トッケイヤモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トッケイヤモリ
トッケイヤモリ
トッケイヤモリ Gekko gecko
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : ヤモリ下目 Gekkota
: ヤモリ科 Gekkonidae
亜科 : ヤモリ亜科 Gekkoninae
: ヤモリ属 Gekko
: トッケイヤモリ G. gecko
学名
Gekko gecko (Linnaeus, 1758)
和名
トッケイ
トッケイヤモリ
英名
Tokay gecko

トッケイヤモリGekko gecko)は、爬虫綱有鱗目ヤモリ科ヤモリ属に分類されるトカゲ。ヤモリ属の模式種。別名オオヤモリトッケイ

分布[編集]

インドインドネシアカンボジアタイ中華人民共和国南部、ネパールバングラデシュフィリピンベトナムマレーシアミャンマーラオス[1][2][3][4]

形態[編集]

全長25-35センチメートル[3]。頭部は上から見ると三角形で大型[1]。背面は細かい鱗で被われるが、やや大型の鱗が混じる[1]。体色は淡青色で、橙色の斑点が入る個体が多いが個体変異や地域変異がある[3]。斑点が尾では帯状になる[1]

生態[編集]

森林や民家の近くに生息する[3]。種小名gecko、和名、英名共に鳴き声に由来する[2][3]

食性は動物食で、昆虫クモ、ヤモリ、小型哺乳類などを食べる[2][3]

繁殖形態は卵生。1回に2-3個の卵を産む[4]

人間との関係[編集]

地域によっては本種の鳴き声を7回連続で聞くと幸福が訪れるという言い伝えがある[3]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に野生個体が流通するが、扱いが悪く状態を崩していることもある[2]。顎の力が強いうえに歯が鋭く、気性も荒いため思わぬ怪我をすることもあるので取り扱う場合は注意が必要[2]。枝や流木、コルクバークなどを立てかけて隠れ家にする[2]。協調性が無いため、単独飼育する[2]

画像・音声[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、140、216頁。
  2. ^ a b c d e f g 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2 ヤモリ上科&スキンク上科』、誠文堂新光社2004年、10、132頁。
  3. ^ a b c d e f g 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、19頁。
  4. ^ a b 『小学館の図鑑NEO 両生・はちゅう類』、小学館、2004年、92頁。

関連項目[編集]