ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア
Joseph William Martin, Jr.
SPEAKER JWMartin.jpg
ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア
生年月日 1884年11月3日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ノース・アットルボロー
没年月日 1968年3月6日(満83歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ハリウッド
所属政党 共和党

アメリカ合衆国の旗 第49代アメリカ合衆国下院議長
任期 1947年1月3日 - 1949年1月3日

アメリカ合衆国の旗 第51代アメリカ合衆国下院議長
任期 1953年1月3日 - 1955年1月3日

アメリカ合衆国の旗 第10代下院少数党院内総務
任期 1939年 - 1947年1月3日

アメリカ合衆国の旗 第12代下院少数党院内総務
任期 1949年1月3日 - 1953年1月3日

アメリカ合衆国の旗 第14代下院少数党院内総務
任期 1955年1月3日 - 1959年1月
テンプレートを表示
ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン(左)とイスラエル首相ダヴィド・ベン=グリオン(右)。1951年、エルサレムにて

ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニアJoseph William Martin, Jr., 1884年11月3日 - 1968年3月6日)は、マサチューセッツ州ノース・アットルボロー選出の共和党所属アメリカ合衆国議会議員である。下院議長を務めた。

経歴[編集]

マーティンは、マサチューセッツ州下院(1912年 - 1914年)、マサチューセッツ州上院(1914年 - 1917年)、連邦議会下院(1925年 - 1967年)に勤めた。1940年から1942年までは共和党全国委員会委員長であった。ニュー・ディールの間、彼はフランクリン・D・ローズヴェルトの諸政策に対する反対派の急先鋒として脚光を浴び、外交問題に関するローズヴェルトの国際主義的な見解に反対した。しかし彼は、若干のニュー・ディール的措置(最低賃金制度の確立など)については支持した。1952年以後、マーティンは共和党穏健派に加わり、学校建設に対する政府補助を支持し、ドワイト・D・アイゼンハウアーの国際主義的な展望を(対外援助の支持を通じて)支持し、またリンドン・B・ジョンソン1964年経済機会法を支持した。

1960年、マグロウ=ヒルはジョー・マーティンからロバート・ドノヴァンへの口述という形式で、『我が最初の政治家人生50年 (My First Fifty Years in Politics) 』を上梓した。

マーティンは、マサチューセッツ州ノース・アットルボローで新聞「イヴニング・クロニクル (The Evening Chronicle) 」を長年発行してきた。彼の死の直後、同紙は近隣の競合他紙と統合し、「サン・クロニクル (The Sun Chronicle) 」紙となった。

リーダーシップ[編集]

彼は、1947年から1949年、及び1953年から1955年の2期にわたり下院議長を務めた。これらの期間はいずれも、共和党が短いながらも下院で多数を占めた時期であり、マーティンの在任前後にはサム・レイバーンがその任にあった。

1958年の選挙で共和党が劇的な敗北を喫した[1]後、マーティンはインディアナのチャールズ・A・ハレックによって、院内総務の座を追われた。この敗北にもかかわらず、マーティンは下院の後部席議員として残る道を選んだ。8年後の1966年、共和党予備選で46歳年下のマーガレット・ヘックラーにその座を追われた。

失職後[編集]

1966年、彼は再指名を受けられなかった。1968年3月6日フロリダ州ハリウッドで死去した。

遺産[編集]

今日、マーティンは故郷マサチューセッツ州ノース・アットルボローにある6つの地元小学校のうちの1校の名において記憶されている。ジョーゼフ・W・マーティン・ジュニア小学校には、彼の名前が付いている。ジョーゼフ・L・マーティン法学・社会学研究所は、彼に関する記録を収蔵する。同研究所は、マサチューセッツ州ノース・イーストンのストーンヒル・カレッジにある。

[編集]

  1. ^ 以後共和党は、1994年の「共和党革命 (Republican Revolution)」で第1党に返り咲くまで、36年以上にわたって民主党の後塵を拝した。

外部リンク[編集]

議会
先代:
ローレンス・カーティス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国下院議長
1947年1月3日 ‐ 1949年1月3日
次代:
ローレンス・カーティス
先代:
ローレンス・カーティス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国下院議長
1953年1月3日 ‐ 1955年1月3日
次代:
ローレンス・カーティス
先代:
ロバート・M・リーチ
マサチューセッツ州第15選挙区選出下院議員
1933年 ‐ 1963年
次代:
チャールズ・L・ギフォード
先代:
リチャード・B・ウィグルスワース
マサチューセッツ州第14選挙区選出下院議員
1933年 ‐ 1963年
次代:
選挙区廃止
先代:
ローレンス・カーティス
マサチューセッツ州第10選挙区選出下院議員
1963年1月3日 ‐ 1967年1月3日
次代:
マーガレット・M・ヘックラー
党職
先代:
バートランド・H・スネル
下院少数党院内総務
第10代:1939年 - 1947年1月3日
次代:
サム・レイバーン
先代:
サム・レイバーン
下院少数党院内総務
第12代:1949年1月3日 - 1953年1月3日
次代:
サム・レイバーン
先代:
サム・レイバーン
下院少数党院内総務
第14代:1955年1月3日 - 1959年1月
次代:
チャールズ・A・ハレック
先代:
ジョン・ハミルトン
共和党全国委員会委員長
1940年 - 1942年
次代:
ベイリー・ウォルシュ