(ミュージック・ビデオ) "Lithium"
  4. イン・ブルーム(ミュージック・ビデオ) "In Bloom"

クレジット[編集]

ニルヴァーナ

ゲスト・ミュージシャン

  • カーク・カニング - チェロ(「サムシング・イン・ザ・ウェイ」)
  • チャド・チャニング - シンバル(「ポリー」)

技術スタッフ、アートワーク

  • クレイグ・Doubet - アシスタント・エンジニアリング、ミキシング
  • スペンサー・エルデン - カバー写真の幼児
  • ロバート・フィッシャー - アートワーク、アート・ディレクション、デザイン、カバー・デザイン
  • マイケル・レヴィン - 写真撮影
  • ブッチ・ヴィグ - 共同プロデューサー、エンジニア
  • アンディ・ウォレス - ミキシング
  • ハウィー・ウェインバーグ - マスタリング
  • カーク・ウェドル - カバー写真

脚注[編集]

  1. ^ http://ro69.jp/news/detail/55049
  2. ^ CROSSBEAT SPECIAL EDITION 最新改訂版 ニルヴァーナ
  3. ^ ニルヴァーナのアルバム「NEVERMIND」ジャケットの赤ちゃんが20歳に! 2011年9月27日閲覧。
  4. ^ ブッチ・ヴィグ談。
  5. ^ 久保憲司『CROSSBEAT』(2007年4月号)37頁
  6. ^ Charles R. Cross『Heavier Than Heaven』(2001)
  7. ^ ネヴァーマインド 20thアニヴァーサリー・エディション