テーマホスピタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テーマホスピタル
ジャンル シミュレーションゲーム
対応機種 Windows95
プレイステーション
ゲームアーカイブス
開発元 ブルフロッグ
発売元 エレクトロニック・アーツ
人数 1人
メディア [Win][PS]:CD-ROM
[GA]:ダウンロード
発売日 [Win]:1997年
[PS]:1998年6月18日
[GA]:2009年10月28日
必要環境 CPU Pentium 133MHz以上/RAM 128MB以上/HDD 65MB以上/ビデオRAM 4MB以上/CD-ROM 4倍速以上/DirectX 7.0a以上
テンプレートを表示

テーマホスピタル』は、エレクトロニック・アーツより1997年に発売されたパーソナルコンピュータシミュレーションゲーム。開発はブルフロッグ

概要[編集]

効率的な病院経営を成し遂げ、金を稼ぐことが目的のミニスケープ(箱庭ゲーム)である。患者の治療は手段であって目的ではないが、良い病院であれば自ずと患者が集まり、経営は安定化する。病院規模や治療患者数などの条件を満たすと、次のステージに進める。ステージが進むごとに、新しくさまざまな病気が現れ、同時にさまざまな施設を設置していく。

ゲーム中に登場する病気は現実には存在しない物ばかりで、治療法についても同様である。画面はクォーター・ビューでの2D表示。操作は名前入力を除き、マウスで行う。

なお、Windows95版は2004年3月18日に、廉価版として1,980円で販売されており、WindowsXPにも正式対応している。プレイステーション版は2009年10月28日よりゲームアーカイブスで配信されている(PS3PSPに対応)。

ゲームの流れ[編集]

来院した患者はまず受付で手続きを済ませ、続いて診察室に入り、問診を行う。問診で十分に病状を把握できない場合、各種検査室に移動し、検査後に再び診察室に戻り、医師から検査結果を聞かされる。その後各治療室に移動し、全快すると帰宅できる。患者によって病状の深刻度が違い、プレイヤーの手によって待ち行列の入れ替えなどが必要である。また、院内で死亡者が出ると病院の評判が低下する、患者を追い返す、過剰な診断を行うことで患者から必要以上に金銭を巻き上げることも可能である、などの要素がある。なお、病院が手狭になってきたら新たに土地を購入し、拡張する事が可能であるが、病院は常に1階建てである。

以上のようにして治療実績を積むことでステージクリアだが、病院経営が悪化するとゲームオーバーである。

登場ユニット[編集]

各ユニット(病院職員)は毎月初頭に新しい人物が登場し、必要に応じて雇用する。各職員は不満が溜まると退職することがあるが、ボーナスや昇給などで懐柔することが可能である。また各ユニットには技術レベルが設定されており、一部例外を除き、作業効率などに影響を及ぼす。

医師
各種の診断、治療活動を行うメインユニット。
医師の技術レベルは大まかにジュニア、ドクター、コンサルタント、の3レベルに分かれる。レベルが高いほど診断や治療に要する時間が短くなる。コンサルタントレベルに達している医者は、検査を省略して問診のみで診断を下すことが可能で、患者の回転率を大幅に上げることができる。また、コンサルタントはジュニア、ドクターを教育することができる。
更に、医師は技術レベルとは別にスキルを持っている。このスキルは外科医、精神科医、研究員の3種類で、これの有無が勤務内容や作業効率に影響する。スキルもコンサルタントによる教育で修得可能である。
看護婦
病室、薬局などに勤務する。
作業員
ゴミや汚物の清掃、植木への水やり、ゴミ箱の清掃、機材の修理を行う。
受付嬢
病院の受付に配置する。

病院施設[編集]

以下の各部屋は自由に大きさ、ドアなどを指定して設置できる。窓を設置して監視することで、職員のモチベーションを向上させることができる。受付を済ませた患者はまずは診察室に移され、状況に応じて各種検査室や治療施設、薬局や手術室などに送られる。このほか、技能の低い医師に講習を行うための講義室、新たな診断法や治療法を開発するための研究室、病院職員の休憩室などがある。 また、病院にはヘリポートが存在しており、多人数の病院が緊急搬送されてくる事がある。なお、受け入れの可否はプレイヤーである医院長に一任される。

その他[編集]

地震や伝染病の発生など、突発的なイベントが発生する。地震などで破壊された部屋は二度と利用できないので、適切な処置が要求される。