ジョーゼフ・W・バーンズ・シニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーゼフ・W・バーンズ・シニア
Joseph Wellington Byrns, Sr.
生年月日 1869年7月20日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州シーダー・ヒル
没年月日 1936年6月4日(満66歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
出身校 ヴァンダービルト大学
所属政党 民主党

アメリカ合衆国の旗 第46代下院議長
任期 1935年1月3日 - 1936年6月4日

選挙区 テネシー州第6区
当選回数 12
任期 1909年3月4日 - 1933年3月3日

選挙区 テネシー州第5区
当選回数 2
任期 1933年3月4日 - 1936年6月4日
テンプレートを表示

ジョーゼフ・ウェリントン・「ジョー」・バーンズ・シニアJoseph Wellington "Jo" Byrns, Sr., 1869年7月20日1936年6月4日)は、アメリカ合衆国政治家である。テネシー州選出の民主党下院議員を14期務めた。

生涯[編集]

テネシー州ロバートソン郡シーダー・ヒルで、ジェームズ・ヘンリー・バーンズ、メアリー・エミリー・ジャクソン夫妻の息子として出生。母方のおじジョーゼフ・ウィリアム・グリーン・ジャクソン(南北戦争で戦死)によって名付けられた。公立学校卒業後、政治に強い関心を示した彼は1894年にテネシー州下院議員に選出され、1896年及び1898年に再選を果たした。1900年、テネシー州上院議員に選出された。

1902年、彼はテネシー州デーヴィッドソン郡の地方検事に立候補したが、落選した。これは、生涯19回の選挙のうち、唯一の敗北であった。1908年、バーンズは連邦下院議員候補者指名を民主党から受け、同年11月に当選。1909年3月4日より下院議員となり、残りの政治家人生を下院に捧げた。

バーンズは幅広い尊敬を集め、その影響力は歳月を経るにつれて増大した。1928年から1935年まで民主党議会選挙対策委員会の委員長を務めた[1]。1931年、彼は強大な権限を有する下院歳出委員会の委員長に任命され、1933年には下院多数党院内総務となった。1935年、下院議長となった。

バーンズはワシントンD.C.で死去したとき下院議長であり、再選を目指して出馬を予定していた。葬儀はローズヴェルト大統領や高官らの出席のもと、連邦議会議事堂で開催され、遺体はナッシュヴィルのマウント・オリヴェット墓地に埋葬された。後に、息子のジョー・バーンズ・ジュニアは下院議員を1期務めたが、父ほどの人気は遂に得られなかった。

バーンズは、シヴィタン会員としても活動した[2]

遺物[編集]

彼の故郷ロバートソン郡内(アダムズ近郊)にあるジョー・バーンズ高等学校は、彼を顕彰して命名された。

[編集]

  1. ^ Irish, Ann B. (2001). Joseph W. Byrns of Tennessee: a political biography. Knoxville: University of Tennessee Press. pp. 220. ISBN 1-57233-131-3. 
  2. ^ Leonhart, James Chancellor (1962). The Fabulous Octogenarian. Baltimore Maryland: Redwood House, Inc.. pp. 277. 

外部リンク[編集]

議会
先代:
ヘンリー・T・レイニー
下院議長
1935年1月3日1936年6月4日
次代:
ウィリアム・B・バンクヘッド
先代:
ウィリアム・R・ウッド
下院歳出委員長
1931年1933年
次代:
ジェームズ・P・ブキャナン
先代:
ジョン・W・ゲインズ
テネシー州第6区選出下院議員
1909年3月4日 - 1933年3月3日
次代:
クラレンス・W・ターナー
先代:
ユーウィン・L・デーヴィス
テネシー州第5区選出下院議員
1933年3月4日 - 1936年6月4日
次代:
リチャード・M・アトキンソン
党職
先代:
ヘンリー・T・レイニー
下院多数党院内総務
1933年1935年
次代:
ウィリアム・B・バンクヘッド