インフィニティ (ジャーニーのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インフィニティ
ジャーニースタジオ・アルバム
リリース 1978年1月
ジャンル ロックハードロック
時間 36分31秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ロイ・トーマス・ベイカー英語版
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 21位(アメリカ[1]
  • 37位(スウェーデン[2]
ジャーニー 年表
ネクスト
(1977年)
インフィニティ
(1978年)
エヴォリューション
(1979年)
テンプレートを表示

インフィニティ』(Infinity)は、アメリカロックバンドジャーニー1978年に発表した4作目のスタジオ・アルバム。バンドは本作より、専任ボーカリストを含む5人編成となった。

背景[編集]

当初は、後にヴィニー・ヴィンセント・インヴェイジョンのメンバーとして活動するロバート・フライシュマンがボーカリストに抜擢され、フライシュマンは曲作りにも参加した[3]。しかし、最終的にはマネージャーのハービー・ハーバートの判断で、フライシュマンに代わりスティーヴ・ペリーが加入[4]。前作『ネクスト』(1977年)までリード・ボーカルを担当していたグレッグ・ローリーは、本作では「フィーリング・ザット・ウェイ」でペリーと共にボーカル・パートを分け合い、「エニィタイム」では単独でリード・ボーカルを担当した[5]

クイーンとの仕事で知られるロイ・トーマス・ベイカー英語版がプロデュースとミキシングで参加した[6]

本作を最後にエインズレー・ダンバーが脱退し、ダンバーは1978年のうちにジェファーソン・スターシップに加入する[7]

反響[編集]

アメリカのBillboard 200ではバンド初のトップ40入りを果たし、最高21位に達した[1]。1989年7月には、RIAAによってトリプル・プラチナに認定されている[8]

本作からは「ホイール・イン・ザ・スカイ」(全米57位)、「エニィタイム」(全米83位)、「ライツ」(全米68位)がシングル・ヒットした[1]

収録曲[編集]

  1. ライツ - "Lights" (Steve Perry, Neal Schon) - 3:10
  2. フィーリング・ザット・ウェイ - "Feeling That Way" (S. Perry, Gregg Rolie, Aynsley Dunbar) - 3:27
  3. エニィタイム - "Anytime" (G. Rolie, Roger Silver, Robert Fleischman, N. Schon, Ross Valory) - 3:28
  4. ラ・ドゥ・ダ - " Lă Do Dā " (S. Perry, N. Schon) - 3:02
  5. ペイシェントリー - "Patiently" (S. Perry, N. Schon) - 3:22
  6. ホイール・イン・ザ・スカイ - "Wheel in the Sky" (Diane Valory, N. Schon, R. Fleischman,) - 4:12
  7. サムシン・トゥ・ハイド - "Somethin' to Hide" (S. Perry, N. Schon) - 3:26
  8. ウィンズ・オブ・マーチ - "Winds of March" (N. Schon, Matt Schon, R. Fleischman, S. Perry, G. Rolie) - 5:04
  9. キャン・ドゥ - "Can Do" (D. Valory, R. Valory, S. Perry) - 2:39
  10. オープンド・ザ・ドアー - "Opened the Door" (S. Perry, N. Schon, G. Rolie) - 4:35

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]