フェルナンド・アルバレス・デ・トレド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルナンド・アルバレス・デ・トレド

フェルナンド・アルバレス・デ・トレド(Fernando Álvarez de Toledo, Duque de Alba, 1507年10月29日 - 1582年12月11日)は、スペインの第3代アルバ公爵。スペインの将軍

1535年以降、プロテスタント勢力打倒を目指すカール5世のために各地を転戦した。カール5世の退位後はフェリペ2世に仕え、1559年のカトー・カンブレジ条約を経て、1567年から属領ネーデルラント総督となった。「血の審判所」と呼ばれた機関を設け、エフモント伯ラモラールを含む多くの新教徒を処刑したが、その恐怖政治もオラニエウィレム1世を支持する北部ネーデルラントの市民階級の反抗をくじくことができなかった。1573年、後任のレケセンスと交代させられ、スペインへ帰国した。

その後も第一線で活躍し、ポルトガル王位継承戦争においてドン・アントニオを敗走させ、ポルトガルをスペインに併合する勝利を挙げた。

先代:
パルマ公妃マルゲリータ
ハプスブルク領ネーデルラント総督
1567年 - 1573年
次代:
ルイス・デ・レケセンス