トマス・ハワード (第4代ノーフォーク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第4代ノーフォーク公爵
トマス・ハワード
Thomas Howard
4th Duke of Norfolk
ThomasHoward4HerzogvonNorfolk.jpg
ハンス・イワース英語版)による第4代ノーフォーク公トマス・ハワードの肖像画
生年月日 1536年3月10日
没年月日 1572年6月2日(満36歳没)
死没地 イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドンロンドン塔タワー・ヒル刑場英語版
称号 第4代ノーフォーク公爵ガーター勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)

任期 1554年 - 1572年

イングランドの旗 貴族院議員
任期 1554年 - 1572年
テンプレートを表示

第4代ノーフォーク公爵トマス・ハワード英語: Thomas Howard, 4th Duke of Norfolk, KG, PC1536年3月10日 - 1572年6月2日)は、イングランドの貴族、政治家。

ノーフォーク公爵家の嫡男サリー伯爵ヘンリー・ハワードの長男であり、1554年に祖父第3代ノーフォーク公爵トマス・ハワードの跡を継いで第4代ノーフォーク公爵となった。イングランド女王エリザベス1世又従弟に当たる。三度の女子相続者との婚姻を通じて所領を拡大してイングランド最有力貴族となる。スコットランド女王メアリーとの結婚計画を進めたことでエリザベス女王に警戒されるようになり、1569年北部諸侯の乱英語版の際にロンドン塔に幽閉され、さらに1571年リドルフィ陰謀事件英語版に関与したとされて1572年大逆罪で処刑された。

ノーフォーク公爵位は剥奪され、長男のフィリップ・ハワードは母方の爵位(第20代アランデル伯爵)のみ継承した。1660年に至って玄孫にあたる第23代アランデル伯爵トマス・ハワードが第5代ノーフォーク公爵に復権している。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1536年3月10日、サリー伯爵ヘンリー・ハワード(第3代ノーフォーク公爵トマス・ハワードの嫡男)とその夫人フランセス英語版(旧姓ド・ヴィアー。第15代オックスフォード伯爵英語版ジョン・ド・ヴィアー英語版の娘)の間の長男として生まれる[1]

1542年に祖父ノーフォーク公の姪にあたる王妃キャサリン・ハワードが姦通で処刑され、祖父も徐々に国王ヘンリー8世の信任を失っていき、ついに1546年8月3日に至ってロンドン塔へ幽閉された。父サリー伯も自分の紋章に独断で王室の紋章を加えたとされて1547年1月21日に反逆罪で処刑された。祖父もロンドン塔で処刑を待つ身だったが、処刑日直前にヘンリー8世が崩御したため、処刑中止となった[2]

1553年7月のエドワード6世崩御後、初代ノーサンバランド公ジョン・ダドリーメアリー王女(後のメアリー1世)を無視してジェーン・グレイを女王に擁立しようとしたが、この際に祖父はメアリーを自分の所領にかくまったため、その功績でメアリー女王即位後の8月にノーフォーク公爵位に復権を果たした[3]

その翌年の1554年に祖父が死去し、18歳にして第4代ノーフォーク公爵位を継承することになった[4]

廷臣として[編集]

第19代アランデル伯爵ヘンリー・フィッツアラン英語版の娘メアリー・フィッツアラン英語版、初代オードリー男爵トマス・オードリー英語版の娘マーガレット、第4代デイカー男爵トマス・デイカー英語版の未亡人エリザベス英語版の3人と順次結婚したが、いずれにも先立たれた。しかし、彼女達は女子相続人でもあった為、ノーフォーク公とその子孫が領土を継承することになり、ノーフォーク公爵家はイングランド北部を本拠に全イングランドでも最有力の貴族となった[5]

1559年1月のエリザベス1世の戴冠式はノーフォーク公が紋章院総裁として取り仕切った[6]。エリザベス女王の母アン・ブーリンの母は第2代ノーフォーク公爵トマス・ハワードの娘であり、したがってノーフォーク公とエリザベス女王ははとこの関係にあたる[7]

1559年から1560年にかけてのスコットランド出兵では北部長官を務め、スコットランド侵攻部隊の指揮を執った[8]

1559年4月23日、女王の寵臣ロバート・ダドリー(後の初代レスター伯爵)とともにガーター騎士団ナイト(KG)に叙される。しかしノーフォーク公は成り上がり者のダドリーと同等の扱いであることに不満があったという[9]1562年10月20日には枢密顧問官(PC)となったが、この時もレスター伯爵と同時就任だった[10]。女王が仲裁を通じて絶対権力者として君臨し続けるため、意図的に対立している者同士を同時昇進させて対立を煽ったものと見られる[10]

スコットランド女王メアリーとの結婚計画[編集]

スコットランド前女王メアリー

1568年5月にカトリックのスコットランド前女王メアリー(プロテスタント貴族たちに王位を追われていた)がスコットランドを脱出してイングランドへ亡命し、エリザベスに援助を乞うたが、そのままイングランドで軟禁状態に置かれる事件があった[11]。また同年12月にはネーデルラントでプロテスタント反乱の鎮圧に当たるアルバ公への軍資金を乗せたスペイン船がイングランドに漂着するも拿捕される事件があった[12]

こうした政治情勢から宮廷内ではレスター伯爵を中心に宰相ウィリアム・セシルを排除しようという動きが活発化し、また第7代ノーサンバーランド伯爵トマス・パーシー英語版や第6代ウェストモアランド伯爵チャールズ・ネヴィル英語版らカトリック北部諸侯の間ではメアリーをイングランド王位に付ける計画が推進されるようになった。メアリーもその計画に前向きであり、彼女は自分とノーフォーク公の結婚計画を積極的に推進し、北部諸侯(彼らは結婚計画にはあまり乗り気ではなかった)の同意を得た[13]

ノーフォーク公爵は自分はカトリックではないと主張していたが、最終的にはメアリーと結婚する決意を固めた[14]。ただしノーフォーク公にとってこの結婚計画は大逆のためではなくイングランドの国益を考えてのことであった。エリザベスがメアリーをスコットランド女王に復位させた時、イングランド貴族が夫になっている方がスコットランドとイングランドの関係が好転させやすいし、またメアリーをカトリックの陰謀から引き離すことができるからである。しかしエリザベスがそのように捉える保証はなく、エリザベスが自分への大逆罪と認定した場合はノーフォーク公以下推進者は全員処刑されてしまうので、ノーフォーク公にとってもこの計画は博打だった[15]

エリザベス女王にいつ、どのような形で結婚計画を上奏するか思案しているうちに噂が宮廷中に広まり、1569年9月頃には宮廷内の緊張が高まった。計画から手を引いたレスター伯爵の告白を聞いた女王は「ノーフォーク公爵とメアリーが結婚すれば、私は4か月以内にロンドン塔送りとなるであろう」と激怒した。女王の召還を受けたノーフォーク公は、やむなく計画の一部始終を女王に上奏したが、女王から凄まじい叱責を受けた。これにより宮廷に居づらくなったノーフォーク公は1569年9月16日に女王の許可を得ることなく独断で宮廷を退去し、ロンドンの屋敷に引きこもり、病気を理由にして参内を拒否するようになった[16]

ロンドン塔に投獄[編集]

1569年9月23日にノーフォーク公がノーフォークの居城ケニングホール英語版へ移ったことで、女王は反乱準備と疑い、防衛向きのウィンザー城へ移った[16]

しかしノーフォーク公に反乱の意思はなく、彼はウェストモアランド伯爵に使者を送って反乱を思いとどまるよう説得にあたっていた。もともと結婚計画に関心がなかったカトリック北部諸侯はこれを無視し、11月にも「北部諸侯の乱英語版」を起こしたが、急造の烏合の衆だったので政府軍がやってくる前に解散してしまい、蜂起は失敗に終わった。一方ノーフォーク公の方は9月30日にウィンザー城へ向かい、女王の慈悲を乞おうとしたが、逮捕されてロンドンの屋敷で謹慎処分となった。12月には北部諸侯と自分が無関係である旨の誓約書を書いたが、結局1570年1月にロンドン塔に投獄された[16]

エリザベスはノーフォーク公爵を処刑すると鼻息を荒くしたが、セシルからメアリーとの結婚を計画しただけで処刑にはできないと説得された[17]

1570年6月、今後二度とメアリーに近づかないという誓約書を書き、8月に至ってロンドン塔から釈放され、ロンドンの屋敷で謹慎生活に入った。しかしこの後もノーフォーク公爵はメアリーとの接触を続けた[18]

リドルフィ陰謀事件[編集]

北部諸侯の乱鎮圧に激怒したローマ教皇は1570年2月にエリザベスを「王位僭称者、悪魔の召使」と認定し破門した[19]

1571年1月には教皇に忠実なフィレンツェの銀行家ロベルト・ディ・リドルフィ英語版がイングランドへやって来てメアリーと接触した。メアリーはリドルフィを仲介役にスペイン王やローマ教皇の援助を取り付けて、自分が王位に就くことを期待するようになり、ノーフォーク公にもその計画を伝えた。リドルフィは3月にもノーフォーク公の下を訪れ、スペイン王やローマ教皇に援助を求める手紙を書くよう迫ったが、ノーフォーク公はこれを拒否している。だがリドルフィは自分で手紙を書いてスペイン大使館に提出し、「ノーフォーク公は署名をしなかったが、趣旨には賛同している」旨を報告した。そしてリドルフィはメアリーとノーフォーク公の使者としてスペインへ向かった。リドルフィの報告を受けたスペイン王フェリペ2世もイングランド侵攻に前向きになった[20]

だが、リドルフィとスペインの動きはセシルやウォルシンガムらエリザベス近臣たちに逐一掴まれていた。彼らは関係者に対して行った拷問や通報などからノーフォーク公の関与を確信した。1571年9月7日にノーフォーク公は逮捕され、厳しい取り調べを受けた。その中でノーフォーク公は自分はリドルフィの活動に関与していないことを主張した[21]。そのうえでノーフォーク公は次のような上奏文を書いて女王の慈悲を乞うた[22]

私は我が身を振り返り、素晴らしき陛下の臣下としての義務をなんと大きく逸脱したことかと恥じ入っております。陛下の御慈悲を期待したり、望む立場にないと痛感しております。私は御慈悲に値しない人間であります。しかし陛下が慈愛にあふれ哀れみ深い方であられ、御即位以来、御繁栄がいや増す治世において、御慈悲をふんだんに下されてきたのを鑑み、後悔と悲しみに満ちる胸を抱えながらも、意を決して震える手で筆を持ち、つまらぬ我が身を低くし、服従を誓います。こうする以外に私の心が安らぐ道はありません。我が罪、我が不服従をお赦しくださいますよう。聖書にはこう書かれています。扉を叩け、されば開かれん。陛下の足元に膝まづき、我が身、我が子、我が持つ全てを投げ出しひれ伏し、陛下の高貴な御慈悲におすがりいたします。

裁判と処刑[編集]

1572年1月15日、ノーフォーク公はウェストミンスター宮殿星室庁裁判所にかけられ、「勅許を得ずにメアリーと結婚しようとした」「外国軍を招き入れて反乱を起こそうとした」「リドルフィの陰謀に加担し、大逆者たちにお金をばらまいた」とされて大逆罪で起訴された[23]

この裁判は有罪判決ありきの「見せしめ裁判」の色が強く、公平な裁判ではなかった。ノーフォーク公は弁護士を付けることが許されず、訴状の写しさえ見せてもらえなかった。ノーフォーク公の有罪を立証する証人たちがつぎつぎと証言台に立ったが、突っ込んだ尋問が行われることもなかった[24]。ノーフォーク公は全ての起訴事実について無罪を主張したものの、結局26人の陪審員の全会一致で有罪判決を受けた[23]

女王はノーフォーク公爵の死刑執行命令書署名に際して動揺を見せた。1572年2月9日に死刑執行命令書に署名したが、その日の夜に取り消し、さらに署名・取り消しを三度も繰り返した[23]。宰相の初代バーリー男爵ウィリアム・セシルフランシス・ウォルシンガムに送った手紙によれば「陛下のお気持ちは様々に揺れ動いている。ある時は自分が危ない立場にあるという話をされて、正義は行われねばならないと結論する。しかし別の時にはノーフォークが自分に近い血縁だの、身分がとりわけ高いだのと話される。」という状態であったという[25]

しかしこの時期には議会が召集されていた。庶民院貴族院から出た、しかも「カトリック」の大逆者を許す気はなかった(庶民院はピューリタンが多く、従来よりカトリック弾圧強化を要求していた)。そのためノーフォーク公とメアリーの処刑を求める意見が庶民院の大勢だった。女王は(この段階では)メアリーの処刑には応じなかったが、代わりにノーフォーク公の処刑には応じ、ついに彼の死刑執行命令書に署名した[26]

これによりノーフォーク公は、1572年6月2日にロンドン塔のタワー・ヒル刑場英語版の断頭台において斬首された。36年の生涯だった[27]。ノーフォーク公は最期の言葉として女王陛下への忠誠を宣言するとともに「自分は宗教という物がどんな物であるか分かっているのでカトリック教徒であったことはない」「人がこの場所で死を迎えることは好ましいことではないが、女王陛下の御代でそうなるのは自分が最初で最後になれば嬉しい」と語った[28]

彼の死後、ノーフォーク公爵位と公爵領は剥奪され、彼の長男であるフィリップ・ハワードは母方の爵位(第20代アランデル伯爵)の継承のみ認められた。その後ノーフォーク公爵位は3代88年にも渡って失われていたが、チャールズ2世の治世下の1660年に玄孫にあたる時の当主第23代アランデル伯爵トマス・ハワードがノーフォーク公爵位の復権を勅許され、第5代ノーフォーク公爵となった[29]

人物・評価[編集]

クリストファー・ヒバート英語版は「うわべはプロテスタントだが、カトリック的心情を強く持った男」「優柔不断でありながら、誇り高い野心家」「人間としての芯は決して強くなく、知的な能力・才能にも乏しかった」と評価している[30]

石井美樹子は「公爵はメアリーとの結婚問題で女王の勘気に触れた後、まるで意思を失った人間のようになり、周囲の陰謀家たちの危うい行動を黙認し、巻き込まれたのであろう。公爵がエリザベス女王への忠誠を断固たる態度で示していたら、リドルフィにつけ込まれることも、ブリュッセルローママドリードで彼の名前が飛び交うこともなかったはずである」と論じている[31]

豪胆な人物であったらしく、「やさ男からは程遠く、踊ったり恋を囁いたりするのは不得手だが、敵を見れば決して逃げない」という寸評が残っている[32]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

家族[編集]

1555年に第19代アランデル伯爵ヘンリー・フィッツアラン英語版の娘メアリー・フィッツアラン英語版と結婚した。彼女との間に長男フィリップを儲けたが、1557年にメアリーは他界した[33][34]

ついで1558年に初代オードリー男爵トマス・オードリー英語版の娘マーガレットと結婚し、彼女との間に長女マーガレット(第2代ドーセット伯爵ロバート・サックヴィル英語版と結婚)、次男トマス(後の初代サフォーク伯爵)、三男ウィリアム英語版を儲けている。三男ウィリアムの系統は後にカーライル伯爵位を獲得している。マーガレットとは1563年に死別した[34]

1566年には第4代デイカー男爵トマス・デイカー英語版の未亡人エリザベス英語版と結婚したが、子供を残さず、1567年に死別した[34]

なお三人の妻の死は全て出産が原因である[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Henry Howard, Earl of Surrey” (英語). thepeerage.com. 2014年10月3日閲覧。
  2. ^ 森(1987) p.30-31
  3. ^ 森(1987) p.32
  4. ^ 森(1987) p.34
  5. ^ 森(1987) p.34-36
  6. ^ 森(1987) p.36-37
  7. ^ 森(1987) p.37
  8. ^ 石井(2009) p.280-281
  9. ^ a b 石井(2009) p.301
  10. ^ a b 石井(2009) p.322
  11. ^ 青木(2000) p.91-94
  12. ^ 石井(2009) p.337
  13. ^ 石井(2009) p.348-350/354
  14. ^ 青木(2000) p.98
  15. ^ 石井(2009) p.352
  16. ^ a b c 石井(2009) p.356
  17. ^ 石井(2009) p.357
  18. ^ 石井(2009) p.362
  19. ^ 石井(2009) p.360
  20. ^ 石井(2009) p.363
  21. ^ 石井(2009) p.366-368
  22. ^ 石井(2009) p.369
  23. ^ a b c 石井(2009) p.371
  24. ^ ヒバート(1997) 下巻 p.77
  25. ^ ヒバート(1997) 下巻 p.79-80
  26. ^ ヒバート(1997) 下巻 p.81
  27. ^ 森(1987) p.39
  28. ^ ヒバート(1997) 下巻 p.82
  29. ^ 森(1987) p.39-40
  30. ^ ヒバート(1997) 下巻 p.50
  31. ^ 石井(2009) p.368-369
  32. ^ 石井(2009) p.351
  33. ^ 森(1987) p.35
  34. ^ a b c Lundy, Darryl. “Thomas Howard, 4th Duke of Norfolk” (英語). thepeerage.com. 2014年10月3日閲覧。
  35. ^ 石井(2009) p.398

参考文献[編集]

公職
先代:
第3代ノーフォーク公爵
紋章院総裁
1554年 - 1572年
次代:
第6代シュルーズベリー伯爵英語版
先代:
第3代サセックス伯爵英語版
ノーフォーク知事英語版
1559年 - 1572年
次代:
不明
イングランドの爵位
先代:
トマス・ハワード
第4代ノーフォーク公爵
1554年 - 1572年
次代:
剥奪
(復権した次の爵位継承者)
(第23代アランデル伯トマス・ハワード
第3代サリー伯爵
1554年 - 1572年
次代:
剥奪
(復権した次の爵位継承者)
(第21代アランデル伯トマス・ハワード英語版
先代:
停止(最後の受爵者)
(初代ノーフォーク公ジョン・ハワード
第13代モウブレイ男爵英語版
1554年 - 1572年