スティーヴ・スミス (ドラマー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Steve Smith on drum, with Vital Information, 18th Eventus DrumFest Opole 2009.jpg

スティーヴ・スミスは、アメリカ合衆国ジャズミュージシャンロックミュージシャン、ドラマー1979年-1984年1996年-1999年の間、米ロックバンドジャーニーに在籍したことで知られ、ジェフ・バーリンのバンド、マイク・スターンのバンドなどにも参加。他に多くのジャズ・セッションにもクレジットされている。

来歴[編集]

1954年8月21日マサチューセッツ州ブロックトン生まれ。バークリー音楽大学で一年間アラン・ドーソンに師事する。ドーソンはトニー・ウィリアムスらを導いた人物で、スミスと同期門下生のジャズ・ドラマーにヴィニー・カリウタハーヴィー・メイソンシンディ・ブラックマン、日本人の水野オサミらがいる。その後、19歳でプロになり、ジャズ・バンドで活躍するうちジャン・リュック・ポンティ(Vl)の前進的グループに参加。ロニー・モントローズプログレッシブ・ロックバンドで短期間ドラマーを勤めた後、1979年にジャーニーに、エインズレー・ダンバーの後任として参加。以降バンドの絶頂期を支える。在籍中の'83年に友人のティム・ランダース(B)らと自身のフュージョンバンド、ヴァイタル・インフォメーションを創始。85年にヴァイタル・インフォメーションに専念したいという意向と、自身の子供が生まれたプライベートの事情からジャーニーを離れた後は(伊藤政則によれば「巧すぎてクビになった」との事である)、ジャズ、フュージョンのほかポップスでも活躍し、現在までにマライア・キャリーブライアン・アダムスサヴェージ・ガーデンアンドレア・ボチェッリらの録音にも参加している。

1991年には元ジャーニーのグレッグ・ローリー、ロス・ヴァロリーらとストームを結成(のちに脱退)。

また、ヴァイタル・インフォメーションはトム・コスターkydアコーディオン)を迎えるなど幾度かのメンバーチェンジを経ながら定期的に活動している。

近年[いつ?]では日本にはランディ・ブレッカーステップス・アヘッド関連での来日が多い。

少年時代の彼はビートルズローリング・ストーンズらのロックにあまり興味がなく、ビッグバンド・ジャズを好んで聞いていたという。その後レッド・ツェッペリンディープ・パープルに刺激され、ロックもジャズとあわせて聞くようになった。

使用機材[編集]

ジャーニー加入以前より、SONORのドラムを長年に渡って愛用している。スティックはVIC FIRTHから発売されている自身のモデルで、グリップはレギュラーグリップとマッチドグリップを併用している。近年[いつ?]はジャズへの回帰を強めているため、レギュラーグリップの使用頻度が高くなっている。

ディスコグラフィ[編集]

ジャーニー[編集]

1979年 エヴォルーション/Evolution
1980年 夢、夢のあと/Dream,After Dream
1980年 ディパーチャー/Departure
1980年 ライヴ・オン・エナジー/Captured
1981年 エスケイプ/Escape
1983年 フロンティアーズ/Frontiers
(1986年の「Raised On Radio〜時を駆けて」には一部のみ参加)
1996年 トライアル・バイ・ファイアー/Trial By Fire
1998年 グレイテスト・ヒッツ・ライヴ/Greatest Hits Live
2005年 ライヴ・イン・ヒューストン 1981エスケイプ・ツアー/Live in Houston, 1981 (DVD/CD)

ヴァイタル・インフォメーション[編集]

1983年 Vital Information- Vital Information
1984年 Vital Information- Orion
1986年 Vital Information- Global Beat
1988年 Vital Information- Fiafiaga (Celebration)
1991年 Vital Information- Vitalive!
1992年 Vital information- Easier Done Than Said
1996年 Vital Information- Ray Of Hope
1998年 Vital Information- Where We Come From
1998年 Vital Information- Global Beat (5.1 DTS remix)
2000年 Vital Information- Live Around The World
2001年 Vital Information- Show ‘Em Where You Live
2004年 Vital Information- Come On In 
2007年 Vital Information- Vitalization

その他[編集]

1975年

Lin Biviano- L.A. Expression (single)

1977年

Jean-Luc Ponty- Enigmatic Ocean
Focus- Focus con Proby
Gil Goldstein- Pure As Rain

1981年

Tom Coster- T. C.
Marlon McClain- Changes

1983年

Tom Coster- Ivory Expedition

1984年

Bryan Adams- Reckless (Heaven)

1985年

Jeff Berlin- Champion
T Lavitz- Storytime

1986年

Players- Players
Steps Ahead- Live In Tokyo 1986

1987年

Frank Gambale- A Present For The Future
Joaquin Lievano- One Mind
Kit Walker- Dancing On The Edge Of The World

1988年

Tony MacAlpine- Edge Of Insanity
Dweezil Zappa- My Guitar Wants To Kill Your Mama

1989年

Richie Kotzen- Richie Kotzen
Minoru Niihara- One 
Neal Schon- Late Nite
Steps Ahead- NYC
Turtle Island String Quartet- Metropolis Windham Hill
Woodworks- One
Kit Walker- Fire In The Lake

1990年

Y&T- 10

1991年

Frank Gambale- Note Worker
The Storm- The Storm
Mariah Carey- Emotions

1992年

Jeff Watson- Lone Ranger
Steps Ahead- Yin Yang
Anton Verhagen- Not Afraid To Serenade

1993年

Carol Knauber- Now You’re Talkin’
Matalex- Indian Summer
Zildjian- Drummers Tracks
Tom Coster- Let’s Set The Record Straight

1994年

Michael Manring- Thonk
Malatesta- Malatesta
Buddy Rich Big Band- Burning For Buddy Vol. 1

1995年

Corrado Rustici- The Heartist
Jonathan Cain- Back to The Innocence
Shaw/Blades- Hallucination
Mel Graves- Emotions In Motion
Tazenda- Fortza Paris
Peter Horvath- Foreign Matter
Montreal Drum Fest- Interdependance
Neal Schon- Beyond The Thunder
Zucchero- Spirito Di Vino

1996年

Zucchero- Greatest Hits
Francesco De Gregori- Prende E Lasciare


1997年

Neal Schon- Electric World
Jonathan Cain- Body Language
Elisa- Pipes & Flowers
Glassmaker- hey hey yeah...
Modern Rock- Vol. 1
Peter Welker- Para "Peachy"
Buddy Rich Big Band- Burning For Buddy Vol. 2

1998年

Smap- 012 Viva Amigos!
Scott Henderson/ Steve Smith/ Victor Wooten- Vital Tech Tones
Frank Gambale/ Stu Hamm/ Steve Smith- Show Me What You Can Do
Larry Coryell/ Tom Coster/ Steve Smith- Cause and Effect
Stu Hamm- Merry Axemas (Sleigh Ride)
Stef Burns- Swamp Tea
Tina Arena- In Deep (No Shame)

1999年

Claudio Baglioni- Viaggiatore Sulla Coda Del Tempo
Andre Bush- Invisible City 
Jerry Goodman/ Steve Smith/ Howard Levy/ Oteil Burbridge- The Strangers Hand
Neil Zaza- Staring At The Sun
Michael Zilber- Two Coasts
Steve Smith & Buddy's Buddies- Steve Smith & Buddy's Buddies
Aydın Esen- Timescape
Peter Welker- We’ll Be Together Again
Savage Garden- Affirmation

2000年

Steve Smith- Rhythmic Journey
Ray Price- Prisoner Of Love
Scott Henderson/ Steve Smith/ Victor Wooten- VTT2
Lara Fabian- Lara Fabia (You Are My Heart)
Peter Barshay- Pit Of Fashion
Frank Gambale/ Stu Hamm/ Steve Smith- The Light Beyond
Blusion- Fuse It Or Loose It
Vernon Black- Paradigm Shift
Stu Hamm- Outbound

2001年

Larry Coryell/ Steve Marcus/ Steve Smith/ Kai Eckhardt- Count’s Jam Band
Vinnie Moore- Defying Gravity
Tony MacAlpine- Chromaticity

2002年

Steve Smith/ Michael Zilber- Reimagined: Jazz Standards Vol. 1
Frank Gambale/ Stu Hamm/ Steve Smith- GHS3
Frankie Laine- Old Man Jazz 

2003年

George Brooks' Summit- Summit Earth
Steve Smith & Buddy's Buddies- Very Live at Ronnie Scott's, Set One
Steve Smith & Buddy's Buddies- Very Live at Ronnie Scott's, Set Two 

2004年

Steve Smith & Various Artists- Modern Drummer Presents "Drum Nation"
Andrea Bocelli- Andrea 

2005年

Steve Smith, Dave Liebman, Aydın Esen & Anthony Jackson- Flashpoint 

外部リンク[編集]