フロンティアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フロンティアーズ
ジャーニースタジオ・アルバム
リリース 1983年2月22日
録音 1982年
ジャンル ロック
時間 44分09秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース マイク・ストーンケヴィン・エルソン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(アメリカ)
  • 6位(イギリス)
ジャーニー 年表
エスケイプ
1981年
フロンティアーズ
(1983年)
Raised On Radio〜時を駆けて
1986年
テンプレートを表示

フロンティアーズ』 (Frontiers) は、1983年2月22日に発売されたジャーニーアルバム。日本では同年5月21日発売。

概要[編集]

全米ビルボード・チャートで9週連続で2位、現在までにアメリカだけで600万枚を売り上げている。発売当時はマイケル・ジャクソンの『スリラー』が1位を独走しており、前作に続いてのチャート1位の座は阻まれた。

このアルバムからは4曲がシングルカットされ、「セパレイト・ウェイズ」同最高8位、「時への誓い」同12位、「愛の終りに」同23位、「マイ・ラヴ」同23位。また、アルバムに収録されなかった以下の2曲もサントラ用に発表されてヒットとなった。いずれも『グレイテスト・ヒッツ〜永遠の旅〜』に収録されている。

「オンリー・ザ・ヤング」
映画「ビジョン・クエスト」に提供、ビルボード・チャート最高7位
「アスク・ザ・ロンリー」
映画『セカンド・チャンス』に提供、『Raised On Radio〜時を駆けて』(1986年)収録の「スザンヌ」のB面に収録され、同17位)

なお、1曲目の「セパレイト・ウェイズ」は、TBSによるワールド・ベースボール・クラシック中継(2009年大会から使用)のテーマ曲に使用され、2010年の映画「トロン: レガシー」では、主人公が父親の経営していたゲーム・センターに入って電源を入れた場面でジューク・ボックスによって再生されるという形で使用されている。

収録曲[編集]

  1. セパレイト・ウェイズ - Separate Ways (Worlds Apart) (Cain/Perry) [5:24]:ビルボードチャート最高位8位(6週)
  2. マイ・ラヴ - Send Her My Love (Cain/Perry) [3:54]
  3. チェイン・リアクション - Chain Reaction (Cain/Perry/Schon) [4:21]
  4. 愛の終りに - After the Fall (Cain/Perry) [5:00]
  5. 時への誓い - Faithfully (Cain) [4:26]
  6. 限りなき世界 - Edge Of The Blade (Cain/Perry/Schon) [4:30]
  7. トラブルド・チャイルド - Troubled Child (Cain/Perry/Schon) [4:29]
  8. 美しき叫び - Back Talk (Cain/Perry/Smith) [3:16]
  9. フロンティアーズ - Frontiers (Cain/Perry/Schon/Smith) [4:09]
  10. 永遠(とわ)なるルビコン - Rubicon (Cain/Perry/Schon) [4:18]

参加ミュージシャン[編集]